FC2ブログ

東側妻面07:ドア枠作り(2018/10/11)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

カメムシとの戦いが終わり、ようやく妻面の工事を着手します。

 

 

ところで、東側の妻面は下図のようにしようと計画しています。西側の時は玄関とお勝手の天井を高くしたので窓を付けましたが、換気口は無しでした。

でも、夏は瓦が焼け、その熱気が小屋裏(屋根裏)にこもってしまいます。また、色んな作業のため小屋裏に潜り込むケースもあるので、小さな入り口も設けようと思います。

2018y10m15d_220232669

 

 

西側はこんな状態ですが、東側の工事が終わったら、同じように換気口を取り付けようと思っています。

多分、内側からジグソーで切り抜けば取り付け可能と思ってますが…。

P1160261

 

 

ドア枠を付けるため、まず間柱を立てます。下部は相欠き納まりです。

P1160394

 

 

嵌め込むとピッタリでした。(^O^) 相欠きにすると強度が数段アップすると言われています。

P1160395

 

 

上部はイモ付けですが、途中の丸太梁に固定できるので、強度は問題なしです。

P1160396

 

 

四方のドア枠を取り付けました。今の所、ドアは横開きを考えてますが、上部に跳ね上げる縦開きもいいかなと思ってますが、どうでしょう?

横開きの場合はドアが屋根の破風に当たるかも知れないという問題もあります。

P1160397



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

スポンサーサイト

東側妻面06:カメムシとの戦い(2018/10/11)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は鎮守の森の頂きもの、薪の確保と薪割りで2日も費やしてしまいましたが、11日はようやく先週に引き続き、東側妻面の改修に掛かります。

 

 

先ずは、先週養生して帰った針葉樹合板とブルーシートを剥がしてから、作業に掛かりましょう。

P1160304

 

 

ところが、針葉樹合板を外すと、ブルーシートに面した裏側にアイツがいました。

P1160391

 

 

そして、ブルーシートにもいますヨ!辺り一面、例の臭いが漂っています。

そう言えば、最近ハーブのパクチーが人気ですが、あの香りはもろカメムシですよね~。素人大工はとてもじゃありませんが、パクチーはダメです。(^-^;

たまに女房がサラダやパスタに入れると、カメムシサラダかカメムシパスタのような気がして、全て拾い出しますよ~。(笑)

P1160392

 

 

妻面全体で50匹くらいいたでしょうか?ちょっと可哀そうですが、アースジェットで一方的な勝利です。

合板とブルーシートの間で冬籠りしてたのでしょうね。夏なら素早く飛び立つのが、居眠りしてるみたいに緩慢な動きです。

しかし、これだけ秋に多いと言うことは、来年の5月頃に産卵し、大量発生が予想されますね~。

P1160393

 

そんな訳で、合板とブルーシートを剥がすだけでも手間を取るのに、カメムシとの戦いも加わり、なかなか本題に入れません。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ81:鎮守の森の頂き物を薪割り(2018/10/10)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌10日です。10月10日は晴れの特異日で、過去7割以上が晴天だったようですね。でも、今年は残念ながら曇りでした。とは言え、9月から

ずーっと続いてる雨模様の中で、曇りで時には日差しもあったので、流石に晴れの特異日でした。

 

 

昨日、鎮守の森から頂いてきたモミジの原木ですが、これを片付けないと庭の踏み場がありません。何とか昼までに終えたいと思います。

P1160386

 

 

ところが、素直な原木は少なく、こんなのばかりなのでチェーンソーで縦に切り込みを入れないと、とても割れません。(^-^;

P1160387

 

 

こんな感じで切り込みを入れます。

P1160388

 

 

そして鋼鉄製の楔=金矢を切れ目に差し込み大ハンマーで叩き割ります。

P1160389

 

 

二つに割れた後の四つ割りは小型のハンマー、玄翁で金矢を叩き入れて割ります。

P1160390

 

 

ようやく割り終えたのは4時を回っていました。小口が白っぽいのが今回の薪です。たぶん来年用の1か月分くらいが出来たと思います。

IMG_20181010_165312

 

薪割りを昼までに終わり、午後は先週に続き東側妻面の改修工事の予定でしたが、もうヘトヘトです。

今日はいつもより時間が早いですが、のどごし生の時間にしましょう。大汗をかいた後のビール(もどき)は格別です。(笑)



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

竹垣の修理(2018/10/09)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

昨日のブログで少しお伝えしましたが、台風24号と25号のダブルパンチで被害が出ました。

それが、この竹垣です。24号の時に僅かに傾いていましたが問題なしと思えたのが、25号で遂に倒壊寸前になってしまいました。

P1160376

P1160377

 

 

道路側から見ると、こんな状態です。竹垣の内外にニガウリが巻き付いていたため、風圧を大きく受けたと思われます。

P1160378

P1160379

 

 

薪の原木運びも手伝ってくれた同級生に、これも手伝ってもらいました。ロープが伸びてますが、引っ張ってもらいながら、杭の打ち直しです。

P1160381

 

 

杭1本のみでは抜けてしまうので、反対方向にも細杭を2本打ち込み、コーススレッドで固定しました。

P1160382

 

 

そして道路側にも、道の端ギリギリに斜め杭を打ち込み、ようやく倒れを矯正できました。

今後、他の部分も補強の杭を打たないと不味そうですが、取り敢えずはここまでとしました。

P1160380



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ80:鎮守の森から二度目の薪狩り(2018/10/09)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は12日の金曜日にゴルフのため、またまた女房は来ないので自分でおさんどんです。(^-^;

今回のゴルフは中学時代の同級生と初めてプレーします。昨年の同窓会のとき、今度は一緒にゴルフをやろうと言うことになったのですが、なかなか予定が合わず、1年越しでようやく決定しました。

 

 

その同級生の一人が地域の神社の総代の一人になっており、神社の屋根改修工事を進めています。

この写真は1回目の薪狩りのとき撮影したものですが、楕円で囲った大木がモミジです。これでは屋根改修ができないですよね~。

モミジを屋根に掛からない程度の途中で伐採したわけですが、処分せずに境内の脇に置いていてくれました。

P1150134_2

 

 

伐採そのものはプロの業者がクレーン車を使ってやったそうで、約1mの長さで切ってありました。

同級生の軽トラで2台分の量です。軽トラだけでなく積み降ろしも手伝ってもらったので、大助かりでした。

P1160383

 

 

少しだけですが、細い枝のみを薪の長さに切断してみましたが、とてもじゃないけど今日中には無理なので、明日にすることにしました。

実は、急いでやらなきゃならないことが台風24号と25号のダブルパンチで起きていました。それは次回のブログで紹介します。

P1160384

 

 

で、今回はリアルタイムに近い12日のゴルフの結果です。実は10数年ぶりにハーフ41のスコアが出ました。”下手の横好き” ゴルフの素人大工にとっては滅多にない珍事なので紹介しちゃいます。(笑)

コースは栃木市にある都賀カンツリー俱楽部で、昔は割と名門でしたが、今はリーズナブルになっているそうで、素人大工は初めて回るコースです。

2018y10m13d_222717466

 

 

恥ずかしながらスコアカードを公開しちゃいましょう。北コースが前半ですが、青線で囲ってある通り、ダブルパー2回で毎度お馴染みの大荒れスコアです。

ところが昼飯のとき、いつもなら中生か大生、あるときは芋焼酎のロックを注文しますが、今回はグラスビールで我慢しました。(笑)

すると、黄色枠の通り、パー3とパー4でバーディ、パー5でパー、しかも9ホールで1パットが4回と、本人もビックリのスコアでした。

P1160418

 

たま~に、こんなことが起きるのでゴルフは止められないんですよね~。特に最終ホールのパー4はカードでは358ヤードですが、ティーが後方にあったので実際は380ヤードで、ティーショットが225ヤードくらい、残りを6Iで打ち、ピンまで3mにオン、3打ともウマク行きました。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

東側妻面05:壁面の下地作り②(2018/10/04)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて4日ですが、昨日の続きで壁面の下地作りをやります。

 

 

ところで、昨夜は雨も風もないので、こんな状態のままだったのですが、夜の9時近くにお勝手の天井の上でドスン!バタッバタッ!

何者かが侵入したようです。慌てて懐中電灯を持ち、梯子からここに上り、天井内を照らしましたが、物の気は何もありません。

既に逃げたようです。ネズミはあんなに大きな音は出ないと思われ、たぶんハクビシンでしょう。

P1160356

 

 

縦の下地が段々と入ってきました。

P1160357

 

 

ところが、この辺りになると梁の出が大きく縦材に当たります。そんな訳で、ノミで梁を少し削ります。

P1160360

 

 

うまいこと納まりました。

P1160361

 

 

ここは南側の端部です。見切りに60×45mmがピッタリなので、焼けた色の材料を取り付けました。

P1160363

 

 

次は横方向の中間下地を取り付けます。ここを境に上部は漆喰塗り仕上げ、下部は羽目板貼りの予定です。

P1160364

 

 

なお、縦材が今の所910mmピッチで立ってますが、針葉樹合板を張るには300または450mmピッチにしないといけません。今回は450mmピッチにすることにして、横材の中間に欠き込みを入れ、相欠き納まりにします。

P1160365

 

 

1本試しに相欠き納まりの縦材を入れてみました。うまいこと納まりました。

P1160367

 

 

横材がすべて入りました。でも、ここで良く考えてみると、下方は羽目板の縦貼り、上方は針葉樹合板でその上に漆喰となります。

と言うことは、横方向も下地がダブルじゃないと取付け代が小さ過ぎます。

P1160369

 

 

そんな訳で、横材をもう1本づつ入れていったら、だいぶ時間が掛かってしまいました。何とか明るいうちにブルーシートで養生し、更にまた台風25号が近づいているので針葉樹合板で押さえつけなければなりません。

写真を撮ってる余裕もなく、完了したときはすっかり暗くなっちゃいました。PCなら何とか分るでしょうが、スマホで当ブログを見ている方は黒い画像だけかも知れませんね。

P1160370

 

今週はここまでとし、これから片付けや戸締りをして上尾に帰ります。今週は女房が旅行のため、素人大工独りできたので晩飯やお風呂の準備など大変でした。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

東側妻面04:壁面の下地作り開始(2018/10/03)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて3日ですが、今日から東側妻面の外壁下地を作り始めます。とはいえ、確かな構想は固まってないのです。走りながら計画を練って行こうと思います。

 

 

下屋の屋根上に上がり、作業を開始したのですが、カメラを持つのを忘れてしまい、取り敢えず昨日撮影した写真です。

先ずは、この針葉樹合板を外し、ブルーシートを撤去してからの作業でした。

P1160304

 

 

どこから手を付けるかが問題だったのですが、壁と屋根の取り合いになる雨仕舞から開始しました。

トタン板の水切りが瓦と壁のコーナーに貼り付けてあります。でも、壁面としっかい止まってないので、断面が45×15mmの胴縁材を水切りの内側に入れ、途中にある柱に固定します。

P1160344

 

 

これでトタン板の水切りが幾らかシッカリしました。

P1160346

 

 

そして、次はトタン板の水切りを更にシッカリさせると同時に、外壁の下地とするため野縁材を加工します。

P1160348

P1160351

 

上の写真で、変な角度で切断しているのは、ここの端部に納めるためです。

P1160350

 

 

ちょっと判り難い写真ですが、野縁の端部だけを水切りに固定しました。そして水糸を張り、全体をできるだけ水平になるよう野縁の中間を固定しました。

実は古民家のいつものことですが、完全に水平を出すと、見た目がとんでもないことになっちゃうので、あくまでも ”おおよそ水平” なんですよ。(^-^;

P1160354

 

 

そして中央部に今後の基準となる縦方向の下地を取り付けました。上部にカイモノが取り付けてありますが、これは更に上にある屋根の垂木と外面を合わすためです。

P1160355

 

 

どうも、言葉と写真だけの説明では、説明している素人大工も判り難いデスネ~。(^-^;

図解した方が良さそうです。上屋根(大屋根)の外壁に面した垂木の外面と、壁下地の内面を一致させるようにカイモノを柱に打ち付けたわけです。

(実際は梁が上下2本ありますが、図では省略しています。)

2018y10m07d_221552801

 

 

基準の縦材を入れた後、次は大屋根の垂木をダブルに並べました。これで、縦材の外面と垂木の外面が面一になり、針葉樹合板などの壁材が張り付けできます。

次は、針葉樹合板の張り合わせ目になるので、下地の野縁をダブルにし、次は910mmの間隔で縦材を同じくダブルで入れていきます。

P1160356

 

この後、作業を進めましたが写真の撮り忘れで、そのうち日も暮れてきたので、本日の作業は終了としました。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

茶の間68:広間のフローリング塗装完了(2018/10/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

塗装と言えば塗装のオイルフィニッシュですが、普通の塗装とは異なる工程があります。その辺りは今回のブログの途中で説明します。

 

 

全体の塗装が終わりました。でも、写真でもハッキリ判る通り、塗り重ねた部分の色が濃くなってますね。

オイルフィニッシュは油を木に浸み込ませる塗装なので、どうしても重ね部分は吸い込まれずに表面に残る量が多くなります。

P1160334

 

 

残ってしまった表面の塗料は、塗装後15~30分でボロ布で拭き取れば、重ね部分の濃い色が消えてきます。

とは言え、いわば雑巾掛けみたいなもんですから、軍手・靴下・ズボンの膝小僧も塗装されてしまいます。(^-^;

P1160335

 

 

全体を拭き取りました。せっかくワトコオイルの原料である亜麻仁油を塗ったのに、拭き取ってしまうと表面の艶が殆ど消えてしまいました。

でも、こうしないと床面がいつまでもベタベタして、靴下にも色が付いてしまうようです。

このまま放置し、1時間後位に二度目の塗装をします。

P1160337

 

 

広間の2回目塗装を待つ間に、続いている玄関の板の間にもワトコオイルを塗りました。

P1160341

P1160342

 

 

約1時間後、二回目の塗装です。色が深くなりました。

P1160340

 

 

もう一度ボロ布で雑巾掛けしました。実はボロ布が大量に必要なんですが、納戸の整理をやったとき、金属製のロッカー内に敷布が入っていました。

その敷布を適当な大きさに切り、大量のボロ布ができたの助かりました。

P1160343

 

まだ少しベタ付きが残ってますが、来週になればきっと木の内部に吸い込まれ、普通に使えるようになると思います。

カテゴリ本来の茶の間のフローリングは来週塗装する予定です。何しろ2部屋同時にやると生活ができなくなるので、順番にやります。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

茶の間67:遂にフローリング塗装開始(2018/10/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

10月2日は台風24号の被害状況を見て回った後、時刻は既に14時を回っているので、先週開始した東側妻面の改修は明日からにし、数時間あれば完了しそうなので、フローリングを塗装(オイルフィニッシュ)することにしました。

 

 

先週の帰り道、いつもは高速を使いますが出発時間が早かったので一般道を使いました。そのもう一つの目的はワトコオイルの大缶を買うためでした。

何度かのテストの結果で決めたダークウォールナット色の容量3.6Lですが、これだけあれば8畳間を二た間に2回塗りが可能と説明書にあります。

P1160320

 

 

ワトコオイルを混合するため、ジョイフル本田さんで最安値(笑)の容器を二つ買ってきました。

前回の塗色テストで余ったお猪口の塗料もシッカリ容器に入れました。

P1160321

 

 

次は、小缶に入ったエボニ色オイルを入れます。

P1160323

 

 

更にテスト用に買った小缶のダークウォールナット色も入れます。

P1160325

 

 

最後は3.6Lの大缶です。この安物容器は4L入るので、ちょうど良いはずです。

P1160326

 

 

割り箸でしっかり攪拌し、エボニ色が約1割混ざったダークウォールナット色の塗料ができました。

P1160328

 

 

次は、これまた安物の小分け用の容器に洗剤用スプーンで移します。

P1160329

 

 

このブログのカテゴリは茶の間ですが、塗り始めたのは広間です。まぁ、今までの流れからカテゴリの変更はせずに茶の間のままで進めましょう。

まだ塗り始めたばかりですが、色々テストしたかいもあり、思った通りの色合いですよ。

P1160332



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

全般56:台風24号の結果(2018/10/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

台風24号は関東では久し振りに強烈な台風でしたね。上尾の我が家でも、バルコニーに付けてあるアルミ製のルーフ(洗濯物の雨除け)が飛んでしまうのではないかとヒヤヒヤで、暫く寝付けませんでした。

実家のある栃木県は、台風が埼玉より近くを通ったと思われるので、心配しながら実家に向かいました。

 

 

実家に着き、すぐに確認したのが東側妻面です。アルバイトを早引きして針葉樹合板を張り付けたのが功を奏しました。

P1160304

 

 

北側でブルーシートが少し捲れ上がっていましたが、殆ど影響なし。でも、シートの下部を押さえていた角材が、ここまで転げていました。もうちょいで地面に落下でした。

P1160305

 

 

心配したのが、この舞台でした。風で飛ぶことは無くても、浮き上がった後、瓦を叩きつけて割れるかもと思ってましたが、これも無事でした。でも、緩衝材のスチレンボードがかなりズレており、何度か浮き上がったと思われます。

P1160306

 

 

庭を見るとユーカリが根元から倒れていました。

P1160309

 

 

竹の三脚でガッチリ支えていたのに、根こそぎと言う感じです。

P1160310

 

 

皇帝ダリヤの支柱は少し傾いてましたが殆ど無事でした。でも、ダリヤの葉がかなり痛んでいます。

P1160311

 

 

ブラックベリーの垣根は倒壊寸前で持ち堪えました。でも、この状態では葉が落ちた後、作り直しですね。

P1160313

 

 

竹藪では新竹や、逆に枯れかかった竹が4~5本折れていました。

P1160315

P1160316

 

 

そして雪には弱いが、風には強い竹製のブルーシート作業場ですが、左端部がチョイト捲れていましたが、殆ど被害なしです。

P1160318

 

 

端部を結わえていたロープが切れたようです。

P1160317

 

 

最後はイチジクの木をチェックしましたが、支えている添え木が効果を上げ、何とも無しでした。で、よく見ると赤らんできた実が3つもありました。

今まで実がついても落ちてしまったイチジクですが、今年は20個くらい食べることができました。カラスに3個くらい奪われたので、ネットを掛けたら近寄らなくなりました。(^O^)

P1160319



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ80:いやはや初焚きです(笑)(2018/09/27)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

このブログは10月4日に書いていますが、皆さんは9月27日を覚えているでしょうか?(笑)

その日は冷え込みましたよ。古民家の朝、温度計を見るとたったの14°Cです。

その後、台風24号が来た翌日の1日は34°にもなった分けで、あの寒さは何だったの?という感じですね。

 

 

と言うことで、無茶苦茶早い初焚きです。時計型も含め薪ストーブを使いだして5年目ですが、9月に初焚きとは、今までにない新記録です。(^-^;

P1160285

 

 

フラッシュを焚くと炎が面白くないですね~。この方が薪の炎が癒しになります。

いつもは大きな鉄瓶を載せるのですが、今回はすぐにお湯が沸くよう薬缶にしました。薬缶だと、あっと言う間に沸いちゃいますヨ。(^O^)

P1160284

 

今回は初焚きの記録の意味が大なので、写真が少なくてすいません。m(__)m



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

茶の間66:フローリング塗装の検討 決定編(2018/09/26-27)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

東側妻面の改修を始めましたが、その間に例のフローリング塗装のテストもやってました。今回のテストで満足な結果が出れば、それで最終決定しようと思っています。

 

 

先ずは、このフローリング材の切れ端です。

P1160242

 

 

それに蜜蝋ワックスを塗りますが、残り少なです。

P1160243

 

 

蜜蝋を塗ると、少し湿ったような感じになります。

P1160244

 

 

一晩寝かせた翌27日、ワトコオイルを塗ります。左は在庫していたエボニ色で、右は今回買ってきたダークウォールナット色です。

このダークウォールナットが本命と思ってますが、ジョイフル本田さんに買いに行ったとき、たまたま塗料担当の店員さんがいたので、色々教えてもらいました。

ワトコオイルは色の混合が可能で、自分で好みの色を作ることが出来るそうです。

P1160286

 

 

先ずはダークウォールナット単色で塗ってみました。

P1160289

 

 

次はブラックに近いエボニをスプーンに盛り、…

P1160290

 

 

ダークウォールナットを入れたお猪口に入れます。目検討で約1割です。

P1160291

 

 

混合色を右側に塗りました。大して変わりませんね~。(^-^;

P1160292

 

 

最初にテストしたエボニ単色も並べてみました。

P1160293

 

 

二回塗り後の状況です。真ん中がダークウォールナットにエボニを約1割混合したサンプルですが、これが良さそうです。

出来れば、エボニの割合をもう少し増やした方が古民家の床らしくなりそうです。

P1160302

 

漸く塗料が決定です。来週は広間、再来週は茶の間を塗装しましょう。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

東側妻面03:掃除&ブルーシート養生(2018/09/26,27,29)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

トタン板を剥がしたら、古い土壁が下屋の上に大量です。面倒ですが、これを掃除しないといけません。

それと、大型で強烈な台風24号が近づいています。しっかり養生しておきましょう。

 

 

いつもの集塵機ですが、屋根上に乗せるため、台から分解し本体と袋だけにしました。

P1160279

 

 

集塵パイプの前が既に吸い込み済みなので、奇麗ですよね。マキタの集塵機は木工用と粉塵用がありますが、これは石屋さんなどが使う粉塵用なので、土壁や小石でも平気で吸い取ってくれます。

P1160280

 

 

掃除の後、ブルーシートを釘で打ち付けました。すっかり暗くなってしまい、写りが悪いですね。

P1160281

 

 

明けて翌日の27日ですが、台風がチト心配なので、ブルーシートの裾の辺りを押さえるため、古材を引っ張り出しました。

P1160294

 

 

古材の敷居を乗せました。

P1160295

 

 

北側には120mm角の柱です。

P1160296

 

 

中間は105mm角の柱。小雨が降ってる中の作業なので、塗れちゃいました。

P1160297

 

 

台風24号は九州辺りに上陸しても、能登半島手前辺りで日本海に抜ける予想なので、北関東は大したことないでしょう。

これで十分と思ってたわけです。

P1160299

 

 

【9月29日】

ところが、今朝テレビを見ると台風の予想進路が変わってますよ。な~んと関西・中部・関東を縦断じゃないですか!

今日は不動産屋さんに出勤日ですが、午前中で早引けさせてもらい、急遽実家に来ました。

写真のように針葉樹合板を柱や梁にコーススレッドで張り付けました。これで大丈夫かなぁ?

IMG_20180929_170524

 

 

足場はそのまま屋根に置いたまま帰ったのですが、翌30日の深夜、埼玉でも物凄い強風です。

いやはや舞台の合板は外してくれば良かったですね~。風で吹き飛ばされてなければいいのですが、2日に実家に行くので、どうなっているでしょうね。

IMG_20180929_170533



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

東側妻面02:トタン板剥がし(2018/09/26)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

さあ、足場ができたので、次は外壁の解体です。でも解体と言ってもナマコのトタン板を剥がすだけですけどね。

それにしてもトタン板一枚だけの壁ですから真冬は寒かったわけですよね~。

 

 

北側の2枚を剥がしました。煤けた柱が見えてきました。

P1160271

 

 

更に進めると、今度はボロボロの土壁も見えてきました。元々は藁ぶき屋根だった所に50年前の大改修で、下屋を付けたので、かなり土壁を傷めたんでしょう。

P1160272

 

 

更に進めると、土壁がボロボロ落ちてきます。木舞の下方が切断されているため、フワフワなんですよね。

P1160273

 

 

トタン板を全て剥がしました。釘が10cmピッチ位で止めてあるので、だいぶ苦労しました。釘を地面に落としたら踏んでしまう恐れがあるので、無暗矢鱈には抜けませんからね。

P1160274

 

 

土壁は座敷の上になる南側は殆ど落ちてしまいました。この掃除も厄介そうだなぁ。(>_<)

丸太の梁も大改修の時、平面を出すため、ノミで削ったようです。

P1160275

 

 

下に降り、全体写真を納めました。さて、どのように改修を進めるか、これから検討ですね~。西側で一度やってるので、今回は図面無しでも行けそうです。

P1160277

P1160278



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

東側妻面01:足場作り(2018/09/26)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今回から新カテゴリ 『東側妻面』 の始まりです。茶の間の改修が終わった後は、色々細かなことをやってきました。

大物に取り掛かるには、それなりの助走期間がないと、なかなか着手できません。

 

 

これは西側の妻面です。窓を付けたり、薪ストーブの煙突口を付けたりで、何かと手間を喰いました。

P1160261

 

 

東側の妻面はナマコのトタン板貼りで、その裏側はすぐ屋内になります。西側も同じだったのですから、真冬は寒いわけです。
なお、こちら側には棟換気ガラリと屋根裏進入口を付けようと目論んでますが、どうなることやら?

P1160259

 

 

先ずは梯子から屋根に上ったときの足場を設置しました。西側の時はこれを作らなかったので、瓦を数枚割ってしまいました。

P1160263

 

 

上の写真でも分かりますが、梯子を軒先に掛けた時、雨樋がしなってしまうので、角材を置き、足場と連結しました。

P1160262

 

 

更に足場がズレ落ちないよう、お母屋の柱に腕木を渡しました。

P1160264

 

 

次は例の舞台です。(笑) これは西側でも使い、南側平面でも使いました。西側の時は、高さがあと20cmくらい高くしたのですが、今回は南側で使ったのと同じ高さです。

P1160265

 

 

12mm厚の針葉樹合板をロープで引き揚げます。担いで上がれないことはないのですが、突然風が吹いたりしたら危険です。

P1160266

 

 

引き揚げた合板を脚に固定すれば、舞台の完成です。

P1160267

 

 

次は足場と舞台の間に置く、もう一つの足場を引き揚げます。

P1160268

 

 

舞台との間に置きました。この後、滑り止めの胴縁材が手前に写ってますが、それをノコで切断して取り付けました。

P1160269

 

 

最後に、舞台に落下防止の手摺(西側で使ったものを保管してました。)を取り付け、足場作りが完成です。

P1160270

 

さあ準備完了!いよいよ解体を始めますよ。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

栗の木のカミキリムシ対策(2018/09/26)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週の天気予報は実家にいる予定の火水木すべて雨です。(>_<) でも、朝起きてみると今日26日は雨がやんでます。

これなら本格的な作業ができそうです。

 

 

実はですね~。いよいよ、この東側妻面の外壁改修に着手しようと思います。今から始めれば、真冬の前に完成するでしょう。

でも、フト後ろにある栗の木を見ると…。

P1160258

 

 

東側にはコナラの林と栗の木があります。その栗の木はカミキリムシに喰われ、1本は夏に枯れてしまいました。

残ったもう1本もだいぶ喰われましたが、何とか生きています。そこで、カミキリムシ対策で根元に寒冷紗を巻いておいたのに、上の方が茶色く膨れています。

P1160246

 

 

アップで撮ると、こんな状態です。まだ1匹カミキリムシの幼虫が食い荒らしています!

P1160245

 

 

寒冷紗で押さえられていたので、木屑がこんな状態で固まっていました。

P1160247

 

 

木屑を取り除いた後、針金を突っ込みます。色々探りながら差し込むと、10cm以上も針金が入ります。

でも、何度か抜き差ししたら、もしかしたら幼虫の尻尾らしきものが付いてきました。ヤッツケタかなぁ?(^-^;

P1160251

 

 

念のため、今回も殺虫剤を穴に吹き込みました。

P1160254

 

 

ついでに枯れた方の栗の木は伐採しておきました。

P1160256

 

 

まだ直径7~8cm程度ですが、薪にしましょう。

P1160257

 

 

で、素人大工がそんなことをやってる間、女房はエンジン刈払い機で草刈りしてます。

草との戦いは女房がやってくれるので助かります。でも、めっきり涼しくなったので、草との戦いはもうすぐ終戦でしょう。

P1160255



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

二度目のサンマ(笑)(2018/09/25)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

一週間前に今年の初サンマをブログに掲載しましたが、あの時は焼き方が失敗だったので、今回はリベンジです。

 

 

前回は焼き初めまでは女房がやりましたが、今回は火起こしから素人大工がやりました。

先ずは炭を山にして熾きにします。

P1160232

 

 

ある程度、熾きになってきましたが、表側はまだ黒いので、使用済みの割り箸を乗せ勢いよく燃やします。

P1160234

 

 

この割り箸が燃え尽きれば、炭が表も裏も熾きになるでしょう。

P1160235

 

 

熾きた炭を横に広げサンマを乗せました。フラッシュのため熾きの赤いのが判りませんが、丁度良さそうな熱さです。

P1160236

 

 

塩を振り、最初の内は早め早めに何度もひっくり返します。

P1160237

 

 

少し焦げ目が付いたら、今度はジックリ焼き、油が炭に垂れてジュージューしたらひっくり返します。

P1160238

 

 

今回は大成功です!(^O^) 美味しそうに焼けましたが、女房が今回も大根を買い忘れていて、チト残念。でも、炭で焼き、しかも焼き立てのサンマは酒の肴に最高です。

P1160239

 

田舎暮らしで、モウモウ煙のサンマ焼きは最高ですね。次はアジとかサバも焼いてみようかなぁ。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

納戸87:押入れの整理③(2018/09/25)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週も火曜日の25日に実家に向かいます。ところが途中で前が見えないほどの豪雨!僅か30分くらいでしたが、凄い雨でした。少し小降りになったのが利根川を越えた頃で、ちょいと寄り道でジョイフル本田千代田店さんに立ち寄りました。

ジョイフル本田さんは巨大店舗なので在庫の種類も豊富で、先日フローリング塗装の検討を掲載しましたが、その検討中のワトコオイルも置いています。ダークウォールナットの小缶を買って、実際の色合いを試してみます。

 

 

そんな訳で、実家に着いたのは2時を過ぎていました。でも、今日は先週の続きで押入れの整理ですから、時間的には十分です。

古箪笥や段ボール入りの雛人形の一部などを収納しました。でも、古い雛人形などは、素人大工はドラム缶で燃やせ!と言うのですが、女房が、どこか引き取ってくれる業者や役所があるはずだから、取り敢えず置いておくと言い張ります。(^-^; きっと、また5年はしまったままで放置されるでしょうネ~。(笑)

P1160222

 

 

そして先週作った簀の子です。押入れにピッタリ納まりました。

P1160224

 

 

今まで収納できずに長持ちの上などに置いていた、客用の布団やマットレスを簀の子の上に収納しました。

P1160225

 

 

そして例の行李も中は空ですが収納。(下段、箪笥の上です。)

P1160226

 

 

ミシンは窓際に置き、女房が天板を綺麗に掃除しました。もしかしたら今でも使えるかも?後でテストしましょう。

P1160227

 

 

長持ちの上は、まだ片付いていませんね~。簀の子をもう一つ作り、押入れの上の段は全て寝具入れにしないといけないようです。

P1160229

 

 

引き戸を敷居に立て込み、押入れの整理完了です。

P1160228

 

 

ついでに、ここの壁に箒や布団叩き等を下げることにしました。今までは適当に立て掛けていました。

P1160230

 

 

そのフックは押し入れの鴨居に付いてましたが、上のハンガー部分が折れていました。このように使う分には問題なしです。

P1160231



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

納戸86:押入れの整理②簀の子製作(2018/09/20)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

押入れの荷物を全部出した後、次は布団を収納するため簀の子を作りましょう。実は、白アリスーパーをコメリさんに買いに行ったとき、簀の子用の材料も買ってきました。

 

 

材料は180×12×1820mmの野地板を半分の90mm幅に切断し、押入れの奥行寸法に切断した簀の子と、40×30×1820mmの野縁材です。

P1160216

 

 

野縁との固定位置を一枚づつ墨出しして固定するのは厄介なので、両端だけ墨付け固定し、中間の簀の子は写真のように端部を冶具材に当て、釘打ち機で固定です。隙間のピッチだけは寸法出ししながらですけどね。

P1160217

 

 

作業台にブロックが積んでありますネ~。実は押入れに入っていた ”裁ち板” が湾曲しているので、平面にしようと押さえつけてます。たぶん修正は無理だと思いますが、とりあえず挑戦です。木目を見ると欅みたいなので、薪にするのは勿体ない。(笑)

そんな訳でスペースが足らず、作業台から落ちないよう、製作中の簀の子もブロックで押さえています。P1160218

 

 

作業はやりにくかったけど、何とか組立ては完成したので、仕上げはサンダーです。

P1160219

 

 

ところで、押入れの方ですが白アリスーパーを塗ったので、かなりキツイ臭いが漂っています。

今日の夕方は同期のゴルフ仲間が古民家に泊まり、明日はゴルフです。3時半頃、街のスーパーで待ち合わせなので、扇風機を強で回したまま、出かけます。

P1160221



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

納戸85:押入れの整理①(2018/09/20)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

座敷の障子が納まった後、次は納戸の押入れを整理することにしました。納戸の工事自体は大部分が2015年に終わり、つい最近茶の間の工事の時、残っていた壁の一部を同時に施工し、完全完成しています。

 

 

50年前の大改修の時作ったのが、この押入れです。今まではフローリング材などをここに仮置きしていたので、手付かずになっていました。

P1160208

 

 

引き戸を外し、収納している物を一旦外に出します。使っていない炬燵やブラウン管のTVなんかが入ってますね。

P1160209

 

 

足踏み式のミシンが出てきました。メーカーは懐かしいリッカーです。鋳物で出来てるので無茶苦茶重い!女房に手伝ってもらい、運び出しました。

P1160212

 

 

下は茶箱ですが、今は息子の兜や5月人形が入っています。上は祖母が持ってきた箪笥の一つです。

P1160213

 

 

下の大きな箱は昔はお膳とかが入っていたと思いますが、今は娘の雛人形の一部が入っています。

上は上記と同じ箪笥の一つです。先日、一つはTV台にしましたが、元々はもう一つありました。それは随分前に今は亡き叔母さんにあげました。叔母さんにとっては自分の母の物だったので使いたかったようです。

P1160214

 

 

埃まみれの行李(こうり)もありました。使い道はないけれど、古い物なので残しておきましょう。(笑)

P1160215

 

 

全て出すと、内部はトタン板で覆ってあります。たぶんネズミ除けでしょう。(^-^;

棚板の一部がキクイムシにやられており、ミシンの上に木の粉が落ちていました。キクイムシにも効果があるらしいので、白アリスーパーを塗りました。

P1160211



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR