FC2ブログ

薪ストーブ122:柿の木の薪狩り①(2019/05/15)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は14日の火曜日がゴルフでした。現役時代の同僚がGWにもバーベキューで来ましたが、今回は別口の仲間です。

天気予報では昼過ぎから雨100%だったので、ゴルフ場に着いてから明日に変更しようか?などと話し合っていましたが、念のためもう一度NETで予報を見ると、栃木市は終日曇りに変わっています。そんな訳でゴルフを決行しました。結局雨は10分ほどぱらついたときがありましたが、昼過ぎには少し晴れ間が出たりの好天気でした。

実は、素人大工は3日前の日曜日、ひょんな拍子で腰、と言うより尾てい骨近くの骨盤でしょうか?痛めてしまいました。足をドン!と突いたり、クシャミや大きな咳をしてもツ~ンと痛みが走ります。普通にしてれば痛みはありません。

そんな訳で、クラブをいつもみたいに振り回さず、そ~っと打った結果でしょうか?最近はドンドン下手になってたのが、47・47の94で回り、最近の素人大工としては望外なスコアでした。(^O^)

その晩は古民家で酒盛り!な~んと気付いたときは1時半でした。二日酔いを覚ますため、仲間と昼過ぎまでゴロゴロでした。

 

 

皆が帰った後、な~んか未だ身体がかったるいし、腰も心配だけど薪狩りをやることにしました。

老人クラブの皆さんが、薪になりそうな太めの枝や幹だけを集めておいてくれてます。

P5151035

 

 

またまた近所の同級生に軽トラを借り、柿の薪を運びます。現地は実家から軽トラで2、3分と近いので助かります。

P5151037

 

 

最初の1台分を野晒し薪置き場に積みましたが、これではとても置ききれません。

既に枯れてる右側の薪を移動しましょう。

P5151032

 

 

殆どが細い枝薪だったので、勝手口隣の一時薪置き場に積み込みました。

薪ストーブを焚くときは、最初は焚き付けを燃やし、次に写真のような枝薪で燠を作り、その後は太薪を燃やすようにしています。

P5151033

 

 

1台目分を平たんに積み直しました。で、実は2台目を運んだら、それで満杯になってしまいましたが、写真の撮り忘れです。(^-^;

P5151034

 

腰も心配なので、今週はこれだけとし、明日は野晒しの薪置き場を増設しましょう。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

スポンサーサイト

最近の庭の様子(2019/05/07)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日は稲荷様のお社が完成しましたが、丁度そのとき近所の同級生が顔を出したと書きました。

その要件は、またまた薪狩りの話でした。老人クラブの皆さんがゲートボールをやっていた敷地の隣に休憩広場があり、日陰を作るため20年以上前に柿の木を植えたそうです。

ところが、老人クラブの皆さんが80代、90代になり、しかも60代、70代の新規加入者がなく、遂に解散するとのこと。用地が借地だったため、返還するため柿の木を伐採したとのこと。そんなことを同級生が聞きつけ、薪にしないか?と顔を出したわけです。

 

で、今日7日に同級生と二人で現地を見にいってきました。うっかりデジカメを持たずに行ったので、写真なしですが、大量にあります。出かけるときは軽トラ1、2台分程度にしか思ってなかったけど、5台分はありそうです。いやはや嬉しい悲鳴で、またまた仕事が増えちゃいました。来週から、また薪狩りですね~。(^-^;

 

 

そんな訳で、実家に戻ってからは、先日植え付けした野菜の苗に水遣りし、その後庭の野菜や花を撮影し、上尾に戻ることにしました。

これはカキナですが、すっかりトウが立ち菜の花になってます。これはこれで綺麗ですね。

P5071025

 

 

ジャガイモも4~5日前に芽欠きしたときより、かなり成長してきました。この時期の生育は早い!

奥の方には矢車草が咲いています。

P5071026

 

 

こちらは牡丹です。去年植えたものですが、大きな花を咲かせました。

P5071028

P5071027

 

 

で、これは3年前に植えた牡丹で、去年の晩夏にカミキリムシに喰われ、枯れてはいなかったのですが、遂に今年は芽が出ませんでした。

憎っくきカミキリムシです!

P5071029

 

 

実はこれも牡丹で2年前に植えました。これもカミキリムシに喰われ、牡丹は枯れちゃいました。でも、接ぎ木の根っこ部分は芍薬なので、その芽がズンズン大きくなり、もうすぐ咲きそうです。

P5071030

 

 

そして、こちらは去年館林のつつじが岡公園に行ったとき買ってきた霧島つつじです。小さな苗ですが、凄い量の花を咲かせています。

こういう若木のうちは花を摘んだ方がいいんでしょうか?それともツツジはそんなことしなくてもいいのかなぁ?

P5071031



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社31:お社完成!(2019/05/06)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

次は東面の破風ですが、当然西面と同様南北の交点部にズレがあります。西面と同様に修正しました。

P5061013

 

 

遂にお社の完成です。

P5061015

 

 

さて、真のお社を祀るのはどうしましょう?今までも吉日を選んできたので、今回も気になります。

またまたスマホで今日の暦を調べてみると、十二直や二十八宿で神仏の祭祀や建築関係の吉日です。しかも大安!

な~んか不思議ですね。上棟の時も竣工も偶然吉日です。やっぱり神様関係だからでしょうか?(笑)

P5061016

 

 

と言うことで、真のお社を拭き清めましょう。中に入っていたお札を見ると明治35年に再建したようです。

P5061017

 

 

古タオルを雑巾にして拭き始めました。積もっていた埃が取れると木目が見えるようになりました。

P5061018

 

 

雑巾を濯ぐと、こんな色ですよ!多分過去には一度も拭いてないと思われるので、おおよそ120年分の埃ですネ。

P5061019

 

 

都合3回の拭き掃除をした後、真のお社を雨除けのお社に祀りました。

P5061020

 

 

さて、こんな時は神主さんを呼ぶのでしょうか?どうしようかなぁと考えていると、近所の同級生が顔を出しました。

相談してみると、あくまでも雨除けだし、真のお社はそのままなんだから、お清めだけでいいんじゃないかとのこと。

P5061022

 

 

と言うことで、塩と米そして清酒をお供えし、二礼二拍手一礼でお参りし目出度く完成です。

P5061024



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社30:破風の製作(2019/05/06)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日、女房を駅まで送っていったついでに破風を作るため幅広の野地板をHCで買ってきました。

 

 

今日6日は破風作りです。垂木を作ったときと同じ雛形を使い、破風の墨付けをし、ジグソーで切り取ったところです。

P5061002

 

 

北側を試しに当ててみました。これならOKですね。(^O^)

P5061003

 

 

南側も切り取ります。

P5061004

 

 

先ずは北側をスクリュー釘2本で仮固定しました。

P5061005

 

 

で、南側も仮固定してみると…

P5061006

 

 

南北の交差部が合いません!(>_<)そうですよね~、傾斜角が南北で異なるので、当然と言えば当然です。

P5061007

 

 

北側の雛形を交点に合わせ、墨付けしました。

P5061008

 

 

ジグソーで修正加工し、再びサンディングで仕上げです。

P5061010

 

 

北側を仮固定すると、今度は良さそうです。

P5061011

 

 

ピッタリですね。(^O^) これで西面の破風が完成です。

P5061012



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社29:板壁工事②(2019/05/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

神棚を作り終えたので、昨日に引き続き板壁を貼り付けます。

P5050995

 

 

これで東西の壁が出来上がりました。残すは北面だけです。

P5050997

 

 

杉板の完全赤味材が無くなったので、北面は少しシラタが混ざっています。目立たない面にシラタを貼り付けたわけです。

P5050999

 

 

いよいよ完成が近づいてきました。でも、まだ屋根のシール材は固まっていません。元々硬化はしませんが、手で触れてベタツクようでは未乾燥です。

P5050998

 

丁度お昼になったので、ここで昼食としました。そして女房は明日用事があるため電車で帰ります。

そんな訳で、午後は女房を駅まで送り、ついでにHCで板材を追加購入、そして今夜から7日までの食料を仕込んできます。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社28:神棚作り(2019/05/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日は夕立がやんだ後、まだ明るいのでお社の西面の板壁を施工しました。子供の日の今朝はピーカンの晴れで気持ち良い朝でした。

 

 

西側だけ板壁を貼ったけど、待てよ~。三方貼ってからでは神棚の施工がやり難くなりそうです。手順としては神棚(床)を先に施工した方が良さそうです。

P5050986

 

 

貫の中央部に取付け下地の野縁を入れるため、切り込みを入れます。

P5050987

 

 

ノミで削り取り、野縁が噛み合うようにしました。

P5050988

 

 

野縁の両端はこのように加工しました。

P5050989

 

 

南北の貫に野縁を取り付けました。

P5050990

 

 

杉の羽目板の両端をL字に欠き取り、柱の角を交わします。

実はここも檜のフローリング材で施工したかったのですが、もう在庫がありません。床板に杉を使い、神棚に桧を使えば良かったですねぇ~(^-^;

P5050991

 

 

一枚目を貼り付けました。

P5050992

 

 

ここも枚数が少ないので、あっと言う間に完成です。(笑)

P5050993

 

 

な~んか二重床みたいな感じになりました。でも、ここが神棚になり ”真のお社” を祭ることになります。

P5050994



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社27:板壁工事①(2019/05/04)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

TVで相棒を見ているうちに雷雲も通り過ぎました。既に5時を過ぎてますが、どうしましょう?

陽も長くなり、まだまだ明るいので少しお社工事を再開しましょう。

 

 

これは長さ32mmのステンレススクリュー釘です。厚さ12mmの野地板を壁材としても使います。取付け下地になる貫の厚さが24mmです。

野地板は自動カンナ盤で仕上げたので実際は厚さ11mmなので、計35mmのところに32mmの釘を打つわけです。

P5040980

 

 

風の通り抜けを狙い、役5mmの隙間を空けながら壁材を取り付けます。本当は10mm位の隙間にしたかったのですが、野地板を加工せず開口に割り振ると5mmの隙間なんです。

P5040981

 

 

気持ちとしては檜の板を貼りたいところですが、予算の都合もあるので杉板の赤味部分です。

P5040982

P5040983

 

 

5時半から作業を始め、6時ちょっとに貼れちゃいました。

P5040984

 

 

貼ってみると、赤味の杉板も味があり、なかなかの出来栄えですよね~。自画自賛デスケドネ(^-^;

P5040985



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

苗の植え付け(2019/05/04)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

畑作りが出来たので、まずは鶏糞をタップリばら撒きます。

P5040971

 

 

スコップでもう一度掘り返しながら土と混ぜます。

P5040970

 

 

ちょうど隣にジャガイモの葉が写ってますが、その化成肥料が余っていたので使いました。この肥料は三要素のほか、苦土石灰が既に混入されています。

これを適当にばら撒き、もう一度スコップで掘りなおしました。そんな訳で、都合3回耕したわけです。

P5040972

 

 

本当は耕してから1週間以上寝かせてからの方が良いのですが、植え付けちゃいました。ナス苗3本です。

P5040973

 

 

ここはトマトの苗2本です。トマトは大きくなるので、同じ面積に2本としました。

P5040974

 

 

そしてピーマンとシシトウの苗が3本づつです。ちょっと密植過ぎかもですが、多分大丈夫でしょう。

P5040975

 

 

次は敷地の東側、竹垣の近くを開拓(笑)です。

P5040976

 

 

ここにはスイカ3本とカボチャ2本の苗を植えました。匍匐性の野菜は広々してないといけないので、去年からこの辺りで作るようにしました。

今のところウリバエ(瓜蠅)は来てませんが、そのうち大量に集まってくる筈なので、来週か再来週あたりに寒冷紗で覆う予定です。

P5040977

 

 

苗の植え付けは12時少し過ぎに終わり、ちょっと遅めの昼食の後、辺りが暗くなり遠くで雷鳴が轟いてきました。

そのうち雷もすぐ近くでバリバリッ、ド~ンと地響きで古民家が揺れるくらいの凄さ、そして夕立のような雨です。

その様子を撮影しましたが、な~んか雨が降ってるようには見えませんね。でも土砂降りですよ。

苗を植えたばかりなので、全く好都合な雨となりました。でも、お社工事は無理なので、久し振りに 「相棒」 の再放送で時間を過ごしました。

P5040979



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

畑作り(2019/05/03-04)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

お社の屋根材、アスファルトシングルの貼り付けが終わりましたが、まだシール剤を塗ったばかりなので、ガタガタしないほうが良さそうです。

そんな訳で畑作りをすることにしました。

 

 

実は女房が孫達と一緒に実家に来るとき、HCで大量に苗を買ってきたんですよね~。(^-^;

これを早めに植え付けないといけません。

P5040961

 

 

この辺りは、去年マクアウリを作った場所ですが、近くにレモンクイーンの株があり、畑作りの邪魔になります。掘り返して移植しましょう。

P5030958

 

 

掘り取り、欅の大木の根元付近に移植しました。

実はこれだけでも大仕事で、疲れてしまい、しかも5時になったので本日はここまでとしました。

P5030959

 

 

翌4日の朝です。手前にジャガイモやニンニク、カキナがあり、奥の方はブルーベリーがあります。

P5040962

 

 

掘り返しながら草の根に付いた土を落としていきます。

P5040964

 

 

イヤハヤ、またまた竹の根が出てきましたよ。これが出てくると数倍疲れます。

P5040965

 

 

またまた出てきました。去年、マクワウリを植えるときも竹の根を掘ったのですが、そのときは面積が小さかったので、未だ残ってたようですね。

P5040966

 

 

この程度の広さですが、竹の根のお陰でグッタリですw。(>_<)

P5040967

 

 

戦利品の竹の根です。コイツのお陰で苦労しました。いずれドラム缶で処分しましょう。

P5040969




"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社26:屋根工事(2019/05/03)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて3日ですが、孫達は道路が混むからと言うことで、10時過ぎに山梨に向け出発しました。

また、お社工事に戻りましょう。

 

 

このアスファルトシングルはリッジウェイ製で、ルーフィングと同様、物置の新築のときの余り物です。

まぁ、あの当時からいずれは稲荷様お社を造り変えようと思っていたので、余った材料を保管しておいた訳です。

P5030946

 

 

先ずはスターターを敷いてみました。

P5030947

 

 

そして1枚目のシングルを重ねます。まあ、これは寸法を確認するためですけどね。

P5030948

 

 

OKなので、スターターをシングル専用釘で固定します。なお、写真を撮り忘れましたが、ルーフィングの上に変成シリコンシーリングを塗りつけてあります。

P5030950

 

 

更にスターターの上にもシールを塗りつけます。

P5030951

 

 

シングルを貼り付け、重ね部分を釘止めし、順番に貼り付けて行きます。

P5030952

 

 

棟飾り部分にもシングルを貼り付けました。

P5030953

 

 

棟飾り部分に更にシングルを貼り付けます。でも、北側の端部は未だ釘打ちしません。

P5030954

 

 

北側も貼り付け、棟飾り部分で先ほどの南側端部の下に差し込み釘で固定します。

更に北側も、もう一枚貼り付けたのですが、撮影してませんでした。(^-^;

P5030955

 

 

最後の一枚は釘止め固定すると穴が空くことになるので、シールのみの固定です。

P5030956

 

 

シールが固まるには3~4日要するので、端材を噛ましてクランプで固定しました。このまま暫く放置ですね。

P5030957



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

連続バーベキュー(2019/05/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

孫達の工作も終わり、素人大工のルーフィング貼りも完了したので、いよいよバーベキューです。

いやはや昨日も現役時代の同僚とバーベキューしたので、二日連続です。でも、ビールが美味しいので毎日でもいいかなぁ。(笑)

 

 

孫が準備した焚き付けで炭を熾します。でも昨日のバーベキューが終わった後に雨が降ったので、枯れ木が湿っていて燃え方がイマイチです。

孫の母親、つまり我が娘はハンモックでうたた寝しています。(笑)

P5020933

 

 

ビールを飲むのに一生懸命でバーベキューの料理の写真は撮り忘れ。(^-^;

今回は締めに焼きお握りでしたが、な~んかそれが意外にさっぱりしていて美味でした。

 

 

バーベキューの後は恒例の花火です。まぁでも夏ではないので、打ち上げ花火など激しい物は無しです。

P5020941

 

 

それでも、花火を振り回し楽しんでましたよ。

P5020940



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社25:野地板張り付けなど(2019/05/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

棟飾りの加工が終わりましたが、未だ孫達が到着しません。途中で女房から電話が入り、東北道が大渋滞でやっと羽生のPAとのこと。やっぱり3時を過ぎそうです。そんな訳で、もう少し作業を進めましょう。

 

 

棟飾りを取り付けた後、野地板の張り付け開始です。野地板は棟飾りの長さとピッタリの長さで切断し、屋根材を貼ったとき一体化するようにしました。

P5020923

 

 

南側の野地板張り付け完了です。だいぶ神社の屋根らしい雰囲気が出てきました。

P5020925

 

 

そして北側の野地板張り付けも完了!

P5020927

P5020928

 

 

正面から撮影すると、こんな感じです。

P5020929

 

 

野地板張り付けが完了する少し前に孫達が到着しました。早速、作業場に来て何か作りたいと言うので、端材を渡しました。

ノコギリの使い方を付きっ切りで教えました。特に、怪我しないよう左手での材料の押さえ方、ノコは引くときに力を入れ、戻すときは軽くとかです。

で、切っているところを後ろから眺めると、やっぱりギコギコギコやってます。もう一度手本を示します。引くときは左手で材をシッカリ押え、ギ~コと引き、軽く戻す。

もう一度やらせてみます。だんだん良くなってきました。最後は地面にウマを置き、その上で材を左足で踏みつけながら切らせてみました。子供は力が弱いので、この方が材をしっかり固定でき、まっすぐに切断できるようです。

P5020930

 

 

どうやらノコの使い方が分かってきたようなので、素人大工は孫達から離れ、アスファルトルーフィングをタッカーで貼り付けます。

このルーフィングは2013年に物置を新築したとき余ったもので、田島の三ッ星Pカラールーフィングです。あの時は、現役時代の同僚で今はゴルフ仲間が助っ人に来てくれ、随分助かりました。懐かしいですね~。

P5020931

 

 

北側もルーフィング貼り完了で、これで雨がどんなに降っても大丈夫です。とはいえ、実は重ね代を100mm以上にするのが原則ですが、余り物なので50mm程度にしてギリギリ間に合いました。まぁ、この上に更にアスファルトシングルを貼り付けるので大丈夫でしょう。(^-^;

P5020932



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社24:棟飾り作成(2019/05/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

野地板のカンナ掛けが終わった後、垂木が付いたお社を眺めていると、何かが足りないな~。

このまま屋根を貼ると、頂上部がな~んか違和感ですよね。

P5020910

 

 

一応、形だけでも棟飾り(正確には大棟と呼ぶらしいです)を設けることにしました。瓦屋根などの場合は端部に鬼瓦などが付き、それも棟飾りですね。でも、今回は頂上部の形を整えるだけです。

南北の垂木交差部の頂上を手ノコで切り取ります。

P5020918

 

 

ちょいと作業がしにくかったけれど、頂上部の切り取り完了です。

P5020919

 

 

井戸小屋用の桧柱がウマイコト1600mmほど余る予定なので、それを切り取り棟材にすることにしました。

P5020920

 

 

垂木頂上部の切り取り部を少し調整し、6ヵ所の垂木にピタリと乗りました。

P5020921

 

 

次は電気カンナの登場で、棟飾りになるよう斜めに削りました。これで棟飾り完成です。

P5020922



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社23:床板張りと野地板仕上げ(2019/05/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

垂木を付け終わったのが11時頃でしたが、女房から電話が入り、これから上尾を出発とのこと。高速が渋滞してるので、孫達が来るのは多分3時頃になりそうです。まだまだ作業ができそうです。

 

 

昨日、元同僚たちに手伝ってもらい掃除した土台ですが、早いところ床を張り、落ち葉などが溜まらないようにしましょう。

床下地の野縁を取り付けました。

P5020911

 

 

四方に野縁を取り付けた後、フローリング施工です。これは広間や茶の間をフローリング化したときの残材です。

P5020912

 

 

最後の一枚を嵌め込んで、アッと言う間にフローリング施工完了です。まぁ面積が小さいですからね~。

P5020913

 

 

桧椋材の床板完成です。

P5020914

 

 

次は屋根に取り掛かるので、幅80mmの野地板を自動カンナ盤で仕上げておきましょう。

P5020915

 

 

未だ生材(グリーン材)なので、少しの間でも乾燥させるため、脚立に立て掛け日向に晒します。

P5020916

 

 

自動カンナ掛け完了です。これは屋根の野地板とお社の壁材にも使います。

P5020917



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社22:垂木の取付け(2019/05/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて2日ですが、今日は娘一家の孫達がやってきます。昨日の晩は上尾に泊まり、今日は女房も一緒に来ます。おさんどんをしないで済むのは助かりますね~。(^O^)

 

 

昨日、垂木彫りの修正が済んだので、いよいよ垂木を取り付けます。ここまで釘とかは全く使ってなかったわけですが、さすがに軸組み以外の取付けにはコーススレッドや釘になります。

P5020906

 

 

東西の両端を正確な寸法で取付け、次はいわゆるバカ棒です。こうして取り付ければ端部がピッタリ合いますよね。

P5020907

 

 

北側の垂木、取付完了です。

P5020908

 

 

次は南側です。北側の垂木の端部と突き合わせ、交差部の寸法を現物合わせで墨付けし切断しました。

そして東西の垂木を取り付け、こちらもバカ棒で端部を合わせます。

P5020909

 

 

垂木の取付けが完了しました。これが付くと、屋根らしくなりますね~。(^O^)

P5020910



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社21:垂木彫りの修正(2019/05/01)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

庭の草刈りを終えても、元同僚が来るには未だ時間があります。昨日完成した湾曲垂木のテストをしましょう。

 

 

先ずは棟に当ててみるとガビ~ン!全く計算違い、と言うか大きな勘違いをしてたようで、全く角度が違います。

P5010890

 

 

母屋側も少し角度が違います。何故こんなミスをしたのか未だに不明、な~んか大きな思い違いをしてたようです。(^-^;

P5010891

 

 

そして土台の中を見ると、雨が降ったので汚れているし、檜葉の木の実が大量に落ちています。床張りが必定ですね。

P5010892

 

 

垂木の角度に合わせ墨を出しました。

P5010894

 

 

ノコとノミで彫り修正すると、ほぼピッタリです。

P5010895

 

 

母屋も僅かですが修正しました。

P5010897

 

 

南側も修正します。ちょいと、これでは習性が不足ですね。勿論再加工しました。

P5010901

 

 

修正完了です。いやはやガッカリな二度手間でした。(^-^;

P5010902

P5010903

 

 

昼少し前に元同僚たちと街のスーパーで待ち合わせ、午後はバーベキューです。

最初は一泊の予定でしたが、二人とも2日に用事が出来てしまい、しかも車なので最初の一杯だけビールで、後はノンアルとウーロン茶です。素人大工一人がビールをガンガンでした。(笑)

P5010904

 

 

この肉厚の牛タンが美味しかったですよ~。仙台とか秋田の牛タンはこんな風に肉厚ですよね。

P5010905


そうそう、土台の中に檜葉の実が大量に落ちていましたが、バーベキューの後二人に手伝ってもらい、上棟済みのお社を動かし、掃除しておきました。こんな小さなお社でも檜で造ったため一人ではとても移動できませんからね。

"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

庭の草刈り(2019/05/01)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

令和元年の初日を迎えました。今日最初の作業は庭の草刈りです。昼には現役時代の同僚が遊びに来ます。また、2日、3日は娘のところの孫達も遊びに来るので、足元を綺麗にしておきましょう。

 

 

先ずはブルーシート作業場の前方辺り、ドラム缶焼却炉の周囲になりますが、この辺りは広々してるので、孫達が飛び回ります。

P5010881

かなりスッキリしましたね。

P5010885

 

 

そして、実家の敷地に入るアプローチ部です。

P5010883

な~んか余り綺麗になったように見えませんが、刈り取った草をそのままなので、そんな風に見えます。

P5010886

 

 

そして、作業している稲荷様周り、裏庭の部分です。

P5010884

ここは草丈が高かったので、刈り取った後がハッキリ分かりますね。

P5010887

 

 

最後は3月に移植したイチジクの辺りです。3本移植したのですが、残念ながら1本しか根付かなかったようです。

P5010888

 

 

この1本だけは新芽が出ており、小さな実も既に付いています。

でも、これもカミキリムシの幼虫が住み着いてる証拠の木屑が出ています。なかなか退治できないんですよね~。(>_<)

P5010889



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社20:垂木作り②仕上げ(2019/04/30)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

平成から令和に代替わりした長い長い10連休が明けましたが、読者の皆様はどのようにお過ごしになったでしょうか?

素人大工が土日月だけ働いている不動産屋さんもお休みで、今月は稼ぎが少ないです。(^-^;

28、29日は娘の一家が家を新築したので、お祝いがてら一泊で山梨に行ってきました。婿さんが優秀社員賞の副賞で貰ったと言うドンペリを1本、殆ど素人大工一人で飲んじゃいました。(笑) たぶん、2006年ものなので1本2万円近いでしょうね。

そんな訳で、実家には4月30日から行き、この10連休中に稲荷様お社を完成させる積りです。

 

 

実家に着いて昼飯を食べ、1時頃から作業開始です。

先週は南側のやや長い垂木を作ったので、今週はまず北側のやや短めの垂木を作ります。P4300870

 

 

お馴染みのジグソーで切り取りました。

P4300869

P4300871

 

 

南北の垂木、計12本の切り取りが完了です。

P4300872

 

 

垂木の水下側端部を6本まとめて丸ノコで切断しました。水上側(棟側)は南北の垂木が合わさるので現物合わせにします。

P4300874

 

 

端部を切断したそのままの状態で、今度はサンディングです。

P4300875

 

 

そして、反対側もサンディングです。でも、屋根材が載る面を基準にしてるので、サンディングだけではラチがあきません!

P4300876

 

 

こちら側はカンナ掛けが可能なので、カンナで削ります。

P4300877

 

 

もう一度丹念にサンディングして、ようやく垂木の仕上げ完了です。

P4300878

 

 

なかなかの出来栄えで弓なりに湾曲した垂木が完成しました。

P4300879

P4300880

 

垂木仕上げに丸々半日かかり、写真の通り、既に薄暗くなりました。本日の作業はここまでとしましょう。

明日の令和初日は現役時代の同僚が遊びに来ます。野郎3人でバーベキューをする予定です。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社19:垂木作り①(2019/04/26)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日25日は神仏祭祀や上棟に最適な日だったので、頑張って上棟まで進めました。そんな訳で、いつもは木曜日に上尾に帰るのですが、もう一泊しました。

今日26日は金曜日ですが、一番面倒な垂木作りに取り掛かりましょう。

 

 

合板で作った雛形で間柱材に墨付けしていきます。先ずは南側の緩い傾斜の長い方です。

P4260864

 

 

次はジグソーで1本、1本切り取って行きます。

P4260865

 

 

最初の1本ができました。綺麗に切り取るのは難しいデスネ~。まぁ、多少の曲がりはサンディングで修正しましょう。

P4260866

 

 

ようやく3本完了ですが、これで4分の1ですから、こりゃ~根気との戦いですね!

P4260867

 

 

やっと6本完成です。残りは北側の6本ですが、今日は上尾に帰るので来週にしましょう。疲れてくると、いい加減になりそうですからネ。(^-^;

P4260868



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様お社18:遂に上棟(2019/04/25)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

真のお社の修理や仮置き、旧の雨除けお社の解体が済んだので、いよいよ新築する雨除けお社の上棟です。

 

 

先ずは土台を組み、柱を立てました。貫がホゾで柱に挿すため、4本の柱を先ずは貫で組み合わせ、4本同時に土台に立てました。

P4250860

 

 

梁、母屋、小屋束、棟の順に掛け矢で叩き込み、上棟です。(^O^)

P4250861

 

 

正に在来工法の軸組で、釘のようなものは1本も使ってませんが、建物が小さいので、かなり強固です。

設置して分かったのですが、この形だと床板も貼らないとゴミ溜まりになっちゃいますね~。旧お社も木の葉や埃が積もってました。

P4250862

 

 

解体した旧お社は錆び釘が大量で、薪ストーブの薪には不向きなので、ドラム缶で焼却しました。

完全乾燥してるので、勢いよく燃えます。

P4250863



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR