縁側100:外壁の仕上げ:後編(2017/11/15)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

いよいよ今回の外壁仕上げをやれば、縁側工事の完成です。但し、漆喰塗りなどは残ってますけどね。

 

 

最後に残すは、この東側コーナー(内部は物入れ)の下見板に簓子を取付けます。

右側の下見板はキシラデコールのエボニ色で塗装ですが、今回はカインズホームさんのPB油性塗料なので、色が薄いですね~。2回塗りしないと色が合わないようです。

それと、簓子も1尺ピッチで入っています。新しい方は釘の頭が写っている通り、1尺5寸間隔になってます。板張りのとき、全く気にしてませんでした。今更釘を抜くわけにもいかず、残せば釘頭が見えてしまいます。

P1130699

 

 

そんな訳で、既存の右側の壁に合わせると本当は3分割で簓子が4本かも知れませんが、3本の2分割にしました。

P1130700

 

 

簓子の古色塗装が乾燥する間に、カミキリムシに喰われ枯れてしまったカエデを伐採しました。カエデにはカミキリムシが付き易いようです。

枯れたのは残念ですが、これで1日分くらいの薪になりそうです。(^o^)

P1130701

 

 

カミキリムシに喰われた後、あちこち腐れが入り根元はボロボロです。

ここまで腐れていても、憎っくきカミキリムシの幼虫が1匹いましたヨ!当然、抹殺です。(笑)

太いカエデはあと2本ありますが、前にブログで紹介した通り、そのうち1本も喰われかけています。

P1130702

 

 

カエデの薪作りをやってるうちに塗料が乾きました。簓子を取付け、縁側工事の完成です。

しかし、やっぱり右側と比べ簓子のピッチが違うのは気になりますね~。(^_^;)

P1130703



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
スポンサーサイト

縁側99:外壁の仕上げ:前編(2017/11/15)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

物入れが完成したので、残すは縁側東西コーナーの外壁の仕上げです。これが終われば縁側工事は塗り壁だけを残し完成です。

 

 

先ずは東側のここは内部が物入れです。ピンボケですが断熱材が剥き出しのままなんですよね~。(^_^;)

P1130687

 

 

構造用針葉樹合板12tを張り付けました。たった1枚だけなので、釘打ち機を準備するより、トンカチで叩いた方が早いので手作業でした。

P1130688

 

 

次はこの下見板ですが、加工が厄介な ”簓子(ささらこ)” で反りを抑えなければなりません。

P1130689

 

 

1本だけ加工しました。

P1130691

 

 

それを当てて見て、削り量を少し調整しました。

P1130693

 

 

最初の1本を定規にして、残り5本は纏めて加工です。

P1130694

 

 

丸ノコと手ノコで加工しますが、斜めに切るときは慎重に丸ノコを使わないと、すぐにズレテしまいます。

P1130695

 

 

古色塗装です。

P1130696

 

 

北面に張り付けました。下見板の材料は杉板ですが、木表側を外部にしています。木材の性質として、乾燥すると木表が収縮するので、この写真なら板の中央部が凹みますが、裏側に下地があるので結果的には板の下端が出てきます。この簓子でそれを抑える分けです。

P1130697

 

 

南面も完成です。

P1130698

 

 

この簓子の加工や取付けをやってる間に、女房が柿渋を塗ってくれました。

アルミサッシが外側に付いたので、縁側はまるでサンルームです。ポカポカ暖かいので、すぐ乾燥し、午後には2回目も塗りました。

今回の柿渋は、今年絞ったもので全く熟成してませんが、以前の実験では搾りたてでも一定の効果があるのが判っているので、塗ってみました。

2週間くらいで効き目があるかどうか判ると思います。もしも効果が出なかったら、NETで購入することにしましょう。(^_^;)

P1130690



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側98:物入れ完成(2017/11/14-15)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

厄介だった物入れの天井工事が終り、次は欄間部の壁や中段を作りますが、この作業はあまり問題箇所が無いので楽チンです。(^o^)

 

 

先ずはドアの上部の小壁、欄間部に構造用針葉樹合板を張り付けます。

P1130679

 

 

内部側を張り付けました。内部はこの合板を張っただけで、特に仕上げはしない予定です。

P1130680

 

 

そして外部側にも張り付けました。こちらは後で漆喰を塗る予定ですが、アチコチ纏めて漆喰塗りをする積りなので、来年になるでしょうね。

P1130682

 

 

次はドアの横の狭い袖壁です。内外が同じ形状なので2枚同時に加工し、古色塗装しました。

この物入れには全く窓が無く、夕方になると暗いので、投光器の点灯です。

P1130683

 

 

袖壁を仕上げた後は、中段を作ります。下地を入れた後、天井と同じく縁甲板を張って行きます。

この後、最後の1枚を残しましたが、辺りは既に真っ暗なので翌日にしましょう。最後の1枚は色々加工が必要で、明るい時にやらないとミスの元ですからね。

P1130684

 

 

翌朝です。必要な加工寸法を当りました。

P1130685

 

 

最後の1枚は、実は最後の2枚を同時に張るのですが、写真の撮り忘れです。(^_^;)

本実に挿し込まなければならないので、2枚同時に斜めに差し込んで張り付けた分けです。

P1130686

 

こんな小さな物入れですが、壁仕上げ、ドア取付け、天井、中段と一人前に施工箇所があるので、けっこう手間取りました。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側97:物入れの天井(2017/11/14)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は13日の月曜日にゴルフが群馬県太田市でありました。太田から実家までは下道で約1時間ちょいなので、ゴルフ場からそのまま実家に向かいました。

実家に着いたのは6時前ですが、周りは真っ暗です。愛車WISHのヘッドライトで玄関を照らしながら鍵を開けました。

先々週、ゴルフ仲間が泊まったとき、皆がお酒を持ち寄ったのですが、幾ら酒豪揃いとはいえ飲み切れず、色々残っています。中でも、八海山の純米吟醸が手付かずです。(^o^)

一人で飲んでは申し訳ないお酒ですが、今夜は薪ストーブの前で八海山を常温で飲みましょう。

 

 

明けて14日です。先週物入れのドアが付き、欄間部の壁下地を作りました。

最初は写真の通り薄いベニヤ板ですが天井が一応はあるので、不要と思ってましたが、折角なので拘りの一つとして天井を張ることにしました。

P1130653-2

 

 

ドアの上端が天井でもいいのですが、収納量を確保するため、施工可能なギリギリの高さに上げ、天井下地の野縁材を打付けました。

P1130671

 

 

先ずは1枚目の天井板を張り付けました。材料は縁甲板(フローリング材)が余ったので、ヒノキの椋材を天井にはチョイト勿体無いですが、それを使います。

P1130672

 

 

この煤けて黒い梁が、すぐ上にあるので施工が厄介です。う~ん、あと10cm低くした方が良かったかも?(^_^;)

今更間に合いませんけどね!

P1130673

P1130674

 

 

最後の1枚ですが、真上からは電ドルもトンカチも無理な状態!

P1130677

 

 

開口部から電ドルを斜めに差し込み、天井材の端部に斜めに道穴を明けます。

P1130675

 

 

その道穴にスレンダービスをインパクトで打込んで固定!

P1130676

 

 

手古摺りましたが、何とか天井張りが完了です。

P1130678



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

久し振りの平林寺(2017/11/11)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今日は1並びの日ですが、ちょうど11時11分頃に平林寺に着きました。(笑)

現役時代の会社のOB会行事で、その頃幹事をやってたこともあり、3年前の2014年、9月に幹事4名で下見、11月に本チャン催行で平林寺に2度行ってます。

そのときの感想で、紅葉が凄く綺麗だったと女房に言ったのですが、それを女房が覚えていて、「もう紅葉してるんじゃない?行ってみたい!」と言うので、1並びの11日は3度目の平林寺でした。

 

 

3年前は工事中で殆ど見れなかった山門、凌霄閣(りょうしょうかく)ですが、今回は全貌を見れました。

ところで、この霄(しょう)ですが、最初は雲の変字かな?と思ってましたが、空のことだそうです。空をも凌ぐ高い志と言う意味だそうです。

さすが禅宗の道場になっているお寺さんですね!修行僧の志を現しているのでしょう。

P1130670

 

 

で、肝心の紅葉ですが、未だちょっと早かったですネ~。(^_^;) OB会行事で行ったのは11月29日でした。

11月下旬から12月初旬が見頃のようです。

P1130663

 

 

少しは赤くなっているモミジもありますけどね。

P1130664

 

 

でも紅葉にはまだ早いので、土曜日にも拘らず人が少なく、いい散歩ができました。

P1130665

P1130665

 

 

野火止め塚も木漏れ日に映え綺麗でした。この塚は焼畑耕作の野火を見張るために盛った小山らしいです。

P1130667

P1130666

 

 

この雰囲気もいいですね~。武蔵野の雑木林が今でも残っています。

P1130668

 

 

業平塚です。在原業平が関東に来た時歌を詠んだことを記念した塚とのことです。3年前と比べ、周囲の整備が行き届いていました。当時は塚までの道の状態が悪かったのを覚えています。

パンフレットを見ると、丁度3年前の平成26年から埼玉県の大整備事業が開始され、15年計画の大事業だそうです。

P1130669

 

紅葉真っ盛りの時期にもう一度行きたい気もしますが、きっと駐車場の空きがないでしょうね~。平林寺の入山口の総門前に駐車場がありますが、せいぜい30台分くらいなので、電車&バスで行くのが正解でしょう。

今回はスンナリ駐車できましたけどね。(^o^)



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

屋根76:雨樋の修正(2017/11/10)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今日は上尾に帰る日なので、比較的短時間で終わる作業をすることにします。それは、雨樋なんですが、やろう!やろう!と思いながらなかなかやらなかった作業です。(^_^;)

 

 

南西の角、上屋(大屋根)に降った雨は西側に落していたのですが、急勾配があるので南側の集水器に落ちるよう修正します。

P1080589-2

 

 

南側に雨樋を振ると長さが足りません。

P1130654

 

 

縦樋をジョイントで延長し、集水器に落す部分は自在エルボと短い縦樋を繋ぎました。ガムテープは接着剤が硬化するまでの仮固定です。

P1130659

 

 

上屋に降った雨水が下屋の集水器に落ちるようになりました。

P1130662

 

 

次は南東側ですが、上屋の雨を下屋の集水器じゃなく、雨樋に落していましたが、やはり大雨のときは溢れてしまいます。

P1130655

 

 

集水器に落すには長さが少々不足です。縦樋は余り物が在庫してあるので、中間付近で繋ぎ換えることにしましょう。

P1130656

 

 

丸ノコを屋根に上げ切断します。丸ノコで雨樋を切断する場合、慌ててやると割れてしまいます。ジワ~ッとゆっくり直角に切れば綺麗に切れます。

P1130657

 

 

これが縦樋を繋ぐジョイントです。

P1130658

 

 

南東側も上屋に降った雨水が下屋の集水器に直接落ちるようになりました。

これで、夏のバケツをひっくり返したような夕立でも、きっと大丈夫でしょう。

P1130661



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側96:ドア上部:欄間部の下地作り(2017/11/09)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

ドアの金物を取付けた後、四方の枠に戸当りを取付けたのですが写真の撮り忘れで省略ですw。(^_^;) 三角ラッチだけですと、ドアを強く閉めると、物入れ内部にまでドアが行ってしまいます。戸当りに当ったとき、ラッチがカチンと食い込むのがベストな分けです。(写真がないので、この説明でわかりますかね~?)

 

 

次の作業は、ドアの上部:欄間部の壁下地を作ります。

P1130629-2

 

 

でも、これがまたまた厄介なんですよね~。直角の桁だけなら何てことないのですが、コーナーなので45°の桁もあります。

P1130644

 

 

ちょいとハレーションを起こし判り難いかもしれませんが、野縁の端部をこんな形に加工しました。

P1130645

 

 

で、あてがってみると、まだ削り込みが不足のようです。

P1130646

 

 

もうちょいノコで削り取ります。

P1130647

 

 

ちょっと隙間はありますが、まあまあの納まりです。

P1130648

 

 

そして、こちらは右側ですが柱と梁で段差があるので、先ずは柱に下地の野縁材を取付けました。

その上、ここで左右の梁が繋がってますが、左の方が6mm出っ張っています。

P1130649

 

 

そのため、梁に取付ける野縁材をこんな形に加工しました。とにかく古民家は面倒なことばかりです。

P1130651

 

 

こんな小さな開口部ですが、ようやく四方に下地が取り付きました。

写真の右側を見ると分りますが、梁が少し寝てるんですよね。(^_^;) 合板の加工も厄介になるのが今から明白ですw。

P1130652

 

 

中間に縦材を入れ、壁下地が完成です。このとき4時半くらいでしたが、陽が落ちるのが早くなりました。夏なら、この後合板を加工して張付けまで出来ちゃいますが、本日の作業はここまでです。

P1130653



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側95:ドアに金物取付け(2017/11/09)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

ドアが取り付いたので、次は金物です。取っ手を取付けました。

下にも引手用の取っ手が付いてますが、このドアは元々が引戸だったのを廃品利用なので、こんな状態になってる分けです。(笑)

P1130635

 

 

次は、ドアを止めておく三角ラッチですが、受け手をドアの端部に取付けました。

P1130636

 

 

そして枠には三角ラッチが埋まるよう、細ノミで掘り込みしました。

P1130639

 

 

三角ラッチを仮付けしてみました。良さそうですね。

P1130640

 

 

木ネジで固定しました。ところで、この三角ラッチも解体で出た別のドアに付いてたものを使っています。そのため、今時には珍しいマイナスドライバー用の木ネジです。

P1130642

 

 

ドアを閉めてみると、うまいことラッチが嵌りこみ、ドアが固定されます。

それにしても、こんな細々とした作業は時間を喰いますよ~。でも、うまく行ったときは独りニンマリですけどね~。(^o^)

P1130643



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側94:物入れのドア取付け(2017/11/09)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

ドアの塗装が終わった後、ドア取付けのための下地作りをやったのですが、夢中でやってたので、実は写真がこの1枚しかありませんでした。(^_^;)

下枠を取付けるため、柱の下部を少々欠き込んだときの写真です。

P1130628

 

 

そんな訳で、下地作りの途中経過写真が全くなく、突然ドアが仮り設置です。(笑)

右側の柱はアルミサッシを取付けるとき垂直に修正してるので、床面とほぼ直角です。でも、左側のお母屋側の柱は写真を見ただけでも分ると思いますが、上の方が15mm左に(北に)倒れています。

P1130629

 

 

上の写真の仮り設置で位置決めし、縦枠を取付けました。

なお、お母屋側の柱との間に狭い壁が出来るので、前もって壁下地の野縁を打付けてから縦枠を取付けました。そうしないと、コーススレッドを正面から打てなくなっちゃいますからね。

P1130630

 

 

丁番でドアを吊ったので、閉めてみました。チリ寸法もまあまあですね。

P1130631

 

次は金具とかの取付けになりますが、それは次回に…。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側93:物入れ用ドアの塗装(2017/11/09)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて9日ですが、今日は縁側の東コーナーを物入れにするため、ドアを取付けようと思います。

 

 

場所はここになります。障子の向こうは座敷で、押入れがありますが、座布団が10枚もあるので布団が入りきりません。

ここを物入れにして座布団とかを収納すると丁度いいわけです。

P1130621

 

 

古民家改修を始めたら、色んなドアや引戸が幾つも余っています。その中で見つけたのが、これです。

ベニヤ板を貼っただけの安っぽいドアですが、物入れだからこんなものでいいでしょう。

P1130620

 

 

このドアですが、どこに付いていたかと言うと、昔のお勝手の物入れです。(クリックすると解体したときのブログに飛びます)

開き戸じゃなく、引戸だったので、下部には戸車が付いています。この写真はお勝手が未だ土間にあった頃ですが、今になってみると懐かしいですね~。(笑)

P1090413

 

 

お勝手に付いていたドアなので薄汚れています。塗装して化粧直ししましょう。

P1130622

 

 

雑巾で拭いてから、先ずは裏面を塗装しました。大して変わり映えしませんが、前よりは良くなったような?(^_^;)

P1130623

 

 

次は表面です。浸透性の木部用水性塗料なので、汚れている所はそれなりに見えてしまいます。でも、塗る前よりは幾分良いかも?

P1130625

 

 

塗装完了です。今日は昨日と打って変わり、天気が良いのですぐ乾くでしょう。

でも、乾燥するまでの間に、ドア取付けの下地作りをやることにします。それは次回に。

P1130626



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側92:巾木の取付け(2017/11/08)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

堆肥の切返し、イチジクの剪定などをやったら、ようやくなま乾きですが巾木の塗装が触れられる程度になりました。

 

 

先ずは広間側から取付けます。この束柱の部分をどうするか厄介ですが、左右の巾木を取付けてから処置しましょう。

P1130609

 

 

巾木も隠し釘で固定するので、写真の通り木工ボンドを塗ってあります。

P1130610

 

 

隠し釘で固定した写真です。少しだけですが木工ボンドがはみ出た箇所は濡れ雑巾で拭き取りました。

P1130611

 

 

束柱の部分は、こんな風に処理しました。木工ボンドをタップリ塗ってあるので白いのが見えています。でも、ボンドが乾燥すれば透明になるので心配ありません。

P1130612

 

 

右側(西側)コーナーの巾木は、真鍮釘で固定しました。実は、また隠し釘が残り少ななんですよね~。

P1130615

 

 

広間と座敷の境目ですが、柱がこんなに出っ張っています。ここはどうするか?

P1130616

 

 

巾木の高さに合わせ削り取ることにしました。

P1130617

 

 

仕上げは、こんな感じです。(上記境目の仕上げ写真の撮り忘れで、同様な納まりなので、この写真は座敷の中間部の柱です。)

本来なら全体的に削り取り、巾木を通しで入れたいところですが、左右で出入り寸法が10mm近く違うんですよネ~。(>_<)

そんな訳で、やっぱり段差ありの巾木になっちゃいました。それと、遂に隠し釘が在庫ゼロで、右側は真鍮釘ですw。マァ、眼を凝らして見ないと気付かない部分なので良しとしましょう。(この辺りが素人大工のいい加減さです。笑)

P1130619

 

 

そして、右側(東側)コーナーの巾木取付けも完了です。

P1130618

 

この巾木の取付けですが、開始前は簡単に終わるだろうと踏んでいましたが、柱を削ったり、そこに付ける巾木を斜めに切断したりで、思いのほか手間取りました。

終わったら、既に4時を過ぎ、曇天のせいもあり薄暗いので、ビールの時間としました。(笑) 薪ストーブの前で飲むビールが旨いんですよネ~!



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

イチジクの剪定(2017/11/08)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

巾木の塗装が乾燥するまで別な作業として、堆肥に米糠を混ぜ切り返しをやりましたが、この日は天気が悪くドンヨリ曇っているので、まだ乾きません。

そんなわけで、この前の2連続台風で倒れかけているイチジクの剪定と添え木をすることにしました。

 

 

台風21号、22号共に北風が強かったので、イチジクが全体的に南側に倒れかけています。

P1130605

 

 

バッサリ剪定しました。これで頭デッカチだったイチジクがサッパリしました。

P1130606

 

 

幹の部分は、杭を打ちシュロ縄で結わえておきました。もう台風は来ないと思いますが、これで強い木枯しが吹いても大丈夫でしょう。(^o^)

P1130607

 

 

ところで、なかなか実が成らない実家のイチジクですが、今頃になって実が4個ほど成っています。(^_^;)

たぶん、この季節に成ったのでは熟す前に落果しちゃうでしょうね。でも、もしかしたら本当の初物を頂けるかも?このままにして、どうなるか楽しみにしましょう。(笑)

P1130608



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側91:巾木の加工&堆肥の切返し(2017/11/08)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて8日の作業ですが、今日は縁甲板の境目の隙間を塞ぐため、巾木を取付ける予定です。

 

 

45×15mmの胴縁材を巾木に利用するので、荒材の胴縁を自動カンナで仕上げました。

P1130599

 

 

その後は古色塗装です。巾木はフローリングと接するので、後で柿渋や蜜蝋ワックスを塗るとき色々問題が出ないよう油性塗料で古色塗装しました。

P1130600

 

 

古色塗装が乾くまでの間は別の作業をしましょう。(^o^)

これは糠ですよ。今週、実家に来る途中にジョイフルホンダ千代田店さんに寄り道したと先日のブログにも書きましたが、その目的はコレ!米糠です。

稲刈りが間もなく終わる頃なので、コイン精米所には新米の精米により大量に糠があると推定し、寄り道したのですが、読み通りでした。(^o^)

P1130601

 

 

堆肥置場ですが、春から使っているので、ホンノ僅かしか残っていません!

手前は、つい先日堆肥置場に入れた、自動カンナで削ったオガ屑です。

P1130602

 

 

切り返しを兼ね、堆肥を奥の方に移し、米糠をタップリ撒きました。来春の庭造りのため、カンナ屑も堆肥に変換しようと思います。

P1130603

 

 

3層に切り返しながら、その都度米糠を撒き、一袋使ってしまいました。まぁ、今回は3袋もあるので、米糠の大盤振る舞いです。(笑)

ところで、写真に写ってるフォークですが、堆肥の搬出や切り返しには凄く便利な道具です。

P1130604

 

もう少し経つと、庭木も全て枯葉で落ちるので、堆肥をもう少し増やしましょう。何しろ、まだ米糠が2袋も残ってますからね~。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側90:縁甲板のカンナ掛け(2017/11/07)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

隠し釘の処理が終わったので、次は縁甲板のカンナ掛けです。

実は縁甲板:フローリング材ですが、現在販売しているものは精度が高いので、張った後にカンナ掛けなんて不要です。

でも、50年近く前に製材した材料で、実(さね)の加工が不揃いなんですよね~。(^_^;) 材により実加工の高さが狂っており、段差ができています。

ほんの少々ならいいのですが、中には2mm近く段差があります。そこで、手ガンナの登場です!

P1130595

 

 

どうですか、このカンナ屑!腕がボワ~ンと痺れちゃいました。(^_^;)

P1130596

 

 

大きなカンナ屑は焚き付け用に袋詰めした後、集塵機で掃除しました。

P1130597

 

 

次はサンダーの登場です。やはり素人大工のカンナ掛けはチョイト見栄えの悪い所があります。(^_^;)

そんな訳で、このマキタの仕上げサンダーで、正に仕上げの磨きです。

P1130598

 

この後、改修前の縁側にあった古い網戸レールの撤去など細々した作業をやり、もう一度集塵機で掃除を終えた頃には、防災無線が5時のチャイムを流しています。

本日の作業はこれくらいにし、至福の時、ビールの時間にしましょう。(笑)



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側89:隠し釘の処理など(2017/11/07)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は月曜日に再就職関係の用事があり、7日の火曜日に実家に来ました。今週は女房も用事が無いので一緒です。

実家に来る途中にジョイフルホンダ千代田店さんに寄り、精米機にある無料の糠(ぬか)を頂いてきたりで、着いたのは2時近くでした。

ランチのお握りや稲荷寿司を食べた後の作業は、先週ゴルフで何もしなかったので、先々週の続きです。

 

 

先々週、縁甲板を張りましたが、最後の2枚を固定した隠し釘の処理が今週最初の作業です。

P1130586

 

 

最初の写真じゃ分り難いですが、アップで撮影すると隠し釘が良く分りますよね。

P1130587

 

 

隠し釘については随分前のブログでも紹介しましたが、おさらいの積りでもう一度です。

隠し釘そのものは、裁縫で使う針と同程度の細い釘なので、材料を固定する力は余りありません。でも、根太ボンドのような接着剤で板を張り付け、隠し釘で押えておき、接着剤が固定すれば固定は十分な分けです。

そのため、写真のようにブルーの樹脂で覆われた隠し釘の頭をハンマーで横に払えば、細い釘が根元で折れるようになっています。

P1130588

 

 

隠し釘の打込みが多い時と少ない時の事例がありました。左側は打込みが良いので、釘の付け根が木部の内部になっています。

でも、右側は釘の根元が見えますね。

P1130592

 

 

そんなときは、この釘〆をあてがい、トンカチで打込みます。とにかく釘が細いので、このような処理をすれば、釘がどこにあったのか殆ど分らくなります。

そういう訳で隠し釘と呼ぶんでしょうね。

P1130593

 

 

フローリング施工で、板張りの最初と最後は隠し釘を使うため、全て頭を弾き飛ばしたら、こんなになりました。

P1130594



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

”アベンジャーズ”って知ってますか?(^o^)

先週はゴルフと大酒で古民家再生お休みでした。そんな訳でネタ切れですw~。

再生工事もやらず、しかも3年勤めていた不動産屋さんが10月29日でクビになり、やることが無いんですよね~。(^_^;)

でも、不動産屋さんは前にもブログに書いた通り、やむを得ない事情だったので、週2日のパートにも拘らず送別会をやって頂きました。

次の勤め先も目鼻が付いてきましたが、もう少しで確定しそうです。

 

 

で、暇に任せて映画を観にいってきました。

素人大工は映画と言うと、荒唐無稽なSFものが好きで、古くは猿の惑星とかE.T・エイリアン・ターミネーター・未知との遭遇・インディペンデンス・ディ、やや古いならバイオハザード、マトリックス・アバターなど、話題になったSF映画は殆ど観ています。

ただ、好きなSF映画の中で特に好きなのはコンタクト・コクーンのような神秘的なリレーションものです。割と最近見た中では ”メッセージ” が良かったですね!

そんな訳で、今回のタイトル ”アベンジャーズ” のような空想科学活劇物(笑)、例えばスーパーマンとかスターウォーズはあまり見てないんですよね。

 

ところが今回、余り好みでないはずの正にスーパーマン的な ”アベンジャーズシリーズ” の ”マイティ・ソー バトルロイヤル” が3日に封切りで、それを4日に観に行っちゃった訳です。暇だから映画でも見に行くか~、と言う感じですね。

しかも ”4DX・3D” ですよ!シニア割引で普通は1,100円で観られるものを何と2,500円です。3Dは立体映像で今までも観たことがありますが、4DXは初体験です。飛行シーンなら画面に合わせて椅子が上下左右前後に振動、落下シーンなら風が顔や足元に吹き付け、火災になれば赤い光と煙、焦げ臭い香り、海に落ちれば水(ミスト)が顔に吹き付けます!イヤハヤ凄いですね~。(笑)

写真は公式サイトから頂きましたけど、もしかしたらマズイかもですね。まあ、宣伝の一役を買うので許して貰えるでしょう。(^o^)

2017y11m06d_194612825

 

 

悪役はこの女性、ちょっとエロチックで、でも極悪非道な女神です。(^_^;)

2017y11m06d_194656612

 

 

悪の女神と戦うのが、この4人!これも普通の人じゃなくスーパーマンとスーパーウーマンですけど。

今回は、勢揃いじゃないのでアベンジャーズではなく、リベンジャーズらしいのですが…。

2017y11m06d_194841254

 

 

上の写真は右からハルク・ソー・ヴァルキリー・ロキですよ。主人公はソーと女神のヘラになります。

2017y11m06d_194934965

 

 

イヤハヤ、あまり好きじゃない筈のジャンルでしたが、無茶苦茶痛快な映画だったので嵌ってしまいました。

帰ってからNETを見ると、このアベンジャーズシリーズは時系列(クリックすると該当ページに飛びます)に見ないと面白さが半減なようです。

2017y11m06d_195244329

 

 

その時系列ですが、最初の作品が、もう10年近く前の2008年に作られています。

2017y11m06d_195352502

 

 

最初のシリーズ6作品がフエイズ1で、フエイズ2は以下の通りです。

2017y11m06d_195432447

 

 

そして最新のフエイズ3が、この7作品で今回上映したのが5.マイティ・ソー・バトルロイヤルなんです。

2017y11m06d_195507497

 

 

嵌ってしまうと走り出してしまう素人大工!(笑)ですから、翌5日の10時開店に合せTZUTAYAさんに行きましたよ。

で、取り敢えず借りてきたのがフエイズ1の6作品です。10泊OKなんですが、6本一挙に5~6日の2日間で観ちゃいました。(^o^)

P1130585

 

TZUTAYAさんに女房と一緒に行ったのですが、素人大工が6本、女房が2本の計8本でレジに行くと、店員さんが約1600円ですが、あと2本追加して10本なら1080円ですよと言ってくれました。

ビックリですね~。旧作10本以上まとめれば1本100円(税抜)だそうです。と言うことで、女房が2本追加し10本借りてきました。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

自宅の柿の剪定(2017/11/03)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は水曜日にゴルフがあり、古民家再生はお休みでした。ゴルフを一緒にやったのは、素人大工が20代の頃に一緒に仕事をやった人達で、ず~っとお付き合いが続いていて、年に2回程度の飲み会&ゴルフの仲間です。

今回は古民家再生がだいぶ進んだので、佐野クラシックゴルフ倶楽部でプレーの後、皆で古民家宿泊でした。6時頃から飲み始め、イヤハヤ寝たのは1時過ぎでしたよ~。(笑)

いつも飲み始めたら止まらない仲間なので、今回はゴルフの前泊ではなく後泊にしたのが正解でした。(笑)

 

 

そんな訳で、今回は上尾の自宅の柿の木剪定を紹介します。道具は、刈り込みバサミ・手ノコのサムライ・剪定バサミです。

P1130580

 

 

実は剪定前の写真を撮らずに、ここまでやっちゃいまして気づいたんですよね~。(^_^;)

そう言えばブログネタが尽きている!柿の剪定をブログにしよう!な~んて気付き、慌ててカメラを持ってきたわけです。

P1130582

 

 

実は去年の今頃でしたが、かなりな強剪定をしたため、強い徒長枝が大量に伸びてしまい、これから枯葉を大量にご近所に撒き散らします。

幾ら枯葉とはいえ、ちょっとマズイので今のうちに髙く伸びた徒長枝を元から切ってしまった分けです。

P1130581

 

 

ゴミ袋が3袋にもなりました。

P1130583

 

 

ついでに柿の実も4個もぎました。でも、今年は渋いのがあり、1個はダメでした。甘いのは凄く甘く、シャリシャリして食感もいいんですけど。

この柿の木ですが、ときどき今年のように渋柿の多いときがあります。あと3週間くらい木に置いとけば、甘いのが増えると思います。

P1130584



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

土壁27:壁土プールの解体(2017/10/26)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日のブログで、ちょっと書いた通り、外壁材の下見板古色塗装が乾燥するまでにやったのが壁土プールの解体です。

 

 

 

ブログを遡って調べてみると、このプールを作ったのは去年の8月30日でした。水を含んだ壁土を寝かせるので、かなり頑丈に作りました。

P1100030

 

 

ブルーシートを敷き、壁土を入れたわけです。土には稲藁を長さ10cm程度に切断したものが大量に入っています。

P1100041

 

 

こんな感じで雨や枯葉が入るのを防ぎ、壁土の藁を醗酵させ ”荒壁土” 作りをやったわけです。

でも土壁塗りのうち、荒壁塗りは全て終了しています。更に、先日玄関横の壁で使い切りました。

P1100064

 

 

と言うことで、庭の西側に作ったプールですが、何かと邪魔で、かつ汚らしいので解体・撤去しましょう。

P1130570

 

 

ブルーシートを敷いてありましたが、やはり小さな穴が幾つもあったのでしょうね。針葉樹合板に水が溜まっています。

でも、この合板が耐水性が特類なので、さすがですね~、黴で黒くなってますが全く腐ってなんかいません。

P1130571

 

 

1年以上あったので、雑草も殆ど生えてませんね。

P1130572

 

 

頑丈にするためコーススレッドを大量に打ち込んでいたので、完全にバラスのは大変でした。

ある程度乾燥したら、ドラム缶で焼却処分しましょう。

P1130573



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

縁側88:東西コーナーの外壁(2017/10/26)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて26日ですが、今日は外壁工事をやり、その後上尾に帰る予定です。

 

 

先ずは西側コーナーからです。断熱材を嵌め込みました。

その後、ここには下見板を張るので材料を加工し、古色塗装しました。

P1130562

 

 

古色塗装の乾燥時間に窓上部にも断熱材を入れ、構造用針葉樹合板12tを張り付けました。

P1130563

 

 

天気が良いので、短時間でほぼ乾き、下見板の張り付けです。もう1枚で完成です。

P1130564

 

 

まだ、簓子(ささらこ)は取付けてありませんが、下見板張りの完了です。

P1130566

 

 

次は東側コーナーです。枠を古色塗装しました。

P1130568

 

 

下見板も自動カンナで仕上げた後、寸法に切り古色塗装です。

塗装が乾くまでは、別の作業:壁土プールの解体をやったのですが、それは次回に紹介します。

P1130569

 

 

壁土プールの解体が終わった頃には古色塗装が乾燥しました。

下見板張りの手順ですが、素人大工の場合は写真のように幅30mmのスターターを最初に取付けます。

P1130574

 

 

スターターに被せて1枚目を張り、板が斜めになるようにします。

P1130575

 

 

完了です。簓子の加工・取付けは次回の作業とします。簓子とは写真の右側、既存壁に写っている縦材で、下見板の傾斜重ね張りに合せ加工しなければならないので、かなり厄介です。

P1130576



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

今夜のディナー(笑)(2017/10/25)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は前回のブログにも書いた通り、台風を押して女房がババ友達と旅行に行ったので、薪ストーブ・お風呂・ディナーすべて自分でやらなきゃいけません。

そんな訳で、縁甲板張りが終わったのは4時半でしたが、作業はやめ、家事労働!に励みましょう。(^_^;)

(なお今回は写真が多く、FC2がいつもの大きさでは登録できないため、縮小版です。)

 

 

先ずは薪ストーブを焚き付け、古民家を暖めます。その後、お風呂の準備をやり、薪ストーブ前でビール(と言っても第三のビール:のどごし生ですけどね)の時間です。

s-P1130545

 

のどごし生のロング缶を飲み終えた頃にはお風呂の水が溜まり、ボイラーを点火しました。効率の悪いボイラーなので、沸くのに30分以上もかかります。

お風呂が沸く間に、ディナーの準備ですが、このIHコンロを使います。そうそう、左にアイコスが写ってますね~。結局、JTのプルームテックは一度も使わずヤフオクで処分しました。その処分代でアイコスが購入でき、今はタールが殆ど無しのアイコスユーザーです。

s-P1130546

 

 

材料はコレ。 ”野菜のざく切り” と ”旨てっちゃん” です。本物は甲子園の味 ”こてっちゃん” ですが、スーパーではこれしか売ってません。

s-P1130547

 

 

オリーブオイルを敷いた後、強火でキャベツメインの野菜のざく切りを炒めます。

s-P1130550

 

 

キャベツがしな~っとしてきたので、旨てっちゃんの混ぜ頃ですね。

s-P1130551

 

 

旨てっちゃんを入れました。これは味付け済みで、野菜と混ぜると丁度良い塩加減になります。

s-P1130552

 

 

完成!IHを弱火にし、熱々で酒の肴にします。

s-P1130553

 

 

その外のお摘みは ”大根とキュウリの浅漬け” 、 ”みそピー” ですよ。

s-P1130555

 

 

お酒はこの ”純米酒2L入り” 、デザートはミカンです。

s-P1130549

 

 

湯のみ茶碗ほどの大きなぐい飲みで日本酒を頂きましょう。

s-P1130554

 

 

ぐい飲みで3杯!旨てっちゃん完食です。

s-P1130556

 

 

そして、今夜のメインディッシュは ”鳥ごぼうごはん” ですよ~。

s-P1130557

 

 

2食分入っているので、半分を皿に盛り中央部を少し凹ませます。こうすると電子レンジの火が通りやすいようですヨ。

残りは明日のランチにします。

s-P1130558

 

 

電子レンジで4分半、今夜のメインディッシュが完成です。

s-P1130560

 

 

付け合せはコレ。(笑) 野菜不足にならないようしないとイケマセンよね~。

s-P1130559

 

 

ラップを取ると湯気が立ちのぼり、美味しそうですね~。

s-P1130561

 

女房が実家に来ない時は、いつもこんな感じの食事です。とにかく手間暇の掛らない料理、余りが出ない食材を選んでいます。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR