水回り121:洗面台にカウンター取付け①(2017/03/20)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

前回のブログで予告した通り、洗面台のカウンターを作ることにします。

 

 

これは欅の縦切りをしたときの、表面側です。これを使い、カウンターにしましょう。

P1110783

 

 

洗面台の幅に合わせ、欅をカットしました。それを電動サンダーで磨きます。

P1110784

P1110785

 

 

欅は木喰い虫が付き易いようで、アップで撮ると、こんなに木喰い跡があります。

P1110786

 

 

カウンターを支える板を取付けるため、板厚に応じた欠き込みを作ります。

P1110787

 

 

裏面の欠き込み、表面のサンダー掛け完了です。

P1110788

P1110789

 

 

表面仕上げは何するか散々迷ったのですが、外部用の半艶クリヤー(透明)ニスにしました。

P1110790

 

 

説明書に、塗装するとクリヤーと言うけれど、やや黄ばむと書いてあった通り、木目を活かしながら、やや黄色味を帯びてきました。

P1110791

 

気温20℃で乾燥に6~7時間掛るとあるので、本日の作業はここまでとします。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
スポンサーサイト

水回り120:洗面所に鏡取付け(2017/03/20)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週は月曜日の20日、女房が孫の子守りで娘の家に行き、素人大工は佐野の実家に向かいました。と言うことで、炊事・風呂・薪ストーブ、何でも独りでやらきゃいけないので困ったなぁ~(^_^;)

その上、ちょうど春のお彼岸ですよね。我が家のお墓は実家がある菩提寺の裏の山にあります。清水を入れた手桶、墓石清掃用のポリタンク、菊中心の生花などを両手に抱え、一気にお墓の山を登りました。

二度も登るのは厄介なので一度で済まそうとしたわけですが、さすがに息切れしましたぁ~。(^_^;)

 

 

前置きはこの辺りでとどめ、お墓参りを終えた後は息切れを整えるため、軽い作業をすることにしました。(笑)

この鏡ですが、子供の頃からあった時代物ですよ~。埃を被ってますが、まだまだ使えます。

P1110780

 

 

この鏡を洗面所に付けようと思います。

普通、このような洗面化粧台は当然、上部に鏡や小物入れなどの化粧台部分が付いてますよね。でも、これは中途半端に余ってしまった洗面台部分だけを姉の所から頂いた物なんです。

そんな訳で、化粧台部分がありません。当然、鏡もないわけです。で、ここに時代物の鏡を付けようと思います。

P1110781

 

 

鏡に付いた埃を雑巾で拭き取り、鏡面は更にティッシュペーパーで丁寧に拭き取りました。また、木枠部分は少し壊れていたので、木ビスで修理し、更に蜜蝋ワックスで磨きました。

どうですか!最初の写真の埃だらけの鏡が甦りました。

P1110782

 

しかし、このままでは中途半端ですよネ~。やはり、鏡の下にカウンターが無いとシックリしません。

カウンターも付けることにしましょう。それは次回で…。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

最近の庭の様子(2017/03/16)

このところ庭木の枝落しや伐採ばかりで、花の話題が少なかったですね~。今日は、久し振りに庭の様子をお届けします。

 

 

クリスマスローズとオモトです。右側がクリスマスローズですが、なんか矢鱈元気です。でも、この花は下を向いて咲くので、なんか遠慮がちに咲いてるような雰囲気です。

オモトは上尾の家から株分けして実家に植えたのですが、青々として、これも元気です。

P1110750

 

 

これは紅梅です。ブログ掲載より10日前になりますが満開です。これでも、けっこう実が成るので、今年も女房が梅酒かなんかを作れそうです。

でも、徒長枝の剪定がしてありませんネ~。なかなか、ここまで手が回らなくて困ったものです。

P1110751

 

 

そして、クロッカスです。少し前に咲いたとブログで紹介しましたが、黄色が一番早く咲き始め、次に紫、最後に白が咲きました。

まだ、何とか黄色の花が残っている内に3色が開きました。

P1110778

 

 

ややアップで撮るとこうなります。鼻の少ないこの時期、寒さに負けず咲いてくれるクロッカスは貴重です。枯れた庭に、ホンノちょっとですが彩りを加えてくれます。

P1110779



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

玄関68:壊れたガラス戸をFix窓に改造(2017/03/16)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

鉋刃や鑿を砥いだ後、久し振りに玄関の改修工事です。約1カ月空きがありましたが、玄関の土壁塗りはカテゴリーを玄関から外し、「土壁カテゴリー」としたので、実際は玄関の土壁工事もやってたので、1カ月も経ってる分けではないですけどね。

 

 

これが玄関正面ですが、千本格子戸の右隣にガラス戸があります。最上部がベニヤ板ですが、随分前に割れてしまい、ガラスの替りに3mm厚のベニヤ板を入れておいたわけです。

P1110768

 

 

アップで撮ると、このドアですが今までは ”開かずの扉” になっていました。この写真では少し開いていますが、バールでこじって何とか開けた後に撮影しました。

P1110767

 

 

ガラス戸を取り外し、不要部分を解体します。

P1110769

 

 

元々はガラスが3段に入っていたドアですが、1枚は割れてしまい、残りは2枚です。その残ったガラス2枚を使いFix窓を作ります。

縦枠に下枠のホゾが入るよう、ホゾ穴を空け直します。砥いだばかりの鑿なので、切れ味鮮やかですw。(^o^)

P1110770

 

 

右方向が元々あったホゾ穴、左方向が…誰が見ても判りますね~(^_^;)下手糞なホゾ穴です~。

P1110771

 

 

解体した下枠を嵌め込みました。嵌め込んでしまえば下手糞なホゾ穴も隠れてしまいます。(^_^;)

P1110772

 

 

で、実は解体のとき大失敗がありましたぁ~。下枠の下端で切断するところを、上端で切っちゃったんですよ。

どうにもならないので継ぎ足しすることにしました。これがドアなら捨てるしかありませんが、Fix窓、日本語なら動かない ”嵌め殺し窓” に改造するので、強度的には何にも問題ありません。(笑)

P1110773

 

 

このブログで時々登場しますが ”困った時の瞬間接着剤” 、継ぎ足し部分はこれで固定します。

P1110774

 

 

そして、元の場所にFix窓に変わり果てたガラス戸を取付けました。隣の広間のガラス戸とも桟の高さが合っていて、うまく納まりましたヨ~。(^o^)

P1110775

 

 

少し引いて撮影すると、こんな感じです。

P1110776

 

 

今日は上尾に帰る日なので、端材の合板をビス止めし、Fix窓の下部を塞ぎました。

P1110777



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

鉋刃と鑿砥ぎ仕上げ(2017/03/15-16)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

棕櫚の伐倒&キャンプファイヤー(笑)を終えたら5時近くになってしまいました。まだ外は寒いので、薪ストーブの前で鉋刃や鑿の中研ぎをすることにしました。

 

 

先日初めて使った刃物研磨機です。円盤状の砥石を中砥に交換し、排水パイプの下にバケツを用意し、中研ぎの準備完了です。

P1110755

 

 

鑿では使えなかった付属部品の角度治具を取付け、鉋刃の角度に合わせます。

P1110756

 

 

この鉋刃ですが、古い柱の埋め木をやったとき、仕上げに鉋掛けしたら、古釘が隠れていたんですよね~。(^_^;)

写真の通り、僅かに欠けがあります。これだけでも鉋掛けすると表面に筋が出てしまいます。手研ぎでこれが無くなるまではウンザリの時間が必要!

P1110757

 

 

でも、刃物研磨機なら簡単ですネ~(^o^)ホンノ10分弱で砥げちゃいました。中砥なので、まだ表面がザラついています。

P1110758

 

 

先日荒砥砥ぎした鑿も含め、中研ぎが完了しました。既に7時を回っちゃいました。晩飯にしましょう。

P1110759

 

 

翌日ですが、今度は仕上げ研ぎです。先ず、仕上げの砥石の表面を荒砥で平滑にします。この作業は砥ぎの最中、しょっちゅうやらないと刃先が直線になりません。

P1110760

 

 

鉋刃を当て、砥石の表面が平滑なのを確認します。

P1110761

 

 

鑿を砥ぐときも同様です。

P1110762

 

 

前回同様、沸騰したお湯に刃先を漬け、暖まった後、乾いた布で水気を拭き取ります。

P1110764

 

 

最後はうっすらと機械油を塗り、鉋刃と鑿の研ぎが完了です。

前回より鑿が2本増えて13本になってます。実は、2本見落としがあった分けですが、刃先はあまり傷んでなかったので、仕上げ研ぎだけで済みました。

P1110765

 

やや手抜き気味の仕上げ研ぎでしたが、それでも2時間掛りました。マキタの純正品で仕上げ用の円盤砥石もあるんですよね~。

それも買っちゃおうかなぁ~、なんて思ってますが、マア手研ぎもそれはそれで楽しいですからね~。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

稲荷様脇の棕櫚2本伐倒とキャンプファイヤー?(2017/03/15)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌15日ですが、曇ってますが雨は上がりました。昨日は庭木の手入れの途中、雨で中断したので残りをヤッツケます。

 

 

伐倒前の写真を撮り忘れましたが、写真の奥に写っている小さな小屋がお稲荷さんです。

ここも倒した棕櫚の左側にはお母屋があるので、ロープでコントロールし、狙いの場所に倒しました。

P1110744

 

 

切り口も、こんな風に倒す方向に蓮切りしてあります。

P1110745

 

 

棕櫚は根元は殆ど裸の幹なので問題無しですが、中間はこのように髭だらけです。これを編んだのがシュロ縄ですが、どんな方法で剥すのでしょうね?

できるだけ髭をムシってチェーンソーで玉切りします。

P1110746

 

 

でも、この通り!髭が絡んでエンストです。バラサないと髭が取れません!(^_^;)

昨日から合計5本の棕櫚をさばきましたが、1本当たり2回はエンストしましたね~。全く厄介な木です。

P1110753

 

 

こんなにギッシリ駆動部に食い込んでるので、エンストは当然ですね~。

P1110754

 

 

玉切りした棕櫚を運び出し、井桁に積み上げました。

P1110747

 

 

別の角度から。

P1110748

 

 

中央部に杉の枯葉を入れ着火!髭の部分が盛大に燃え始めました。

でも、表面が燃えるだけで、すぐに鎮静化してしまいます。棕櫚の幹は周囲の髭が燃えると、そこが炭化し、却って火に強くなりナカナカ焼却できません。

今後は樫、檜葉、珊瑚樹の枝葉を中央部に挿し込み、少しづつ焼却処分しようと思います。そうすれば、そのうち棕櫚の幹も燃えるようになるでしょう。それでも燃えない時は、枕木みたいに庭の境界として使うのも良さそうです。

P1110752

 

 

今回、敷地の東側の庭木を手入れしました。黄色く塗ったのが今回の樹木です。残りは槇、枇杷、糸檜葉ですね~。

なお、この図は古いので既に伐倒済みの栗や檜葉も載ってます。

2017y03m17d_161539405

 

 

敷地の西側は、ブルーで塗った木が今後の枝落し対象です。来週辺りにやっつけたいものです。

2017y03m17d_162132822



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

刃物研磨機初使用(2017/3/14)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

庭仕事の途中で雨脚が強くなってきちゃいました。丁度いいので、先日ヤフオクで落札した刃物研磨機を使ってみることにしました。

 

 

先ずは鑿を砥いでみます。この鑿ですが、随分前にヤフオクで11本まとめて送料込み約11,000円で入手しました。

P1110731

 

 

暫く砥いでないので、刃毀れが酷い状況です。例えばこれ、1寸刃ですがアチコチ刃毀れです。隣も端部が欠けてます。

P1110732

 

 

これは8歩くらいの刃ですが、これも酷いですね~。これを手研ぎで解消するには1時間かけても無理かも?です。

P1110733

 

 

そして7歩も刃欠け、5歩は角が丸まっちゃっています。

P1110734

 

 

標準で付いている ”中砥” を外し、 “荒砥” に交換します。中古の場合、しばしば部品の欠品があります。このレンチを心配したのですが、入っていたので助かりました。

P1110735

 

 

古い砥の粉がこびり付いています。

P1110736

 

 

何と呼べばいいのか?水槽の蛇口もチェックしました。ダイヤルでちゃんと水量の調整ができます。

P1110738

 

 

荒砥を取付け、水槽も所定の位置に挿し込み、水を流します。砥石が完全に水分を含んでから使用開始です。

P1110739

 

 

斜めの傾斜治具が部品としてありますが、鑿には使えないので手研ぎ同様、左手で刃裏、右手で柄を持ち砥ぎました。

でも、写真の通り、意外にも平滑に砥ぐのが難しい!却って手研ぎの方が平滑に砥げますネ~。(^_^;)傾斜治具に更に鑿の柄を固定できるような治具を自作出来たらいいのですが…。

でも、スピードは段違いです!水研ぎなので刃が焼ける心配もなく、グイグイ砥げちゃいます

但し、早く砥ごうとして強く砥石に押し付けると、回転砥石の勢いで持ってかれることがあります。砥いでるときは、近くに人は来させないことですね。

P1110740

 

 

さすがに電動の刃物研磨機ですね。鑿11本の荒砥ぎが1時間で完了です!(^o^)

薪ストーブの鉄瓶から熱湯を洗面器に入れ、砥ぎ終えた鑿を1分位漬けます。そして乾いたボロキレでさっと拭けば、熱で水分が完全に蒸発するので短期間なら錆びません。

P1110742

 

明日は、鉋刃を砥ぎ、鑿と合せて中研ぎ、仕上げ砥ぎをやろうと思います。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

珊瑚樹と欅の枝落し&背の低い棕櫚2本伐倒(2017/03/14)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今回も前回に続き、電線に掛る庭木の枝落し&伐採です。

 

 

この珊瑚樹ですが、数年前に枝落しをやったのですが、成長が旺盛でこんなになってます。このままだと今年中に電線に届きそうです。

P1110724

 

 

そして、この欅もコナラを植えた年に枝落ししたので、3年前になりますが、既に枝先が電線に届いています。

それと、棕櫚が2本ありますね~。今なら電線よりかなり下なので、伐り時デスネ~。(笑)

P1110725

 

 

珊瑚樹ですが、無茶苦茶に枝をおとしちゃいました~。(笑) お蔭で、電線からずーっと下になりました。

P1110727

 

 

枝葉は凄い量です!この処分は女房の仕事ですが、先週の樫と檜葉を合せ、ドラム缶での火燃しが大変そうです。(^_^;)

P1110726

 

 

次は欅です。根元から伐倒も考えたのですが、家側に向いている枝だけを残し、”枝落し” と言うより ”伐採” に近い作業です。

この写真側の切った枝は太さが約20cm弱です。

なお、棕櫚の1本は欅を切るのに邪魔になるので、先に伐倒済みです。

P1110728

 

 

こちら側は約30cmの枝?もう幹ですよネ!(笑)

P1110729

 

この後、残った棕櫚1本も伐倒して、敷地境界近くの電線に掛る樹木の枝落しと伐倒が完了しました。

このほか、お稲荷様の隣に棕櫚が2本あるのですが、雨脚が強くなってきたので、外作業は中止しました。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

棕櫚の伐倒(2017/03/14)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

薪割りの後は、先週の続きで電線に掛った樹木枝落しや伐採をやることしました。とにかく古民家は放置状態の樹木が一杯あるので、なかなかケリが付きません。

それに、伐る時期は寒い時でないと毛虫や足長蜂など色々厄介なことになるので、今がギリギリの季節です。

でも、一日中の外仕事はこの季節、花粉症の素人大工にとっては夜中にクシャミと鼻水、目の痒みで大変なんですケドネ~。先週の木曜日は最悪でしたよ。

 

 

前置きはこの辺にして、今週は最大の難敵 ”棕櫚の木” です。枝が無いのでよじ登ることが出来ません。でも、この写真の通り、棕櫚の大きな葉&枝(ちょうど団扇の柄みたいな部分)?が電話線らしきものに絡んでいます。

このまま倒したら、幾らロープでコントロールしても棕櫚の葉(枝)が電線を切断する恐れが大です。

P1110695

 

最初は、高枝鋏を使えば10尺の脚立で届くかなと思ったのですが、とても無理。

伸縮梯子は、普通は斜めに立て掛けて上りますが、梯子の先端がしっかりした物に掛らないと、クルリ!と反転して即落下ですw。(>_<)

普通の木なら枝があるので梯子が掛けられるケースが多いのですが、棕櫚は枝が無いですからね~。

:

:

:

さあ-、どうしよう?

:

:

:

で、思い付いたのがこの方法!梯子の踏み棒を棕櫚に番線で2ヵ所縛り付けました。そして、途中までは脚立、そこから垂直梯子にしがみ付き、高枝用太枝鋏で棕櫚の枝と言うか葉と言うか…を切り取りました。

勿論、腰ベルト式の命綱を付けてますヨ~!(笑)

この写真、女房に撮ってもらいましたが、「早く降りて~、胸が痛い~!」なんて叫んでいます。(笑)

P1110720

 

 

あまりにウマク伐倒できたので、伐ったばかりの写真は撮り忘れ~。(泣)

棕櫚の玉切りを開始してすぐ、「あ~写真!」と思い出し、撮ったのがコレです。

電線は全く問題無し、夾竹桃や柚子、山茶花などの苗も被害なし、竹垣が少し傾いた程度で、ロープで引き狙い通りの場所に伐倒できました。\(^o^)/

P1110722

 

 

棕櫚は一見軽そうに見えますが、いやいや重いですよ~。運び出すために玉切りしました。

P1110723



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ49:新薪場で2回目の薪狩り(2017/03/13-14)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

もうすぐ春なのに、またまた薪ストーブネタです。(^_^;) 何分、お金と薪は幾らあっても邪魔にならないですからね~。

今年は薪不足で大わらわでしたが、アチコチ何度も薪狩りしたので、今冬の薪は確保できました。でも、来年も再来年も薪は必要なので、薪場に薪があるうちに確保しておきたいです。

 

 

と言うことで13日の月曜日、先々週、新発見の自宅近所の薪場に2度目の薪狩りに行ってきました。

場所は、以前のブログでも紹介した、このコナラ林です。

P1110632

 

 

今回は、ここに狙いを付けました。でも、地面に埋まっている原木は腐れが酷く、ムカデの棲家になってる筈なので、浮いている原木を玉切りしましょう。

P1110711

 

 

こんな感じに浮いている原木を玉切り開始です。アリャー、それでも原木の表面近くは腐れが入ってますね~。(^_^;) 白っぽく見える部分が腐れ部で、柔らかくなっちゃってます。

P1110712

 

 

腐れが酷い部分です。削っていくと実が無くなりそうです。

P1110714

 

 

そして、腐れで白くなっている所にはカミキリムシの幼虫もいっぱいいます。

P1110715

 

 

腐れ部分を手斧で削り、カミキリムシの幼虫を除去しながらの薪作りなので、随分手間取っちゃいました。

WISHにこの程度の量なのに、9時から始めて12時近くになってしまいました。

P1110716

 

 

これだけじゃ少な過ぎるので、前回同様、割と最近伐採したと思われるクヌギらしき原木を、今回も狩ることにしました。硬くて割るのが大変ですが、この原木ならカミキリの幼虫はいません。(^o^)

写真を撮り忘れたので、前回の写真ですが、このうち半分くらいが残ってました。

P1110629

 

 

そのクヌギらしき原木ですが、4つ割りだけして実家に運びました。なにしろ硬いので、足場のいい所で薪割りします。

今回は昼食抜きで2時まで頑張っちゃいました。それから遅いランチの後、実家に向かったので、着いたのは日没寸前でしたが、何とか荷下ろしだけはできました。

P1110717

 

 

翌14日、今日の最初の作業は薪割りです。相変わらず硬くて手古摺りましたが、来年用の薪がこんなに出来ました。

P1110718

 

そうそう、腐れ部を削り取った薪は、小割りして運んだので、これとは別に薪棚に積み込みましたよ。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

チェーンソーの整備(2017/03/10)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日のブログでチェーンソーのチェーンを買ったばかりなのに駄目にしたと書きました。次の月曜には、また薪狩りを予定しています。

そんな訳で10日の金曜日、泣く泣くセキチューさんに行き、ソーチェーンを買ってきました。約4,000円もの出費です。(^_^;) ヤフオクで買えば1,000円は安く買えそうですが、すぐに必要なので高くても仕方ありませんね。

 

 

で、ソーチェーンの交換はどうってことないので記事にはしませんが、このゼノアのチェーンソーGZ381EZは2014年7月に購入したのですが、エアークリナーの清掃を一度もやってません。(^_^;)

薪ストーブの煙突掃除をしないのと同じようなわけで、エンジンには良くないですよね~。と言うことで、エンジンヘッドカバーを外し、エアークリーナーを取り外しました。写真ではプラグの横、シリンダーヘッドの上に乗せてあるのがそれです。

P1110700

 

 

クリーナーの膜の部分を見ると、やっぱり汚れてますね~。(^_^;) 写真のVの字状の谷間の部分です。

P1110701

 

 

オレンジ色部分と黒色部分を下の写真のように分割し、古い歯ブラシで汚れをコソギ落しました。でも、Vの字の奥には届かないため、汚れが残っていますね~。

P1110702

 

 

取説を見ると、温湯に中性洗剤を入れ、洗えば良いと書いてあるので、洗ってみました。

どうですか!上の写真と比べ格段に綺麗になりました。今回の2年半は長過ぎなので、今後は年に一回はエアークリーナーの掃除をしましょう。

GZ381EZは今後も快調に働いてくれるでしょう~。(^o^)

P1110703

 

2サイクルの混合ガソリンを使うエンジンなので、キャブレターにもオイルの汚れとかが、長い間にこびり付くようです。しかし、キャブのバラシや組立はヤバソウなので、今回はやりませんでした。

でも、あと1年後くらいには必要かも?なにしろチェーンソーの使用環境は過酷ですからね。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

檜葉の枝落し(2017/03/09)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

樫の木が片付いたので、次は檜葉です。樫以上に背が高くなり、電話線に絡んでいます。

P1110683

 

 

檜葉は約1年前に10本以上伐採しましたが、ここは電話線が絡んでいるので、根元から伐採したら悪くすれば電話線破断とかもありそうです。

脚立から檜葉の木に上り移り、チェーンソーでは危険が一杯なので、手ノコで上部を伐り落しました。

P1110693

 

 

内側から撮影すると、こんな感じです。まだ少し電話線にからんでますね~。

P1110692

 

 

更に枝を落し、ようやく電話線から離れまし。ちょいと切り過ぎの感じで、この檜葉は枯れちゃうかも知れませんネ~。

その時は根元から伐採し、全部薪にしましょう。(笑)

でも、この写真の通り、まだ強敵が残ってますヨ。棕櫚の木です。ちょうど電話線の所に葉があり、何もせずに倒すと電話線を切っちゃいそうです。どうやって、よじ登るかが問題です。

P1110694

 

 

樫の木同様、ヒバの枝先も大量です。

P1110697

 

 

もう3時半を過ぎ、女房が早く帰ろうと騒いでいます。仕方ないので、道路側の枝をチェーンソーで始末していたらチェーンが外れ、しかもギアに噛んでしまったらしく、バーに入らなくなっちゃいました。

このチェーンは交換して間が無いのに使い物になりません。やむを得ず、電動チェーンソーを引っ張り出し片付けました。

P1110698



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

樫の木の枝落し②(2017/03/09)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

樫の木を敷地の外側から見ると、こんな感じなので剪定して生垣風にしようと思います。
P1110690_R.jpg



仕上げは、これです!植木用の電気バリカンですが、実は仕上げ後の写真を撮り忘れていました。(^_^;) 外側から見ると、生垣風に割と格好良くなったのですが…。

P1110691

 

 

伐採した枝葉の量ですが凄いですよ。この一山!

P1110687

 

 

そして、もう一山。これだけの枝葉をドラム缶で燃やさなければならいのは、ちょっと勿体ないですね~。ブログ仲間の野人さんは ”ウッドボイラー” と言う大型の給湯器を導入したので、剪定枝も燃料になるそうです。でも、かなり高額なので素人大工には手が出ません。

なお、枝の太い部分は全て玉切りし、再来年用の薪ストーブの薪になりますけどね。

P1110699



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

樫の木の枝落し①(2017/03/09)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

土壁が中塗りも含め昨日完了しました。今日は懸案だった庭木の剪定、と言うより伐採に近い枝落しをやります。

 

 

先ずはチェーンソーの目立てです。先週、薪狩りに行きましたが、2年間も放っておいた丸太なので、土が付いていたため、刃が少し甘くなっていました。

ハスクバーナの目立て治具を使い、丸ヤスリで砥ぎます。

P1110681

P1110682

 

 

ようやく今日になりヤッツケルのは、このカシ(樫)とヒバ(檜葉)です。送電線の下の方にある、多分電話線と思いますが、写真の通り枝葉の中を通っています。

P1110683

 

 

先ずは、この樫の木からやっつけます。(笑)

P1110684

 

 

バッサリ伐り落しました~。

P1110685

 

 

外側から見ると、こんな感じ。まだまだ不十分ですね~。

P1110686

 

 

更に枝を切り落しました。だいぶスッキリしましたね~。樫の薪もだいぶ確保できそうです。(^o^)

電話線もこれなら当分大丈夫でしょう。

P1110688

 

 

南側から見ると、こんな感じになりました。

P1110689

 

 

東側から見ると、こんな状態です。枝葉の形を少し整えた方が良さそうですね。

P1110690



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

土壁26:中塗り完了(2017/03/08)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

ジャガイモ畑の耕しが終わったのが10時過ぎでしたが、ようやく外の水道も出るようになりました。今日は中塗りを完了させる予定です。

 

 

玄関東面の2カ所目が塗り終りました。昨日塗った右側は、もう乾き始めています。何しろ女房が薪ストーブをガンガン焚いてますからネ~。お蔭で、高い位置で作業してる素人大工は暑くて堪りません。暖かい空気は上昇すると言うのを身を持って実感ですw。(^_^;)

P1110676

 

 

この小壁ですが、右に見える黒い部分は貫の端部とそれの抜け防止の楔です。中塗りで貫の端部は埋めてしまいます。

P1110675

 

 

小壁の中塗り完了。右端は楔だけが見えますね。

P1110677

 

 

大きな壁の3面目を塗り始めました。もう2時半を過ぎてしまいました。今日中に中塗りを完了させたいので、タフ桶から土を取るのは女房に手伝ってもらっています。やはり、脚立を降りたり登ったりしないだけ、スピードが上がります。

P1110678

 

 

もう6時を過ぎてしまいましたが、遂に中塗り完了です。土壁は乾く前の濃い茶色も味がありますね~。乾いた時のベージュ色もいいですけど。

馬力を掛け、塗ったので両腕が筋肉痛です。壁塗りは鏝台を持つ左腕も、鏝で押し付ける右腕も負荷を掛けます。

P1110679

P1110680

 

ようやく土壁塗りが終わりましたが、次は ”三和土造り” があります。これは、もう土方仕事の最たるもので、もっと疲れるのが判り切ってますが、近々始める予定です。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

柿の苗植付けなど(2017/03/08)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて8日ですが、今朝は冷え込みました。お勝手の水道が凍ってしまい、最初はチョロチョロでしたが、すぐに勢いよく出るようになりました。以前、水道管に保温材を巻きましたが、古民家は家の中も冷え込むので、蛇口の辺りが凍ってしまうようです。(^_^;)

 

 

で、軒下に置いてたバケツですが氷が張ってます!土壁を塗り終ると、すぐに柱や梁周りを掃除するわけですが、それに使ったバケツです。

当然、庭にある水道は完全に凍っていて全く水が出ません。水が出ないと中塗り土の練りができませんね~。

P1110667

 

 

昨日少し余った土壁も凍っているので、お日様に向け解凍します。

P1110671

 

 

お日様が当たっているうちに水道が出るようになるでしょうから、柿の苗を植えることにしました。

上尾の自宅にあるこの柿の木ですが、2年数か月前に熟し柿の種を5粒蒔いたら1本だけ芽が出ました。鉢植えにして自宅で育てたのが、2年である程度の大きさになりました。

苗木の写真は撮り忘れですw。(^_^;)

P1110662

 

 

この柿は、こんなに大きな実を結びます。種からなら同じ実を付けるかなぁ?先祖返りして渋柿になっちゃうかな?

P1070891

 

 

植え場所は敷地北東の緩い斜面にします。

P1110668

 

 

3本の竹で囲まれた中央の細いのが、柿の苗です。この竹は、女房が草刈りするとき、苗まで刈らないように目印で挿しておきました。実家では女房が草刈り担当ですからネ。(^o^)

P1110669

 

 

庭の水道が未だ出ないので、次はジャガイモ植付け用に畑を耕すことにしました。今までは女房が耕してたので、せいぜい10cm程度の深さしか耕していません。

P1110672

 

 

ここも先日のタマネギ畑同様、重機でカチカチになってるので、スコップを足でガンガン押し付け掘り返しました。

P1110673

 

 

堆肥、醗酵鶏糞、油粕、薪ストーブの灰、少量の化成肥料と苦土石灰を撒き、もう一度スコップで耕し直しジャガイモ畑ができました。

P1110674

 

1週間寝かせ、来週種イモを植えようと言っておきましたが、ナ~ント翌日女房が種イモを植えちゃいました。(^_^;)

女房は、来週来れないかもしれないので植え付けちゃったようです。化成肥料は小量しか入れなかったので大丈夫かなぁ。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

土壁25:玄関南面の中塗り完了、東面着手(2017/03/07)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今回は伊勢崎市に回り道し、刃物研磨機を引き取ってきたので、実家に着いたのは1時半頃で、いつもより2時間近く遅くなってしまいました。

女房は送料ケチってもガソリン代で持ち出し!なんてブツクサ言ってます。(^_^;)

 

 

遅い昼飯後、最後の玄関南面を中塗りしました。

左隣は先週の中塗り部ですが、すっかり乾いています。右隣は西面で木舞を編み、荒壁を塗った部分で少しひび割れが入ってますが、けっこう綺麗なので、このままで中塗りはしません。

P1110664

 

 

玄関東面に着手しました。こちら側は大きい壁が4面、空間になっていた小さい壁が2面あります。この小壁は、以前木舞を編み荒壁を塗ってありますが、上下のバランスを取るため中塗りします。

P1110665

 

着いたのが遅いこともあり、この時点で5時半を過ぎたので、本日の作業は終了です。そんな訳で今回は土壁関連の写真が少ないですが、残りは明日にします。



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

刃物研磨機落札(2017/3/4,7,11)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今回は久し振りに ”工具ネタ” です。前々から欲しいと思っていたのですが、今月4日、遂に落札しちゃいました。(^o^)

マキタの刃物研磨機9820-1です。リョービとか東芝も研磨機を販売しており、中古品も多数出回っています。

でも、マキタの9820-1は砥石の直径が他社より20mm大きい200mm、そして刃物を横にスライドできる部品が付いているので、自動カンナ盤の刃渡り300mmのカンナ刃も砥ぐことができます。

 

 

これは新品のカタログです。定価44,800円、道具道楽さんでは値引きして27,776円(税別)です。

2017y03m06d_202311426

 

 

3月4日が終了予定のヤフオクです。開始時は3,000円だったのが、締切5分前で13,400円です。素人大工が13,500円で入札しました。すると、時間延長になり終了は10分後です。

終了時刻が刻々と迫るけれど、13,600円の入札者は無く、無事落札できました。過去の例を見ても、9820-1なら大抵15,000円を超えているのでマズマズでした。

2017y03m06d_202533479

 

 

写真下の商品説明に 「欠品などは不明」 と書いてあるので、ちょっと心配でしたけどね~。

写真を見る限り、欠品は無さそうでしたが、唯一砥石を外すためのレンチが特殊な形状なので、これが有るかどうかは写真では不明でした。

2017y03m06d_202651311

 

 

出品していた方が群馬県伊勢崎市だったので、実家に行く途中に回り道ですが引取り、送料をケチることにしました。(^_^;)

7日に実家に着き早速外箱を開けてみると、出てきた正規の段ボール箱は写真の通りボロボロでした。でも、品物はあまり使ったことが無さそうな状態です。

写真でダイヤルみたいなのが4個並んでる部品が刃物を固定しスライドさせる部品です。また、プラスチックの箱みたいなのが付いてますが、ここに水を入れ、ダイヤルを回すと砥石に落ちる水量を加減できます。

そして心配したレンチも入っていました。研磨機の右下に写っているのが、そのレンチです。これが無いと砥石の交換がかなり厄介になりそうですよね。

P1110663

 

 

今週はやることが山盛りで、砥ぎ作業の時間がないので、取り敢えず電源を入れ、砥石が回転するのだけ確認しました。

なお、標準で付いている砥石は#1000の中砥で、オプションで荒砥#60と仕上砥#6000があります。刃欠けの場合は荒砥でガンガン砥がなければならないので、別途購入する予定です。

仕上げはやっぱり手で砥ぐ積りです。

:

:

:

で、色々検討したのですが、善は急げ!荒砥を購入しちゃいました。(^o^)

:

:

:

ヤフオクなら安いのがあるかな?と思い、マキタ用の砥石を調べたところ、全然安くない!

そこで、今までも色んな工具を買っていた ”道具道楽” さんのサイトで価格を調べると、ヤフオクよりも安い!しかも送料&代引き手数料が無料です。(^o^)

早速、10日に注文したら、何と翌日の11日に到着です!

しかし、今後は宅配便の過剰労働などが問題になってますから、送料無料とか代引き手数料無料と言うのは無くなるかも知れませんね~。まぁ、でもそれが当然でしょうけど。

P1110704

 

 

さすが道具道楽さんです。砥石が割れたら使い物になりませんから、しっかり梱包されています。

そうそう、素人大工は道具道楽さんから一銭も頂いてないですよ~。(笑) 先日、このブログに訳の分からないアフリエイトの誘いのコメントが載ってましたが、ブログにああいうのが掲載されるとウザイですからね~。

P1110705

 

 

クッション材を外すとマキタのダンボールケースが見えてきました。

P1110706

 

 

その蓋を開けると、ようやく砥石の姿が見えました。でも、これは底面ですね。

P1110707

 

 

ひっくり返すと、こんな感じの回転砥石です。

P1110708

 

 

アップで撮ると、流石に#60の荒砥ですね。表面のザラつきがハッキリわかります。

P1110710

 

刃物研磨機の使用インプレッションは来週か再来週にお届けできると思います。どんな感じで砥げるか、今からワクワクしています。(^o^)



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

土壁24:玄関南面の中塗り(2017/03/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

明けて2日です。今日は玄関側の古壁を中塗りしますが、南面から始めましょう。

中間の間柱ですが、前に荒壁補修をやったら、チリが殆ど無くなってしまいました。(写真では、ちょっと判り難いと思いますが、壁面と間柱面が殆ど面一になってます。)

P1110656

 

 

そこで、15mm厚の板を間柱に打ち付けることにしました。写真で、足場板と並んで置いてある材が、それです。

P1110657

 

 

間柱取付後、すぐに中塗り開始です。まずは1面完了ですが、ここでお昼になってしまいました。

実は、途中で屑屋さんがきたので、時間を喰ってしまいました。その屑屋さんですが、今までは3カ月1回くらい来てたのですが、ここ1年は全く来なかったので、廃業したかと心配していました。

そんな訳で、外壁に使われていたナマコのトタン板とか、以前使っていた時計型薪ストーブや煙突など、ガラクタが大量に溜まっていたので、全て引き取って頂きスッキリしました。

P1110658

 

 

2面目が完了しましたが、ちょうど3時です。今日は上尾に帰る日なので、キリの良い所でしまいにしましょう。

塗り壁作業は道具を洗ったりとか片付けに小一時間かかりますからね~。

P1110660

 

 

ところで、こちらは昨日中塗りしたお勝手ですが、もう既に乾き始めています。中塗りの厚さは10mm前後で塗っているので、乾くのも早いようです。(念の為、お月様みたいな丸い点は埃です。(笑))

P1110661



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

土壁23:中塗り開始(2017/03/01)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

いよいよ中塗り開始です。お勝手から始めましょう。養生にホワイトシートを敷きましたが、電子レンジと冷蔵庫を放っておきました。(でも。これが失敗!)

P1110648

 

 

この脚立は10尺なので、髙い天井下の壁ですが、何とか足場を組まずに塗り壁が出来ます。

黒いのは煤けた古壁で、黄土色は崩れた部分を2月に補修したものです。

P1110649

 

 

中塗り土の水分が下地の荒壁に急激に吸収されるのを防ぐため、スプレーをタップリ吹き付けます。また、たぶんその方が中塗り土が下地の荒壁にくっ付き易いと思います。

P1110651

 

中塗り開始!ところが、ボロボロ落ちてしまう!(^_^;) 荒壁には腐った稲藁の繊維がタップリ入ってますが、中塗り土は砂が半分の上、モミスサだけが原因でしょう。

既に電子レンジや冷蔵庫に落ちていますが、慌てて養生のし直しですw。

P1110652

 

 

なんだかんだで、ようやく一面完了です。ボロボロ土が落ちますが、だんだん要領がわかってきて、落ちる量も減ってきましたヨ~。(笑)

P1110653

 

 

2面完了。

P1110654

 

 

3面完了!この時点で6時を回っちゃいました。1面当りの時間ですが、土練りに約30分、塗り作業に2時間、計2.5時間も掛ります。

土をコテ板に取るため、脚立を登ったり降りたりの時間が無駄ですね~。下で女房に手伝ってもらえばいいのですが、脚立に二人乗りは危険ですから止めときました。

P1110655

 

塗り壁を3タイプ経験しましたが、一番易しいのは 「ボードへの漆喰塗り」 、次は 「荒壁塗り」 、一番難しいのが 「中塗り土」 でしたぁ~。

 

でも、お勝手を先にしたのは正解でした。女房が晩飯の支度も出来ず困ってましたが、これで土壁は完了です。養生してもアチコチに土が飛んでますが、ここまで汚くなるのは今回限りです。

まだ漆喰塗りが残ってますが、ここまで難しくはないですから大丈夫でしょう。…かなぁ~?(笑)



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR