FC2ブログ

レモングラスの避寒(2018/12/11)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

薪割りの後、檜の皮に着火しました。湿気てますが、古段ボールを入れてあるので、そのうち燃えだすでしょう。

P1160833

 

 

勢いよく燃えています。火にあたっていると女房が来て、明日の朝は霜が酷そうだからレモングラスを鉢に移してちょうだいと喚いています。(笑)

P1160835

 

 

葉を嗅ぐとレモンの香りがするのでレモングラスと言いますが、見た目はススキみたいです。

もう暗くなってますが、2株あるので掘り上げましょう。

P1160830

P1160831

 

 

大きな鉢に移植して、玄関横の軒下におきました。この状態で冬を越し、3月下旬にまた庭に植え付けます。

P1160836



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

スポンサーサイト

薪ストーブ90:今週も初日は薪割り(2018/12/11)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は久し振りに女房も一緒に実家に行きました。お陰で炊事、洗濯、その他諸々が助かります。

 

 

初日の11日は一時過ぎに着いたので、最近は毎度のことですが薪割りです。先々週、玉切りしたのが、これだけ残っています。

P1160820

 

 

ヒノキやスギばかりなので、枯れていても薪割りは割と楽です。でも、写真のようにコブコブがある根元近くは、さすがにスパッとはいきません。

P1160821

 

 

玉を回しながら打ち込んでいくと、ようやく6撃目で割れが入りました。たぶん生木だったら3撃目くらいで割れたでしょう。

P1160822

 

 

これだけの太さがあると、薪が10本くらい取れます。

P1160824

 

 

こちらは松ですが、割と素直な部分なので、2撃目に割れました。杉なら1撃で割れたでしょうね。

P1160825

 

 

小型リヤカーで運び、積み始めました。先々週半列くらい積んだので、リヤカー1台で1列半くらい積むことになります。

P1160826

 

 

薄暗くなる頃に薪割り完了。下段は満杯、上段も3分の1くらいでしょうか?

P1160828

 

 

主に檜の皮ですが、白アリ駆除のため、今回もドラム缶で焼却します。

P1160827

 

ところで薪割り中に近所の同級生NBさんが来て、耳寄りな情報です。今回割った檜の原木は別の同級生NRさんの山で伐採したものでした。

そのNRさんが今度は広葉樹を伐採したそうで、軽トラ7台分くらいありそうとのこと。問題は伐採時期ですが、年が明けたら現地に見に行くことにしました。

山に放ってあるようですが、キャタピラー式の運搬車も貸してくれるそうなので、搬出は問題なさそうです。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

武蔵野歴史散策④(2018/12/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今回のシリーズもこれで最終回です。今までは中央線の北側を散策してきましたが、ガードを潜り南側の井の頭公園に行きます。

 

 

ビル街から突然、森の中に入ります。鳥獣保護区になってますね~。

IMG_20181205_141450

 

 

落ち葉が道路一面に舞い散り、風情があります。でも、あと2週間早く来た方が紅葉が見事だったかも?

IMG_20181205_141503

 

 

井の頭公園は井の頭池を中心とした公園です。この池は、昔は自然に大量の良質な湧き水が溜まり、神田上水(神田川)となり江戸町民の飲用水になっていたそうです。そのため、幕府の直轄管理で神田川の途中には見張り番所があり、汚水の放出やゴミなどを取り締まっていたとのこと。

明治維新後は宮内庁の管轄となり、その後東京市に寄贈されたため恩賜公園と命名されています。寄贈実現には渋沢栄一などが働きかけたとのこと。

IMG_20181205_141917

 

 

ここが元祖 ”御茶ノ水” です。徳川家康が何度も鷹狩りに来て、ここの湧き水でお茶をたて休んだので、御茶ノ水と命名したとのこと。

都心の御茶ノ水は三代将軍家光の頃に、やはり良い湧き水だったので名付けられたそうですが、元祖は井の頭池でした。

IMG_20181205_142044

 

 

コンコンと水が湧いてるように見えますが、今はポンプで汲み上げた水だそうです。

IMG_20181205_142254

 

 

ここは井の頭池の端部になるため枯葉が吹き寄せられています。去年あたりでしょうか?カイボリと言いますが、水を抜きヘドロの掃除をしましたが、こんなに枯葉が沈み込むわけですから、5年に1回くらいカイボリしないと間に合わないでしょうね。

IMG_20181205_142245

 

 

これが弁財天です。

IMG_20181205_143552

 

 

お社の裏手に銭洗い場があり、ここでお金を洗うと金持ちになるとか、洗ったお金で賭けをすると勝つと言われています。

今更なので、素人大工は洗ってきませんでしたけどネ。(笑)

inokasirabenzaiten%20(13)

 

 

頭が人で、体が蛇の石像がありました。宇賀神という穀物の神様で、弁天様(女性神)の亭主とも言われているそうです。

IMG_20181205_143906

 

井の頭池を渡る橋の途中で記念写真を撮りましたが、素人大工は撮られる側なので写真はありません。

ガイド付きの散策では、今までは単に眺めるだけだったものが、色んな意味や歴史も合わせて知ることになり、改めて印象が深まるなぁと感じた今回の散策でした。

幹事の皆さん、ボランティアガイドの皆さん、ありがとうございました。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

武蔵野歴史散策③(2018/12/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

前回は2ヵ所のお寺を紹介しましたが、今回は1社2寺の紹介です。

 

 

前回お参りした安養寺の隣にある武蔵野八幡宮です。江戸町内から井の頭池にある弁財天をお参りする人が五日市街道を歩いてくると、この神社を目印に左折して弁財天に向かったそうです。

IMG_20181205_133749_thumb[1]

 

 

龍の形の手水場がありましたが、今どきですね!柄杓を近づけると左のセンサーが感知して水が出ます。

IMG_20181205_132823_thumb[1]

 

 

本殿が正面から少し右に寄っているのが不思議な神社でした。ガイドさんも理由は知らないそうです。

IMG_20181205_132758_thumb[1]

 

 

次は浄土宗光専寺です。入り口は月窓寺と反対ですが、敷地は隣り合っています。

IMG_20181205_134020_thumb[1]

 

 

山門の光専寺は草書体なので、光しか読めません。(^-^;

IMG_20181205_134010_thumb[1]

 

 

入り口は狭かったのに、中に入るとなかなか広い敷地です。

IMG_20181205_134134_thumb[1]

 

 

最後が日蓮宗蓮乗寺です。ここは光専寺の隣、月窓寺の裏手になります。

IMG_20181205_134542_thumb[1]

 

 

本堂は新しいので、割と最近建て替えたのでしょう。

ここは吉祥寺村の寺子屋みたいだったとのことで、その石碑がありましたが、刻みが浅いので文字は判読不能でした。

子供たちは吉祥寺村だけでなく、かなり遠くからも通っていたとのことです。

IMG_20181205_134550_thumb[1]

 

 

先ほど入ったのは脇の入り口で、右側に立派な山門がありますが、閉じられています。

IMG_20181205_135456_thumb[1]

 

以上で4寺1社を巡りおえました。このうち八幡宮は吉祥寺村が開村する前からあったとのことです。

また吉祥寺では4寺まとめて四軒寺と呼ぶそうで、開村に合わせてお寺も出来たとのことです。その際、互いに競合しないよう宗派を別々にしたのでしょうね。

次回は井の頭公園の散策で、今回のお話を終了予定です。実家に行かないとブログネタが無くて困っちゃいますネ~。(^-^;



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

武蔵野歴史散策②(2018/12/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日のブログは途中で脱線し、だいぶ横道にそれちゃいましたが、今回は散策先の紹介です。

 

 

駅を出てすぐに回ったのは、月窓寺、安養寺、武蔵野八幡宮、光専寺、蓮乗寺の4寺1社です。左上から右下に斜めに通っている道路が五日市街道です。

吉祥寺村が開村した当時も名前は違うけど、この街道を挟んで向かい合いながら左右に集落が広がっていたようです。そんな訳で、この4寺1社が村の中心だったのでしょう。

敷地図は素人大工が勝手に囲んだもので、たぶんこんな感じかな~と言ったところです。

2018y12m06d_145637624

 

 

先ずは最も駅に近い曹洞宗月窓寺です。まあ近いわけですよね!吉祥寺駅の敷地は元々月窓寺の所有だった(もしかしたら今もJRに貸してるかも?)とのことです。

 

IMG_20181205_125617

 

 

月窓寺で門前市や盆踊り、薪能などが催されるとのことで、今も昔も吉祥寺の中心なんでしょうね。

しかも広い境内の右側にはサンロードと呼ぶアーケード街が並んでいますが、その殆どが月窓寺の所有地らしいですよ。もしも未だに吉祥寺駅の土地も所有なら物凄い地主さんですね~。

IMG_20181205_125633

 

 

これが本堂になります。隣に小さなお堂があり、そこには文化財の白衣観音様がまつってあるそうです。でも公開してませんでした。

IMG_20181205_130916

 

 

次は安養寺です。ここは門柱にもある通り真言宗です。

IMG_20181205_131457

 

 

花の右側にある石碑は庚申塚で、開村した1年後の庚申の年に建てたらしく、村人の名前が刻んであるそうです。

その名前で非常に珍しいのが、女性の名前が数名あるそうです。この手の石碑は男性の名前が殆どなのに、ここに刻んであると言うことは開墾するに当り、女性も活躍したんでしょうね。とにかく当時は一面武蔵野の雑木林ですから、伐採し根を掘るのも大変だったと思います。

IMG_20181205_132148

 

 

本堂は残念ながらコンクリート造りだったので、たぶん弘法大師像と思いますが、それを中心に撮影しました。

IMG_20181205_132334



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

武蔵野歴史散策①(2018/12/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

前にも書きましたが、最近は火水木の3日間実家に行くのが定例化してますが、今週は古民家改修お休みです。

実はタイトルの通り定例日の真ん中、水曜の5日に武蔵野(と言っても地域限定で吉祥寺付近)歴史散策に行ってきました。

 

 

現役のときの会社のOB会支部から、こんな案内状が届きました。実は素人大工も数年前までは幹事をやっていて、同じようなことを開催していました。

これは是非参加しないといけないので、古民家改修はお休みにした分けです。

2018y12m06d_115320724

 

 

散策のコースは、吉祥寺駅の周辺と井の頭公園です。ガイドは武蔵野市観光機構のボランティアの皆さん4名でした。

やはり案内してくれる方がいないと、ポイントを見落としてしまいます。

img004

 

 

最初に説明を受けたのが、吉祥寺には『吉祥寺』と言うお寺は無いとのことでした。

江戸時代の初め、大火が2年連続で起き、市谷辺りにあった吉祥寺の門前町の方々が追い出され、この吉祥寺に移住したとのこと。そのため、地名を吉祥寺としたそうです。その門前町に武家屋敷を新たに造ったようで、いつの世も庶民は虐げられますね~。(笑)

でも、移住に当たって幕府は様々な支援をしてくれたようで、農地も五日市街道に面して間口36m、奥行き1000mの土地(約11,000坪!)を与えたとのことで、確かに現在の地図を見ても、昔の名残が窺えますね。

2018y12m06d_111346749

 

 

その辺りの事情をWikipediaで調べてみると、吉祥寺は本郷一丁目にあったようです。

2018y12m06d_113235909

 

 

では本来の吉祥寺はどこに行ったかというと、本郷に割と近い駒込に移転したそうです。またWikipediaで調べてみました。

お墓には、あの北町奉行遠山金四郎と勢力争いをした悪名高き鳥居耀蔵の墓や、明治維新後に函館五稜郭で戦った幕臣榎本武揚の墓もあるそうです。

2018y12m06d_113415945

2018y12m06d_113434318

 

 

なかなか散策の話題に入れませんが、ちょいと脇道にそれちゃいましょう。(笑)

吉祥寺には吉祥寺と言うお寺はないけど、そう言えば今では死語に近い ”中央線三寺文化” と呼ばれたほか2ヵ所はどうなんでしょう?

吉祥寺より都心に近い高円寺と遠くなる国分寺です。

2018y12m06d_111522492

 

 

あまり聞いたことはなかったけど、Wikipediaで調べると高円寺はありました。三代将軍家光と関係があるようで、吉祥寺とも縁がありました。

2018y12m06d_112244670

2018y12m06d_112111526

 

 

国分寺については中野の不動産屋さんにいたとき、お客さんの案内で『国分寺跡』の近くに行ったことがあり、現在の国分寺は近くに移転しています。

これもWikipediaから引用です。さすが奈良時代からのお寺さんで、立派ですね~。

2018y12m06d_112601754

2018y12m06d_112633454

 

と言うことで、今回は吉祥寺の成り立ち、そして中央線3寺はどうなのか?な~んて素人大工の興味本位の内容になってしまいました。(^-^;



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ89:薪作り(2018/11/29)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は色々あって本来の目的、薪割りが最終日になってしまいました。ちょっと今日中に終わらせるのは無理ですね~。(>_<)

 

 

先ずは27日に玉切りした丸太を割ります。

P1160805

 

 

小型リヤカーが満杯になれば、薪棚に運びます。

P1160806

 

 

先週はここまででした。

P1160807

 

 

遂に下段が満杯になりました。

P1160809

 

 

更に玉切りを追加します。ソーチェーンを砥いだお陰で、スパスパと切断できます。

P1160810

 

 

大量の玉の山です。ジャンパーを脱ぎ、ポロシャツ1枚で切断&薪割りです。今日も比較的暖かいので、薪割りすると汗が出てきます。

P1160811

 

 

上段も一杯になりました。実は、これ以上積むと女房の手が届かないんですよね~。

P1160817

 

 

切った玉が、未だこれだけ残ってますが、来週にしましょう。

P1160820

 

 

今回は殆どがヒノキやスギの針葉樹だったので、剥けた皮が大量です。写真では少ないですが、リヤカー満タンで3杯もありました。

P1160818

 

 

その皮をドラム缶で償却しなければならないので、薪割りは途中でやめた分けです。不要な合板を燃やし、火力が強まったところでヒノキやスギの皮を放り込みます。

P1160819

 

 

先週で原木の山が一つ消え、今回で残ったのはこれだけです。ほぼ広葉樹だけを残しました。

P1160812



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

西側妻面50:続、羽目板防腐塗装(2018/11/29)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

干し柿吊るしに思いのほか手間を喰ってしまい、羽目板の塗装が29日になってしまいました。

 

 

屋根に上り、ふと雨樋を覗くと何かありますよ。

P1160802

 

 

アップで撮ると、こうなります。カブトムシの雄の頭ですね。カラスとかモズとかに体の部分は食われてしまったのでしょうか?

自然界は弱肉強食の世界デスネ~!でも、堆肥置き場にいっぱい幼虫がいるので、この雄もきっと種の保存の役目は果たしたのでしょう。

P1160803

 

 

閑話休題、今回はコメリさんに行ったらクレオトップの大缶があったので、それを買ってきました。

最近ホームセンターを回ると、この油性のクレオトップを置いてない店が増え、水性タイプばかりですが、コメリさんにはどちらもあります。

P1160804

 

 

先週、少し残ってしまった部分の塗装が完了しました。また、一部羽目板が浮いてる所もあったので、コーススレッドで固定しておきました。

P1160813

 

 

そう言えば、この写真で干し柿の寒冷紗が捲れていますね~。こんな風になっちゃうので、結わえたわけです。

P1160814



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

干し柿を吊るす(2018/11/28)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌28日は、朝一でHCに行き、クレオトップを買ってきました。そして、ハクビシン?騒動で北側平面のトタン板補修などをやったので、夜なべで作った干し柿吊るしが昼過ぎになっちゃいました。

 

 

先ずは竹藪から竹を1本伐ってきました。

P1160791

 

 

シュロ縄を母屋に2本ぶら下げ、竹棒を掛けました。

P1160792

 

 

その竹棒に吊るし柿をぶら下げます。漆喰壁に奇麗な影が映ってますね~。(^O^)

P1160793

 

 

でも、このままではカラスの餌食です。数年前にも渋柿をぶら下げたことがありますが、そろそろ食べ頃になるとカラスに喰われてしまいました。(^-^;

P1160794

 

 

もう1本竹を伐り、竹割りで割ります。

P1160795

 

 

番線を楕円上にしたものを竹に結び付け、割り竹をそこに結わえました。

P1160796

 

 

そこに寒冷紗をぶら下げると、カラスや小鳥が近寄れなくなります。(笑)

P1160797

 

 

ぶら下げただけで大丈夫かと思いましたが、少し強い風が吹くと捲れ上がってしまいます。翌29日に寒冷紗の下方端部を結わえました。

P1160815

 

 

上部も両端を竹棒に結わえ付け、風が吹いても捲れ上がらないようにして、ようやく完成です。

いやはや、干し柿作りでエライ手間を喰ってしまいました。

P1160816



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

北側平面01:ハクビシンか?(2018/11/27)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

干し柿の準備ができた後、15分くらいでしょうか?突然トイレの裏辺りで物音がしました。

 

 

更に10分後くらいに、今度は素人大工の頭の上、茶の間の天井をバタバタと駆け回る音!仏壇から神棚にかけ、天井裏に何かいますよ~。(^-^;

P1160789

 

 

最初は来年のカレンダーの丸いのを使い、飛び上がりながら天井を叩きましたが、効き目薄です。外に出て竹棒を持ってきました。

納戸方向に行ったので、納戸の天井、座敷の天井を叩き回ったら、静かになりました。何とか追い払ったようです。

P1160790

 

 

翌日ですが、この北側平面の西よりのトタン板に隙間があります。雨樋工事の邪魔になるので、切り取ったためですが、隙間は僅か5cmくらいなので、果たしてここからハクビシンが入れるのか?でも、西・南・東三方の改修が終わり、隙間があるのは北側のここだけです。

P1160800

 

 

東側妻面に貼り付けてあったトタン板がまだ残っているので、これを使い隙間を塞ぎましょう。

丸めて縛っておいたトタンを広げると、カメムシ君が冬眠中ですよ~。

P1160798

 

 

とにかく今年はカメムシの当たり年で、ちょっとした所に大量にいます。

P1160799

 

 

隙間がある所にトタン板を貼り付けました。これでハクビシンが出入りできそうな隙間は無くなったので、もう大丈夫かなぁ~?

P1160801

 

この北側平面は、春になったら改修工事を着工しようと計画しています。ここが終わると、古民家改修の大きな作業は完了します。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

甘柿で干し柿が可能か?(2018/11/27)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今夜は晩飯を食べた後に夜なべ作業です。(^-^; 本来なら女房が一緒に来る予定だったので、女房の仕事なんですけどね~。

 

 

先日収穫した上尾の家にある柿ですが、2袋をご近所に配った後、まだ4袋もあります。

その後、女房が更にアチコチに配り、残りが2袋になりました。それでも食べきれませんね~。

P1160751

 

 

と言うことで実家に枝付きの柿だけ持ってきました。果たして甘柿で干し柿が作れるんでしょうか?甘いと言うことは渋くて防腐性のあるタンニンが消えてるわけですよね~。それはともかく挑戦してみましょう。

ハサミで丁度良さげな長さに枝を切り詰めます。

P1160780

 

 

こんな風にT字の形になれば、撚り紐に引っ掛けられます。

P1160781

 

 

そして包丁で皮を剥きます。

P1160782

 

 

剥いた皮が大量です。

P1160783

 

 

ようやく全て剥けました。少し白いのが2個ありますが、これは渋い。例年なら3分の1近くが渋いのですが、今年の夏は暑くて日照りだったので、殆どが甘柿です。

P1160784

 

 

T字の部分を紐に挟み込み、吊るし柿が完成です。

P1160785

 

 

紐にぶら下げた状態で、かごに戻し流し台のシンクに置きました。

P1160786

 

 

薪ストーブの上でグラグラと煮えたぎっている鉄瓶でお湯を掛け消毒します。こうすると黴が出なくなるらしいですよ。

P1160788

 

今夜の夜なべ作業はここで終了です。明日は軒下にぶら下げましょう。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ88:玉切り(2018/11/27)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

クレオトップが底を突いてしまったので、羽目板の塗装を中断しましたが、まだ日没には時間があります。

 

 

写真では辺りが暗く写ってますが、まだ夕方4時なので、実際は明るいですよ。

今回は玉切り台に定規を取り付けました。丸太の下に野縁材が取り付けてありますが、約36cmピッチで印しを付けてあります。

P1160774

 

 

マジックインクで付けた印に合わせチェーンソーを当て、玉の長さを一定にします。

P1160773

 

 

ここまで玉切りしたら、さすがに暗くなり、チェーンソーの切れも悪くなったので、玉切り終了です。

P1160775

 

 

今夜は割と暖かいけど、薪ストーブに火を入れ、ソーチェーンを砥ぎます。なにしろ今週は薪作りがメイン作業です。

P1160776

 

 

毎度のことですが、このハスクバーナの冶具を使って砥げば、素人でも切れの良い刃に生まれ変わります。

P1160777



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

似合わない椅子やテーブル(2018/11/27)

そうそう忘れていました。本当はこの記事を前回のブログに載せる積りでした。

実は前々回のブログで、上尾の自宅の柿の収穫を載せました。その折、物置から脚立などを引っ張り出したついでに、物置を整理しました。

すると、今まで殆ど使ってなかったテーブルや椅子などが埃を被っていました。実家で一休みするときとか、バーベキューのとき使えるので、持ち込みました。

 

 

白い塗装のテーブルで、大きさは900mm角くらいです。これは次の椅子とセットで、素人大工が大阪に単身赴任していたとき使った物です。懐かしいですね~。

玄関の土間に置いてみましたが、全く似合わず、違和感maxですね~。(^-^;結局はブルーシートの作業場に移動しました。

P1160765

 

 

そして、これがテーブルとセットの木製折畳椅子です。

P1160762

 

 

テーブルを移動する前に撮影したので椅子だけですが、作業に疲れ一服するとき、この椅子で休めます~。(^O^)

P1160763

 

 

そして、これは折畳のパイプ椅子。ラジコン飛行機に夢中だった頃、飛行場で使っていた椅子です。

さすがに今の時期は別ですが、春・夏・秋は作業を終えビールの時間のとき、ゆったり座れそうです。

P1160764

 

この他、折畳のパイプ椅子が2脚ありました。バーベキューのとき使えますね~。(^O^)



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

西側妻面49:羽目板に防腐塗装(2018/11/27)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は女房も一緒に来る予定でしたが、女房の関係で不幸があり、急遽一人で実家です。

で、今回のブログですが、初日の作業は東じゃなく ”西側” の妻面です。東側の妻面改修が終わったばかりなので、読者の皆さんが勘違いしないよう太文字にしました。(笑)

 

 

西側妻面は2年前の2016年6月に完了しました。羽目板を張ってからなら2年半くらい経ちそうです。

P1160759

 

 

羽目板に接近して撮影すると、クレオトップが西日で焼けたのでしょうか?白っぽくなっています。

真夏には強烈な西日が何時間も照り付けますからネ~。

P1160760

 

 

東側で使ったクレオトップが残っているので、ちょっと早いけれど再塗装することにします。

P1160761

 

 

塗装開始です。塗ったばかりは濡れているので、だいぶ濃い色ですが、乾燥するともう少し薄くなります。

屋根瓦にポタポタ塗料が落ちていますが、マア下から見える訳ではないので良しとしましょう。(^-^;

P1160767

 

 

約半分まで塗れました。

P1160768

 

 

もうちょっとで塗り終わるところまで来ましたが、残念!(>_<)

P1160770

 

 

クレオトップが底を突いちゃいました。とにかく、羽目板がカリカリに乾燥していて、クレオトップを大量に吸い込んだからですね~。

P1160769

 

 

ね~、残ったのはホンノ僅かなんですけど。明日HCにクレオトップを買いに行きましょう。

P1160772



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

柿の収穫(2018/11/23)

今日は勤労感謝の日ですね。現役を引退して暫くになる素人大工は、毎週金曜日がお休みです。(^O^)

最近の日課は、土日月が不動産屋さんで仕事、火水木が実家で古民家再生、そして金曜日が休日でブログを書いたり歯医者に通院したりの日課です。

 

で、勤労感謝の日は歯医者もなくブログを作るくらいなので、上尾の家の柿の収穫です。駐車場に接した場所に柿の木があるので、熟し柿が車の屋根や駐車場に落ちると掃除が厄介なんですよね~。(^-^;

 

 

収穫途中の写真は撮り忘れで、これは収穫後の写真です。(^-^;

それでも、未だ25個くらいなってますよ。どうして残したかと言うと、小鳥の餌にするんですよ。食べに来るのはスズメの番が主なお客さんですが、偶~にメジロもやってきます。

P1160756

 

 

レジ袋が4つありますが、実はご近所や女房のお友達に3袋を小分けして配った後の写真です。この他、小さめの段ボールも1箱あります。

とにかく今年は柿の当たり年で、しかも夏が暑かったためか、例年なら渋柿が少し混じる我が家の柿ですが、今年は全て甘~い柿です。

P1160751

 

 

そして我が家の柿は大きいんですよ。アイコスの箱を比較に撮影しましたが、横が約75mm、縦が約50mmなので、その大きさが検討付くと思います。

P1160753

 

 

このところ、毎晩食後のデザートは我が家の柿ですが、皮を剥くと焦げ茶のコが浮いていて甘さの証明ですね~。

P1160758

 

少し後で、また女房がご近所にお裾分けしたので、今はレジ袋2つになりましたが、それでも食べきれません。

甘柿ですが、皮を剥き干し柿にしようかと思っています。干し柿なら日持ちするのでは?と思いますが、いかがでしょう?



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ87:漸く薪割り(2018/11/22)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

東側妻面の改修工事が屋根の掃除も含め、遂に完了しました。そこで、今週の初日に釘やコーススレッドが原木にあったため中断していた薪作りをやりましょう。

とにかく今のうちに薪を作っておかないと、薪の原木は大量にありますが、燃やせる薪を作っておかないと今冬の薪が不足する可能性があります。

 

 

二日前の火曜日、薪ストーブの前でソーチェーンを丁寧に研いだお陰で、チェーンソーの玉切りが快調で、こんな山ができました。

全て枯れているので、雨で濡れた水分が蒸発すれば薪になります。

P1160744

 

 

割った薪は小型リヤカーで運び、薪棚に積みます。

P1160745

 

 

左側の下段がいっぱいになりました。殆どが樹種不明ですが、広葉樹の薪です。

P1160746

 

 

それでも玉がこんなに残っています。でも、残ったのは檜や杉の針葉樹です。

針葉樹は燃え易いけれど、その分火持ちが悪いんですよね~。

P1160747

 

 

遂に薪割り終了です。

P1160748

 

 

左側の下段が半分くらい埋まりました。

P1160749

 

 

でもね~、原木はあと一山残ってるんですw。今までの原木は4月10日に頂いてきたものですが、これは4月26日に頂いた物です。こちらは来週以降に玉切り&薪割りですね。

後方のドラム缶から薄煙が漂ってますが、これは杉や檜の皮を燃やしています。実は、真夏に薪割りしたとき、白アリが大量に樹皮付近にいました。この時期は樹皮に卵があるかもと思い、樹皮は薪ストーブの焚き付けに適していますが、全て焼却することにしました。

P1160750



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

東側妻面34:足場解体と屋根掃除(2018/11/22)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌22日ですが、今日は薄曇りで肌寒い陽気です。いよいよ冬が近づいてきました。

 

 

昨日で東側妻面の改修がすべて完了したので、今朝は足場の解体から作業開始です。

舞台の床板、12mm厚の構造用針葉樹合板をロープを使い地上に降ろしました。

P1160735

 

 

合板を取り外した後の、骨組みはこんな状態です。

P1160736

 

 

三角脚も1組づつバラシていきます。この舞台は、最後に残った北側平面を改修するときも使うので、丁寧に解体です。

P1160737

 

 

漆喰が落ちたものやノコクズなどが溜まっています。

P1160738

 

 

梯子から屋根に上る足場板も地上に降ろすと、こんな状態で、土壁が落ちたのも溜まってますね~。

P1160740

 

 

屋根掃除に登場したのはブロアです。本当は高圧洗浄機で水洗いするのがベストですが、あれは準備するのが大変です。(^-^;

P1160741

 

 

掃除が終わり、梯子も外した後、完成状態を撮影しました。

P1160742

 

 

アップで撮ると、こうなります。

P1160743

 

 

ちなみに着工前はこうでした。ナマコのブリキ壁から随分変わりました。断熱性・気密性も高まったと思います。

P1160259



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ86:鉄瓶の錆び落とし兼色付け(2018/11/21)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

女房が電車で来てくれたので、今夜はお風呂の準備や晩飯の心配は要りません。(^O^)

そんな訳で、のんびり薪ストーブの前で晩酌です。そこでチョイト気付いたのが鉄瓶の錆びぽい色です。

 

ネットで調べてみると、漆の焼き付けで黒くしているそうで、温度管理とか秘伝の技術らしく素人には無理そうです。

でも、ネットで調べると、あるサイトに 「お茶刷き」 といい、鉄とお茶に含まれる 「タンニン」 の反応を利用した方法で鉄瓶の着色ができるそうです。鉄とタンニンが反応してできる 「タンニン鉄」 は比較的安定した被膜となり、赤錆などを発生しにくくしてくれるそうです。

 

 

早速試してみましょう。

ティーパックのお茶を淹れ、割り箸の先に布切れを巻きタンポンみたいなのを作りました。

P1160731

 

 

夕方4時から女房が薪ストーブを焚いていたので、鉄瓶の湯は煮えたぎっています。その表面にポンポンと軽く叩きながらお茶を付けてみました。

P1160732

 

 

上の写真と大して変わり映えしませんが、気持ち黒さが増し、艶も出てきたような?気がしますヨネ~。

P1160733

 

 

ウン、やっぱり黒さが増してます。薪ストーブの前で一杯やりながら、何度も重ねると更に良くなりそうです。

薪ストーブ本体にも塗るとどうなるでしょうねぇ?こちらは耐熱塗料が塗ってあるから止めといた方が良さそうです。

P1160734



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

東側妻面33:漆喰塗り完了(2018/11/21)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

女房を駅まで迎えに行き、一緒に昼飯を外食してきました。さあ、まだ時間はあります。今日中に漆喰塗りを終えることにします。

 

 

残っているのは南側と北側の端部、三角形2ヵ所です。

P1160722

 

 

漆喰が残り少ななので、カッターで袋を切り開き、鏝で擦りながら1カ所に纏めました。何とか、これだけあれば三角形2ヵ所を塗れそうです。

何せ、漆喰の塗り厚は2mm程度ですからね。

P1160723

 

 

南側完了。

P1160725

 

 

北側完了!

P1160726

 

 

何とか暗くなる前に漆喰塗りが終わりました。まだ乾燥してないので、うっすらと茶系な感じですが、乾けば白くなります。

P1160724



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

東側妻面32:漆喰塗り開始(2018/11/21)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

パテ補修も乾いたので、いよいよ漆喰を塗り始めましょう。

 

 

前回の漆喰塗りは、茶の間、お勝手、玄関、縁側などの欄間部(小壁)でしたが、多めに買っておいたので、半袋ほど残りました。

なんとか、これで足りるでしょう。

P1160705

 

 

使いかけの切り口をガムテープで塞いでありますが、漏れたら大ごとなので、注意深く時間を掛け、足踏みで練り直しです。

P1160706

 

 

三角で狭い所が多いので、左官鏝のほか、上から目地鏝、シール押さえのヘラ小と大、パテ用ヘラも用意しました。

最後の手段は五本指の鏝ですけどね~。(笑)

P1160717

 

 

さあ一番厄介な棟上部の三角形です。小型左官鏝で、ここまで塗りました。

P1160716

 

 

シール用のヘラで撫で伸ばしてなんとか塗り終えました。三角の両端部は目地鏝が活躍でした。

どうやっても平滑な面は出ないので、この程度で手を打ちました。

P1160718

 

 

ドアと付け柱の間は11cm位ですが、これ位の広さがあれば縦長なので、何とか左官鏝で平面が出せます。

P1160719

 

 

塗りの開始が11:15くらいで、13時にはここまで進みました。南北両端の三角形が残っています。

P1160721

 

女房から電話が入り、娘の家から直行で電車で来るとのこと。2時少し前に駅に着く予定なので、切り良くここで中断し、迎えに行き、昼飯もどこかで食べましょう。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR