畑の耕し(ジャガイモ用)(2018/02/21)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今回の日本は凄い!高木美帆の姉と呼ばれていた、姉の高木菜那が金メダル!これからは菜那の妹と美帆が呼ばれちゃいますかね~?(^-^;

そしてカーリング女子は銅メダル!カーリングって氷の上の ”おはじき” みたいで、こんなのがスポーツかよっ!!な~んて思ってましたが、じっくり見て、ルールや作戦が段々判ってくると面白いデスネ~。(^O^) 自チームが先行の場合は、敢えて相手チームに1点だけ取らせ、次のイニングで2点以上取る作戦なんて、正に ”損して得取れ” ですよね。

それと、床ブラシみたいのでシュッ、シュッ!と掃いているスイープ、これが思いのほか重要でミスショットをある程度修正してくれます。あのスイープは重労働でスポーツと呼べるかも?(笑)

と言うことで、今夜はTVチャンネルを1にしたり8にしたりで、ブログを作るのがすっかり遅くなってしまいました。

 

 

さて、本題ですが、欅を製材したので大量のノコクズとカンナクズができました。これも堆肥にして無駄のない環境循環にしましょう。手順としては、①畑を耕し、今の堆肥を畑に施す。②庭の落ち葉を集め、新たなたい肥にする。③落ち葉を集めたら、その上にカンナクズなどを積む。④先週伐採した椿の小枝をその上に積む。

先ずは現状の堆肥をリヤカーに積み、畑に運びましょう。

P1140350

 

 

耕す場所はネギの右側で、柿の木の根元近くまでをジャガイモ畑にする予定です。去年はネギの左側に作ったので、連作を避けます。

P1140352

 

 

スコップと唐鍬(とうが)で掘り始めたら早速竹の根ですw。ここは去年女房がタマネギやオクラを作ってましたが、この感じでは深さ10cmも耕してないですね。

それでタマネギが小粒しか採れなかったのでしょうね。でも、オクラは良く育ちましたけど。

P1140354

 

 

もう終わりかと思ったら、まだ出てきます。

P1140356

 

 

そして、柿の木の近くを掘ると、更に長いのが出てきました。

もう、この竹の根掘りで汗ビッショリになってしまいました。とにかく人力で掘るには唐鍬を梃の原理に使いながら、何度も掘り返さないといけません。

P1140358

 

 

ようやく畑の耕し作業になってきたので、耕した所に堆肥を置き、次の列を耕しながら埋め込んでいきます。

P1140359

 

 

リヤカー2杯分の堆肥を敷きこみましたが、もう少し多くした方が良かったかも?

P1140360

 

 

ようやく耕し完了です。今年は大変だったけど、一度深く耕せば来年からは簡単になります。

P1140362



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
スポンサーサイト

欅の丸太を製材④(2018/02/21)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

うっかりしてました。(^-^; 女子パシュートも金メダル候補だったんですよね~。先日の予想で羽生選手と小平先週は予想通りだったんですが、パシュートをすっかり忘れており失礼しました。m(__)m まあ、でも良かったですね、三つ目の金メダルですから。

 

 

昨日でチェーンソー製材が終わりましたが、皮の部分を落とし(耳落し)、角材にしようと思います。

でも、製材が下手糞なので墨打ちができません。そんな訳で電気カンナでおおよそ平らにします。

P1140337

 

 

そこそこ平面が出たので、耳落しの墨を打ちました。この落とす部分も薪に生まれ変わりますね~。(^-^;

P1140338

 

 

丸ノコで15mmくらい切り残した後、裏返しました。こちらの面は更に酷い製材ですw。(>_<)

P1140340

 

 

そうなんです。丁度この辺りでソーがズレているのに気づき、修正したけれど間に合わなかった部分です。

これだけ板幅があると、焦ってはイケナイですね~。左右から少しづつ切り込んで行けば、ここまで酷くはならなかったかも?

でも、どうせ失敗があるのを覚悟して、厚めの板取をしたので、乾燥後に自動カンナで削れば厚さ4cmくらいは確保できるでしょう。

P1140342

 

 

耳取した後、今度は立てて、同じく電気カンナで軽く成形しました。

P1140344

 

 

こちらは製材が酷い面です。板の中央部が薄くて酷いのが、テーブルを作るときに困った点ですね~。全長はこれより短くするので、端の方なら問題なしなんですけど。

P1140346

 

 

これで板材が3枚完成です。1日中日陰になる物置の裏に立て掛けました。実は1枚は昨日20日に仕上げたのですが、薄暗い中でやったので写真なしなので、今日1日でやったような記事になりました。

さて、日陰に置きましたが、ひび割れが出るかどうかが問題です。丸太のままで陰干しすれば欅はひび割れしないようですが、それには3年以上掛かるようです。厚目ですが板材にしたのでひび割れが出るかも知れません。1年後が楽しみでもあり心配でもありです。(^-^;

P1140349



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

欅の丸太を製材③(2018/02/20)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

いよいよ最後の製材になります。チェーンブロックで持ち上げ、幾分高い位置に欅を置きましたが、木表が下になっているので、チェーンソー製材としてはやり難いですね~。

P1140326

 

 

そこで、縦切りできるように起こしてみました。杭を打ち、ずれないようにしてから丸太を梃の原理でコジリながら起こした訳ですが、これは苦労しました。

とにかく、ここまで製材しても、手で直接は持ち上げられません。何度か失敗しましたが、何とかこの姿勢にすることが出来ました。(^O^)

P1140328

P1140329

 

 

ようやく縦切り完了ですが、切り口は酷いですネ~!(>_<) ソーが届かないし、目立ても良くないのか散々手古摺って、やっと製材出来ました。

でも、縦切りは体力的には楽ですね。(^O^) チェーンソーの水平切りは重くて大変でした。

P1140330

 

 

木表をそいだ部分は薪にしました。僅か2枚なのに、こんなに薪が出来ました。(^O^)

P1140333



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

欅の丸太を製材②(2018/02/20)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日は実家にゆっくり来たこともあり、製材は木表の皮付き1枚と板1枚の2枚でした。今日は製材を完了させましょう。

 

 

地面に置いたままでは低過ぎて、チェーンソーの取り回しが悪いので、少し持ち上げることにしました。

脚立に細めの丸太を掛け、そこにロープを掛け、更にチェーンブロックをぶら下げました。やっぱり道具ですよね~。人力ではビクともしない欅の丸太が簡単に浮き上がりました。(^O^)

P1140323

 

 

反対側も軽々と持ち上げ、少し前に伐採した糸檜葉の太枝を台に置きます。

P1140324

 

 

墨打ちしてもオガクズですぐに見えなくなっちゃうので、今回は墨に沿って浅くチェーンソーで切り口を刻みました。

P1140325

 

 

ようやく2枚目の板が取れました。それにしても欅は固い!小石はもちろん、泥も付いてないのに、たまに火花が飛びます!

作業前の朝一番にソーチェーンの目立てをしましたが、すぐに切れが悪くなります。

P1140326

 

 

製材した2枚の厚板を欅に立て掛けています。立て掛けるのがヤットで、持ち上げるのは無理です。これを移動するときは女房に手伝ってもらいましょう。(^-^;

地面に倒れているのは最初に製材した皮付きの部分です。

P1140327



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

欅の丸太を製材①(2018/02/19)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

このブログは19日に書いてますが、遂に金メダルを2つ獲得しましたね。素人大工も15日のブログで小平と羽生の金メダルを予想しましたが、正にその通りになりました。\(^o^)/

羽生のSPはリアルタイムで見ましたが、鬼気迫るものがありました。フリーは残念ながら不動産屋で仕事だったので、帰りの電車の中でスマホのニュースで金メダル獲得を確認しました。

小平の500mはリアルタイムで見れました。20代前半は全く無名の選手だったとのことですが、オランダにスケート留学してからメキメキ早くなり、30歳過ぎで金メダルとは凄いですよね。また、無名の頃から小平を支えたスポンサーの長野の病院にも感服です。あと、銀メダルだった韓国の美人選手と一緒のウイニングランも清々しかったですね~。国境を越えたアスリートの友情は見ていても気持ち良いものです。

 

 

前置きはこの辺りにして、本題に移りましょう。今週は月曜から実家に来ました。

先週、寸詰めした欅の丸太をチェーンソーで製材します。去年も、もう少し細い欅を製材しましたが、今回はチェーンソーのバーが届かないほど太いので、苦労しそうです。

厚さ50mmで製材し、カンナ掛けなどで厚さ30mm程度にしようと墨出ししました。

P1140313

 

 

ソーチェーンの目立てを丁寧に行い、製材の開始です。ところで、水溶性のチェーンソーオイルを買いましたが、まだタンクに残っているので、この時点では旧の一般的オイルです。

P1140314

 

 

もう少しの所まで進んだので、切り口に細枝薪を差し込み、ソーが喰い付かないようにしました。でも、この時点でソーの切れ味が極端に悪化です。欅は無茶苦茶硬いですからね~。(>_<)

P1140316

 

 

切れ味悪いけど無理して最初の製材が完了です。しか~し、切断面が奇麗じゃないですよね~。(^-^; 太過ぎで、まっすぐに切るのが難しいですw。

P1140317

P1140318

 

 

枝別れしていた部分の膨らみを削ぎ落しました。そして次の製材ですが、最初の製材の下手糞を見ると50mm厚ではカンナ掛けすると30mmを切りそうなので、75mm厚で製材することに変更!墨ツボで切断線を入れました。

P1140319

 

 

2回目の製材の前に、僅かに残った古い方のチェーンソーオイルを抜き、水溶性オイルに交換しました。

遂にチェーンソーのバーが届かなくなりました。ゼノアGZ381EZはバーが40cmなので、やはりこの幹の直径は45cmほどになるようです。

P1140320

 

 

5時半近くになり、辺りが薄暗くなった頃、漸く2回目の製材が終わりました。

この板材、厚さが約75mmで生木のせいもあり、一人じゃ持てません。女房に手伝ってもらわないといけないですね。

P1140322



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

チェーンソーオイルを通販で購入(2018/02/17)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今冬の庭木の手入れでチェーンソーが大活躍でした。そのお陰でチェーンソーオイルも随分消費し、先日の欅の玉切りで在庫が無くなりました。

P1140299

 

 

これまで使っていたのは、このオイルです。近場のホムセン、セキチューさんもカインズさんも店頭にあるのは、これだけです。メーカーは(株)大澤ワックスでBOLLと言うブランドです。

価格は4Lでだいたい1,380円(税込)なので、リッター当たり単価は345円になります。

2018y02m18d_225048849

 

 

随分前のことですが、あるセルフビルドのブロガーさんのページを見たら、水溶性のチェーンソーオイルが通販でお安く買えたとありました。

うーむ、水溶性とは良さそうだなぁ。庭や畑にチェーンソー屑(おがくず)をばら撒いても、割と安全性が高い(環境に良い)のでは?なんて思った訳です。

ちょっとネットで調べてみると、植物性オイルもあり菜種油なんかを原料にしてるようです。環境には優しいけれど、固化し易いのでチェーンソーをたまにしか使わない場合は故障の原因になる可能性があるようです。

更に生分解性と言うのもあり、鉱物性オイルが時間経過で分解するらしく、これが取り扱いも楽で一番環境にも良いチェーンソーオイルのようです。

価格的には、普通のオイル→水溶性オイル→植物性オイル→生分解性オイルの順で、環境負荷的にも同じような順番です。

 

 

 

そんな訳で、コストも考慮し今回は水溶性のチェーンソーオイル16L缶をド~ンと買っちゃいました。(^O^)

ヤフーショップや楽天で潤滑油専門のネットショップ ”ガレージ・ゼロ” さんです。別にここの回し者ではないですが、一番安かったので購入しました。(笑)

16Lで5,380円(税込、送料無料)だったので、リッター当たり単価は336.25円になります。まあ、購入単位が大きいと言うこともありますが、水溶性なのに単価も安い!

P1140308

 

 

メーカーは(株)エーゼットで、油性なのに何故か水に溶けるようです。衣類にオイルが付着したときなんかも、洗濯で簡単に落ちるようです。

チェーンソーへの負荷がどんなことになるのか、よく分かりませんが、次回から使ってみます。でも、16Lもあると3年くらい持ちそうで、経年劣化がチト心配ですネ~。(^-^;

P1140312



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

欅の薪作り(2018/02/15)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日は寸詰めした欅の玉切りで時間切れになったので、今日は朝から薪づくりです。薪作りなので本来ならカテゴリーは ”薪ストーブ” ですが、今回は流れもあるので、そのまま ”庭造り” カテゴリーとします。

 

 

このブログで何度もお伝えしてますが、欅の繊維はしぶとくて斧で割るのは殆ど不可能です。そんな訳で最近は無理をせず、最初からチェーンソーで切れ目を入れてから、金矢(鉄製の楔)で割ることにしています。

P1140302

 

 

クヌギの玉を残り10cmくらいまでチェーンソーで切り込み、金矢を大ハンマーで叩き込んで割ります。

ここまで割れても、クヌギはパカッ!と割れることはなく、更に叩き込まないと割れません。

細枝が幾つも転がってますが、欅は良質な薪になるので、こんな細いものも大事にしています。(^-^;

P1140303

 

 

今冬の庭木の手入れで野晒しの薪が大量にできました。一番右奥が柿、次は槇、そして今回の欅と椿、細枝には檜葉も混ざっています。

細枝は来年の薪に使えますが、太枝や太めの割り薪は再来年用でしょう。

P1140305

 

 

欅の幹は、玉切りした後もこれだけ残っています。たぶん長さ3mくらいになるでしょう。これは槇にせず板材にしようと思っています。

今日は上尾に帰る日なので、来週にもソーチェーンをジックリ、丁寧に研いで製材しましょう。

P1140307



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

欅の玉切り(2018/02/14)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

今冬の庭木の手入れでは最大の難関だった最大欅の伐倒が無事にできました。しかし、これだけの太さだと玉切りも簡単ではありません。

丸太を幹の先端に差し込み、梃の原理で少し持ち上げ枝を差し込み、地面よりも1cmくらい浮いたのでチェーンソーで玉切りします。でも、バーが届きません。

P1140297

 

 

両側から切り込みます。

P1140299

 

 

次の玉切りは何とかバーが届きました。ここで直径35cmくらいでしょうか?

P1140300

 

 

しかし、ここまで切っても持ち上がりません!軽くなったはずなんですが、地面の傾斜の関係でしょうか?

これ以上玉切りするには、切り口の直下の地面を掘るしかなさそうです。でも、欅の厚板を作りたいこともあるので、このままの状態でチェーンソー製材しようかなぁ?

P1140301



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

最大欅の寸詰め(2018/02/14)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

椿の枝落しの次は実家に4本ある欅のうち、一番大きいのを寸詰めします。根元から伐倒するかどうか迷いましたが、取り敢えずは幹を残すことにしました。

 

 

実は椿と同様、切り倒す前の写真を撮り忘れでした。(^-^;

そんな訳で、この写真は3年前の2月に伐採屋さんに依頼し、クレーン車で寸詰めした時の写真です。その後、枝が生え揃いましたが、基本的にはこの形状です。

今回は左側に枝がありますが、その一番下の枝の少し上で寸詰めします。

P1050704

 

 

伐倒方法は下図の通りで、ロープを掛けるとき頂上近くまでよじ登ったのが怖かったですね~。(^-^; 槇や糸檜葉は枝が多いので手掛かり、足掛かりが確保し易いけど、欅はちょっとヤバイ!

石垣の左手は隣地で同級生の家のブロック塀があるので、ロープで引き右側に倒さなければなりません。ただ、太枝が左にあるので、重心は左になりチト心配な点です。

2018y02m16d_131552414

 

 

隣の同級生も騒ぎを聞きつけ手伝いに来てくれました。5cmくらい残し、女房も含め3人掛かりでロープを揺すりますが、なかなか倒れません。

チェーンソーで再度切り込みを深くし、2~3cm残しで再度ロープを引きます。まるで運動会の綱引きみたいですね~。(笑)

遂にメリッ、メリッと倒れてきました。すぐに駆け出し遠くに逃げます。物凄い土埃が舞い上がりましたが、うまいこと狙った方向に伐倒できました。

P1140290

P1140295

 

 

直径50cmくらいあるでしょうか?チェーンソーのバーに比べ太過ぎるのと、脚立の上での作業なので、切り口が余り良くないのは仕方ないですネ~。(^-^;

P1140292

 

 

軍手を乗せて太さが比較できるよう撮影してみました。

P1140293



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

椿の枝落し(2018/02/14)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

ピョンチャンオリンピックはメダルラッシュですね~。でも、まだ金メダルが無いのがチョッピリ残念です。小平の500mと羽生のフィギアに期待かなぁ?

オリンピックのお陰でブログの掲載が遅れ気味ですw。(^-^;

 

 

さて、明けて14日は椿の枝落しをすることにしました。

いつも失敗しちゃいますが、今回も切り落とし前の写真を撮り忘れ。この写真は丸2年前のものですが、椿が半分くらい写ってたので、載せてみました。

とにかく手入れなしの放任状態なので、椿とは思えないほどの大木になっています。

DSC_0335

 

 

今回もバッサリやりましたよ!この後、手前に伸びてる太枝、右に伸びてる細枝も切り落としました。

P1140286

 

 

この写真にあるような太枝を4本切りました。椿の薪は火持ちが良く、いい薪になります。

P1140287

 

 

常緑樹なので、この枝葉の始末が厄介です。いつもは少し枯れたら焼却なんですが、今回は別の処分方法を考えています。

それは、堆肥置き場に運び込み、枯れて葉が落ちれば堆肥になるし、細枝は薪ストーブの火持ちの良い焚き付けになるかも?これなら正に一石二鳥ですよね。(^O^)

P1140289



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

水回り134:洗面所水栓漏水!(2018/02/13)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂き、ありがとうございます。

 

今週は13日の火曜日から実家に来ましたが、野暮用があり上尾を出たのが11時半頃でした。

野暮用なんですが、先日愛車WISHを半年点検に出したら 「タイヤの溝が3mm前後で交換をお勧めします。」 と言われ、トヨタの見積もりを見ると滅茶苦茶高い!(^-^;

と言うことで、TV宣伝してるタイヤマルゼンとタイヤFUJIの2店舗を回ってきました。(笑) 実は両社ともに近所にあるんですよ。(^O^) 2社共にトヨタの値段が ”ナンナノ?” と言うような価格です。近々、タイヤ&アルミホイールのセットを注文しようと思っています。

そのため上尾出発が遅れちゃった訳です。

 

 

 

前置きはこれくらいにし、実家に着き水道の元栓を空けたら一大事!ジャー、ジャー水音が洗面所の方でします。実は水漏れは先週始まったのですが、締めれば漏水は止まり、開けた時だけレバーの可動部から水漏れだったのです。それが、今回は締めていてもジャジャ漏れです!。(>_<)

漏れている写真は撮り忘れで、これはカウンターを取り付けた時の写真ですが、レバーを下げても水が止まりません。

P1110816

 

 

洗面台の下に潜り込み、TOTOのシングルレバー混合栓TLHG31EF型を取り外し、洗面台も引っ張り出しました。

P1140270

 

 

パッキンか何かが凍結でダメになったのだと思いますが、分解の仕方が判りません!(>_<) 元々、給湯無しなので、混合栓は不要でした。単水栓ならホームセンターに色々在庫があると思い、交換することにしました。

(実は、後でNETで調べたら分解方法がありました。(^-^; 漏水の原因はバルブの故障が殆どで、それを交換すれば治るようですが、バルブ単品が8,000円もするのがあるらしいですね。)

P1140281

 

 

一番近いコメリさんには適当なサイズが無かったので、二番目に近いナフコさんに行くと、立水栓で古民家に似合いそうなのがありました。(笑)

まあ、複雑な構造で便利な道具より、この捩じり式がメンテも簡単ですよね~。(^O^)

P1140272

 

 

元栓との連結は余裕を見て40㎝のフレキシパイプを買ってきましたが、長過ぎでした。まあ、短いのよりはいいけど、取り回しに苦労しました。P1140273

 

 

元の混合栓を外す時も苦労しましたが、フレキシパイプの取り付けも厄介でしたよ~。パイプが垂直にならないとナットが噛まないので、洗面台に上半身だけ仰向けで潜り込んで作業でした。弾みで唇が洗面台とキスしてしまい、少しだけど血が出てきました。(笑)

それに、この洗面台は写真の通りスパナを回すような余裕がありません。ナットを締め付けないと水漏れなので、プライヤーでナットを斜めに咥え、少しづつ回して締め付けました。

P1140276

 

これで何とか洗面所の漏水を解決できたけど、既に時間は夜の7時近くです。今日は古民家改修じゃなく、修理屋さんで終わっちゃいました。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

今年の計画:内部(2018/02/08)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今回は2018年の計画のうち、内部をお知らせしましょう。

 

 

内部については、これまでに座敷、納戸、トイレ、風呂、お勝手、玄関、縁側の順で改修してきました。

残るは広間と茶の間です。先にやるのは広間の予定です。

20171123縁側改修後

 

 

工事の内容としては、建具上部の欄間部の小壁と床をフローリングにすることです。

なお、広間の欄間部は4面の内、既に2面は下地作りは完了しています。

P1130948

 

 

この写真の左側が北面、右側が東面になりますが、北面がこのカラーベニヤ板を剥がすと土壁です。50年前の大改修で竹小舞がガタガタになってるので、補修して土壁を塗りなおすか、土壁を解体して壁下地を作り直すか、思案中です。ベニヤ板を剥がし、細部を点検してから結論を出しましょう。

P1140260

 

 

そして、この畳を処分しフローリングにする予定です。

P1140269

 

 

こちらは茶の間になります。茶の間は今年中は無理で来年になるかも知れませんが、実家の改修のうち大きな部分としては最後になる予定です。

実家の神棚には幾つもお社があります。どうしてこんなにあるのか?父に聞いたこともないので、理由は不明です。(^-^;

いずれにせよ、神棚の背面のベニヤ板の下にはグシャグシャの土壁があるのが判っているので、ここも難関になるでしょうね。

TVを置いてる家具ですが、茶の間の改修が済んだら、丁度良い高さの古~い箪笥があるので、それに変更する予定です。

P1140264

 

 

そして広間と同様、ここも畳からフローリングにします。以前、床下地の根太を少し直しましたが、まだ完璧ではありません。

茶の間については、根太や大引きの補修が必要になると思います。

P1140268

 

実家の古民家改修は今年の3月で丸5年になり、今年は6年目に間もなく入りますが、ようやく大処は完成の目途がたってきました。

建具の補修とかホゾ穴埋めとか、あるいは写真にも写ってますが、テーブルや椅子も自作しようなんて思っているので、細かい作業はまだまだいっぱい残ってますけどね。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

今年の計画:外部(2018/02/08)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

遅ればせながら古民家改修の今年の計画をお知らせしましょう。できれば今年中に大まかな改修を完成させたい思っています。
そんな分けで欲張った計画を前編、後編に分け、今日は前編:外回りの計画になります。でも、毎年のことですが、なかなか計画通りには行かず、遅れるかも知れませんけどね~。(^-^;

 

 

先ずは①ですが、上屋と下屋の間、ここは何と呼ぶんでしょうね?ナマコのトタン板貼りです。昨年、広間の天井掃除をしたとき判っているのですが、トタン板の内側は土壁になっています。しかもボロボロなんですよね。土壁の補修で行くか、新たに下地を作り直すか?トタン板を剥がしてから考えましょう。

②はちょいと凝って作った荒壁です。ここは中塗り&漆喰仕上げしなければなりません。

③は合板のままですが、いずれは漆喰塗りします。縁側の内部にも漆喰を塗る箇所があります。

P1140251_2

 

 

そして北側の上屋と下屋の間もナマコのトタン板貼りです。

P1140254

 

 

こちらは南側より高さが低く、作業が難航しそうです。それと、南側と同じくトタン板の内側は土壁になってますが、ボロボロ状態が更に酷く、竹小舞も途中で切られているのはトイレや風呂場の工事のとき見ています。

P1140258

 

 

そして東側の妻面です。下屋から下は古民家改修で一番先にやった場所ですが、妻面は最後になりそうです。

P1140252

 

 

意匠的には、この西面と同様にする予定ですが、引き戸かドアを取り付け、天井裏への出入り口を付けようかと思っています。

P1140250

 

外部の改修は少し暖かくなる3月に入ったら、先ずは南面の下屋うえの改修に着手する予定です。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

柿の木の枝落とし

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

合板作業台の天板貼り付けを終えた後、また庭木の手入れをやりました。

毎年、柿渋を作っている蜂谷柿です。物置の屋根に掛かっており、また高過ぎて上の方は実をもげないので、野鳥の餌場になってます。

P1140243

 

 

左側の太枝をバッサリ落としました。その衝撃で物置にコーチスクリューボルトで掛けておいた二連梯子が落下、ボルトが下向きになっちゃいました。

P1140244

 

 

そして右側も手前に伸びた枝だけ残し、切り落としました。もちろん梯子掛けのボルトも修正しておきました。

今年は柿渋作りは無理かなぁ?柿の生育力は旺盛なので、たぶん再来年は大丈夫でしょう。

P1140245

 

柿の木の薪もいっぱい作れましたが、またまた写真を撮り忘れです。細枝も焚き付けように保存します。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

木工09:合板作業台の製作⑤(2018/02/07)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて7日ですが、今朝も冷え込んでおり、薪ストーブを焚こうとすると灰がいっぱい溜まってます。灰受け皿を取り出そうとしたら引っ掛かって出てきません。どうやらロストルに当たってうようです。

ロストルを引っ張り出してみると、こんな状態!折れ曲がり、一部は欠けています。あ~ぁ、また出費になりそうですw。(>_<)

P1140232

 

 

極端に下に曲がっている所が灰受け皿に引っ掛かるようです。鋳物なのにこんなに曲がっちゃうんですね~。火力の凄さにびっくりです。

P1140233

 

 

朝飯を食べた後、作業台を日向に出しました。日向の方が接着剤が早く乾くと踏んだ訳です。

合板1枚でも一人で持つのは大変です。24mm厚を貼るのを止めて正解です。立て掛けてある12mm厚の合板を接着します。

P1140234

 

 

木工ボンドを塗る前に、脚に90mmのコーススレッドを脳天打ちで固定しました。

P1140235

 

 

木工ボンドをたっぷり撒き散らし塗り付けます。

P1140238

 

 

塗り付けは、この櫛型ヘラです。

P1140236

 

 

ありったけのクランプで角材を当て木して貼り付けです。でも、中央部はどうしましょう?

P1140239

 

 

出来るだけ穴は明けたくないんですけど、背に腹は代えられません。結局はスレンダービスを打ち込みました。接着が完了したら、このビスは抜きましょう。

P1140240

 

 

接着した後、柿木の枝落としをやったのですが、陽も落ちてきたので作業台をブルーシートテントの下に運び込みました。

合板2枚で24mm厚になったけど、何とか一人で持ち上げることができました。

P1140246

 

 

念のため、作業台に端材の合板を敷いた上にブロックを積んでおきました。これで、来週は完全完成でしょう。

P1140249



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

木工08:合板作業台の製作④(2018/02/06)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

昨日の続きですが、貫のホゾ加工写真を撮り忘れで、一気に組み立て写真になっちゃいました。

貫のホゾ加工は、ホゾ穴に現物合わせで太さを墨出ししました。厚みは穴と同寸、高さは気持ち長く刻み、脚にガッチリ食い込むようにしました。

P1140224

 

 

当て木をして何度も叩かないと入らないキツさなので、楔は不要です。

P1140225

 

 

脚をこの段階で幕板に固定します。ここは65mmのコーススレッドを2面で4本の固定です。

P1140226

 

 

これで完成しました。

P1140228

 

 

古い作業台は馬に合板を載せただけなので、簡単に移動できます。端のほうに寄せ、合板作業台を正規の状態で置いてみました。

脚もシッカリしていて、デスクを叩いてみると合板1枚の状態でも剛性がけっこうあります。

P1140229

 

既に防災無線の5時のチャイムが鳴り響きました。一人で来てるので、色んな準備をしないといけません。合板の貼り合わせは明日にしましょう。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

木工07:合板作業台の製作③(2018/02/06)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌6日ですが、目覚めると曇りガラスの外がな~んか白っぽいんですよ。昨夜は星空で天気が良かったのに何だろう?と思い、寒い中外に出てみました。

降雪じゃなく ”吹っ越し” ですね~。風花のことを実家の辺りでは吹っ越しと言います。北陸が猛烈な雪で大変なことになってますが、寒波の雪が風に乗り山を越えてきたようです。

P1140212

 

 

愛車WISHの屋根も吹っ越しと霜の両方でしょうか?粒粒の状態で積もっています。

ところで、山の杉林の中央が光ってますが、これはお日様です。木がなければ本当は陽が当たってるんですね。お勝手と洗面所の水道は、昨夜チョロチョロと水を出し放しにしておいたのですが、それでもお勝手の水道は凍っていました。(^-^; まあ、すぐに出ましたけど。

P1140214

 

 

薪ストーブを焚き付け、朝飯を採り、庭にも日差しが十分差し始めてから作業開始です。

この60mm角の柱は昨日、ジョイフル本田千代田店さんに立ち寄り、買ってきました。24mm厚の針葉樹合板も売ってましたが、持ち上げてみると重い!

12mmの合板にこれを張り付けると計36mmになるわけで、重過ぎるのでやめました。

P1140215

 

 

長さ700mmで切断した後、ほぞ穴を掘ります。先ずは木工ドリルで穴を明けます。この穴明けですが、一気に全部明けると、反対側が割れてグチャグチャになってしまいます。途中でやめ、次は裏側から明ければ木が割れません。

P1140216

 

 

脚4本の穴明け完了です。

P1140217

 

 

次は5分(15mm)のノミでホゾ穴を掘ります。

P1140219

 

 

ノミの切れ味がイマイチで、ちょいと切れが悪いけど、ホゾ穴完成です。脚1本に2か所のホゾ穴なので、計8か所も掘らなければ、けっこう時間が掛かりました。

P1140218

 

 

仮に4本の脚を立ててみました。完成形が見えてきましたね。

P1140220

 

 

脚元を面取りしました。こうすれば作業台を引き摺っても脚元の割れとかが出にくくなります。

P1140223



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

木工06:合板作業台の製作②(2018/02/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

昨日のブログの続きです。

実は短手方向(妻手方向が正しいのかも?)は凸形で刻んだのですが、その写真を撮り忘れで、一気に組み立て写真です。(^-^;

凸形はホゾと同じような形状ですが、いつもは丸ノコと手ノコで刻みますが、今回は乙形でジグソーを引っ張り出したので、凸形もジグソーで刻んでみました。ジグソーで刻んだ方が正確に作れることが判明!でも、105mm角の柱なんかは太過ぎて無理ですけどネ~。

P1140195

 

 

写真のようにコーススレッドで2ヵ所固定しました。この写真の上側は針葉樹合板を張り付けるので、スレッドが干渉しないよう上部は止めていません。

P1140200

 

 

根太も3本通しました。これで作業台テーブルの剛性が高まるはずです。

P1140197

 

 

根太の固定もコーススレッドです。でも、合板を張り付けるとき、ここにはスレッドを打てませんね~。(^-^;P1140199

 

 

幕板の上に針葉樹合板を載せました。墨出しして、合板の上から幕板や根太にコーススレッドで固定します。

P1140203

 

 

合板の取り付けが完了したので、裏返ししました。コーススレッドの打ち損じがないかどうか確認し、5時も過ぎたので、本日の作業終了です。

明日は脚の加工と取り付けです。

P1140205

 

今回は女房が同行せず、素人大工が独りで実家に来ました。寒さに震えながらの作業だったので、薪ストーブを焚き付け、風呂水を貯め、晩酌の支度です。

こんなときは女房の有難味が身に沁みますね~。(笑)



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

木工05:合板作業台の製作①(2018/02/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

ようやく今週は実家に来ることができました。普通、関東では雪が降ってもすぐに溶けますが、今回は最強寒波のお陰で長くなりました。

でも、実家に着いてみると残雪が殆どありません!ありゃりゃ~これはどうしたことでしょう?さいたま市は観測開始以来の最低気温マイナス9.8°で、上尾はその隣ですからね~。佐野の実家は市内から車で30分、山深い所にあるので上尾より2~3°低いはずなんですが、今回は上尾の方が寒かったみたいです。(^-^;

 

雪が残っていたのは北側の日陰、ほんの少々でした。上尾はもっと残ってますよ。

P1140180

 

 

そして心配していた竹とブルーシートで作った作業場ですが、全くの無傷でした。竹藪の竹も倒れたのは1本もありません。

近所の同級生に聞くと、積雪は20cmくらいだったとのこと。上尾は25cmを超えてましたからね~。

P1140178

 

 

作業場も壊れてないし、竹の倒壊もないので早速、先日設計した作業台の加工を始めました。

間柱材を使い三枚組み継ぎしますが、精度が重要なので、ケヒキを使い墨付けします。ケヒキを使うと同じ寸法の墨出しが簡単になります。

P1140182

 

 

これは長手方向の幕板なので、凹み形を刻みます。

P1140184

 

 

木工ドリルで穴を明け、次はジグソーで切り込みました。

P1140185

 

 

墨線にジグソーを合わせ、凹み形が完成です。

P1140187

 

 

次は根太(呼び方不明なので、根太としました)を取り付ける相欠きです。いつものハーモニカ刻みして、ノミで落とします。P1140191

 

 

長手方向の幕板が1枚完成です。

P1140193



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

木工04.合板作業台の設計(2018/02/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨夜の皆既月食、皆さんは見れましたか?埼玉県上尾市は月の出の頃は薄曇りでしたが、欠け始めた9時前には雲がなくなり、赤銅色の月が良く見えましたよ。

実はブログに掲載しようと思い、コンパクトデジカメで撮影しましたが、な~んか輪郭が光っていて鮮明な月が撮影出来ませんでした。たぶん、撮り方があるんでしょうね?

と言うことで皆既月食のブログは中止しました。(^-^;

 

 

2週間も実家に行かないと、やることもなく退屈で、しかもブログネタもありません。

次に実家に行ったら、椿と柿の木の枝落とし、更に作業台を作る積りでした。作業台は特に図面がなくても作れそうですが、今日は暇にまかせて設計してみました。

 

現在使っている作業台は、下の写真2枚でおおよそ判ると思いますが、馬に12mm厚の針葉樹合板を乗せただけのものです。これはこれで、移動も簡単なので便利です。

でも、ノミで叩くときとかに材料が跳ねてしまい、マズイことがあります。

P1130691

P1140143

 

 

馬はこの写真の右側の大きい方を使っています。この写真は物置新築の材料を刻んでいるときなので、まだピカピカの馬ですけど。

P1020272_thumb

 

 

今回設計したのが、これです。網目の掛かった部分が合板です。105×27mmの間柱材を幕板として四方に回します。

その幕板に脚を取り付ける積りです。(根太ピッチの375mmは芯々として見て下さい。(笑))

2018y02m02d_141839217

 

 

正面図はこの通りです。天板と言うのか、甲板と呼ぶのか、テーブル材は針葉樹合板を考えています。

12mm厚の合板を幕板や根太にコーススレッドで固定した後、もう一枚を木工ボンドで貼り付ける予定です。そうすれば表面に金属が出ない構造になるので、木工の作業台として使えます。

その貼り付ける合板の厚みですが、12mmにするか24mmにするか迷っています。24mmの方が剛性が高まり良いのは分かっていますが、重くなり移動が大変という心配があります。

2018y02m02d_141907309

 

 

幕板のコーナー部は ”矩形三枚組み継ぎ” と言うらしいのですが、組み合わせて強度を上げたいと思っています。

2018y02m02d_142019137

 

 

中間に3本入れる予定の根太は ”相欠き” で幕板と組み合わせます。

2018y02m02d_142418166

 

 

そして脚もとに入れる貫は、ホゾ組みとします。

2018y02m02d_142722963

 

来週もまた寒波が来るようですが、雪は無さそうなので、ようやく実家に行けそうです。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR