FC2ブログ

ジャガイモの畑作りなど(2019/03/14)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌14日ですが、来週にはジャガイモを植え付けたいので、畑作りをしておきましょう。肥料とかを土に混ぜた後、1~2週間おいた方が良いですからね。

 

 

地面に肥料を何種類か撒き、最初はスコップで深く掘り上げます。

P1170427

 

 

肥料はまず、牛糞堆肥、粒状豚糞堆肥(これは肥料成分が牛糞より多いそうです)です。

堆肥置き場で落ち葉やオガクズの堆肥を作ってますが、カブトムシの幼虫が50匹くらい居るのが判っているので、今回は自家製無しです。(笑)

P1170424

 

 

そして苦土石灰とジャガイモ用化成肥料、その後方の空き袋は鶏糞でした。

P1170425

 

 

1回目の畑うない(耕し)が完了です。

P1170428

 

 

もう一度、牛糞、豚糞、苦土石灰、化成肥料を土に撒き散らしました。これは豚糞です。

P1170430

 

 

次は鍬で、もう一度耕し直します。これで土と肥料がよく混ざったでしょう。

P1170431

 

 

最後は2列の畝を作り、ジャガイモ畑作り完了です。種芋を植え付けるときは、頂上を少し平らにする予定です。

P1170432

 

 

次は落ちた種から自然に生えた柿の木です。実はすぐ傍に親の柿の木がありますが、富有柿と言うことで、10年以上前に植えたものです。

でも、美味しくないので、毎年鳥や蜂の餌になっています。その子供で、しかも歩くときに邪魔になる場所にあります。掘り捨てることにします。

P1170434

 

 

掘り取った柿の木の近くで、歩行の邪魔にならない位置にミカンを植えました。

P1170436

 

 

実はミカンの苗は数年前にも女房が秋に買ってきて、別の場所に植えましたが、冬の寒さに耐えきれず枯れてしまいました。

今回も秋に買ってきたので、鉢植えのまま軒下や玄関土間に置き、春が来るのを待ちました。今度は根付くでしょうかね~?

P1170437



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

スポンサーサイト

ハクビシン用箱罠(2019/03/13)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日のブログに薪棚を見に近所の同級生が来たと書きましたが、一服しながら茶飲み話をしていて、ハクビシンの話題が出ました。

去年の秋、夜中に異様な鳴き声がするので、外灯を点け庭を見ると、ハクビシン2頭がドッグファイトをやっていたなんて話すと、同級生が役所から許可を得て、箱罠を借り受けしているとのこと。実家の庭に仕掛けてみようと言うことになりました。

 

 

これは翌日撮影した写真ですが、長さ約60cm、横・高各20cm程度です。13日の夕方に仕掛けましたが、残念ながら掛かってはいませんでした。

P1170438

 

 

おびき寄せる餌はバナナが良いそうですが生憎無かったので、4分の1に切ったリンゴを仕掛けておきました。

う~ん、餌が悪いのか、箱罠を見破っているのか?

P1170439

 

 

餌をかじると横に伸びた棒が左に動き、ラッチが外れることになります。すると、バネの力で蓋が閉まる構造です。

P1170440

 

 

蓋が閉まった状態がこれです。

P1170441

 

 

仕掛けのラッチは写真のように、ギリギリ掛かった状態にし、少しでもバーが動けばバタンと閉まるようにするそうです。

P1170442

 

取り敢えず、このままにして上尾に帰りますが、同級生がチェックしてくれると言ってます。

これで掛からないときは、おびき寄せる餌をバナナに替えてみましょう。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪棚28:3号薪棚⑦:防虫防腐塗装&手直し(2019/03/13)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

長火鉢の修理を始め、カシュー塗料で塗装を終えた時は1時になってしまいました。遅いランチの後は、雨で濡れた3号薪棚も快晴の天気でスッカリ乾いたので、防虫防腐のためクレオトップで塗装します。

 

 

下段の薪置き丸太は取り付けてしまうと低過ぎて、塗装作業が厄介なので、事前に塗装します。塗り終えた写真は毎度お馴染み、撮り忘れでした。

P1170417

 

 

でも、これは前日の写真なんですが、仮に丸太を置き薪を乗せてみました。う~ん、これは地面から近いなぁ。(>_<)

P1170405

 

 

1号薪棚は地面から約40cmです。

P1170407

 

 

2号薪棚は33cmほどです。

P1170406

 

 

どうしましょう?今なら手直し可能ですが、取り敢えずは塗装を先にやりながら考えましょう。

P1170418

 

 

塗装完了です。なにしろ薪にはカミキリムシが寄ってきますから、薪棚本体まで喰われたら大変です。これでカミキリムシだけでなく、白アリも近づかないでしょう。

P1170419

 

 

それにしても下段の位置が低いデスネ~。よくよく思い出してみると、柱セットを作るときチャント2号薪棚の寸法を測り、それに大体合わせた筈です。

どうやら柱下部に墨出ししたとき、墨の上に桁を付けるべきところ、墨の下に取付けてしまったようです。こ~んなポカミスが時々出ちゃうんですよ。(^-^;

P1170420

 

 

不幸中の幸いみたいに実は桁材が3本余っています。これも勘違いで、6本でいいところ9本作っていた分けです。(^-^;

下段の桁はダブルにしましょう。ノコで切り欠きます。

P1170421

 

 

こんな感じになりました。

P1170422

 

 

3ヵ所とも嵩上げして手直し完了です。これで地面から30cm以上の高さになります。

やはり、低過ぎると地面からの湿気が多くなるので、ここまで上げれば問題ないでしょう。

P1170423

 

ここで5時少し前になり、ちょうどよく近所の同級生も薪棚の進行状況が気になり遊びに来ました。一服しながらお茶にしましょう。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

木工24:長火鉢の修理③(2019/03/13)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて13日ですが天気は快晴です。でも、夕べ天気予報にはなかった俄雨がたっぷり降りました。最近、気象庁の予報には外れが多いですね~。(^-^; 季節の変わり目は予報が難しいのかなぁ。

今日一番の作業は、3号薪棚がある程度まで進んだので、この段階で防虫防腐塗装をやる積りでした。でも、びしょ濡れの状態では塗装できないので、別の作業をすることにしました。

 

 

タイトルの通り、長火鉢の修理の続きです。長火鉢の立上り部四方枠の上端ですが、部材が1本だけ残っていました。

先ずは、それを瞬間接着剤で貼り付けました。

P1170408

 

 

四方枠の残り3本は欅材を加工して作りました。

残念ながら製作途中の写真を撮り忘れましたが、無茶苦茶苦労しましたよ。約30mmの厚板を、2mm厚さで切り取り、次は約15mm幅で切断しました。

P1170409

 

 

写真が無いので図解すると、こんな感じで厚さ30mmの欅材から薄板を採った分けです。それを更に約半分の幅に割きました。

2019y03m15d_194422362

 

 

薄板にカンナを掛け蒲鉾の頂上のような形にした後、サンディングしました。

P1170409

 

 

四方枠の上端に仮置きしてみました。まあまあの出来デスネ~。

P1170410

 

 

前回の修理記事で作成した部材のうち、長尺材のため繋ぐ必要がある部材をクランプで固定し、瞬間接着剤で接合します。

P1170411

 

 

接着部をアップで撮影すると、こんな感じですよ。作業台には接着しないよう、接着部の下にはビニール袋の端切れを敷いています。

この後。接着部をサンディングし、2本の段差を出来るだけ少なくしました。

P1170412

 

 

欠けていた部材の加工が全て終わったので、いよいよ塗装です。ネットで色々調べたところ、この塗料が良さそうだと分かりました。

P1170413

 

 

それはカシュー塗料です!

P1170414

 

 

カシュー塗料をWikipediaで調べると、こんな解説がありました。

食用のカシュー・ナット(カシュー・ナッツとも)の実の殻(カシュー・ナット・シェル)から抽出されるカシュー・ナット・シェル・オイルを主成分として、フェノール・メラニン・尿素・アルキドなどをアルデヒドと共縮合することで製造される。乾燥(硬化)に湿度を要する漆では、漆風呂のような加湿設備を必要とするが、カシューの乾燥は空気中の酸素を取り込む酸化重合であるため、一般の塗料と同じ自然乾燥または加熱乾燥で行われる。

また漆と違い漆かぶれが無く(但し稀にかぶれる場合もある)、刷毛塗りの他、吹き付け塗装も可能である。

カシュー・ナッツの実はこんな形だそうです。なおカシューの木はウルシ科だそうです。

Gui1_cashewfruit2

 

 

今回はホンノ少々しか使わないので、別の容器に少し入れました。見た目やどろっとした感じは漆と同じような感じです。

シンナーで20%ほど薄めました。

P1170415

 

 

塗ってみました。おぉっ、いい感じですよ!木目が見えながらも艶があり、色合いも長火鉢本体に近いです。でもチョイト明るい色かなぁ?

2回ぬりすれば、もう少し濃い色になるかも知れませんね。

P1170416

 

24時間で触れても大丈夫程度に乾燥しますが、完全乾燥には3日以上かけた方が良いようです。

長火鉢への接着は来週に持ち越しましょう。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪棚27:3号薪棚⑥:貫?薪置き丸太取付け(2019/03/12)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

垂木を取り付けたので、だいぶシッカリしてきましたが、まだグラツキがあります。薪を置くための丸太を固定すれば、更にシッカリする筈です。

 

 

建築で言えば貫と言うか、梁と言うか、薪置きの丸太を取り付けましょう。

丸太なので元と先では太さが違います。南側と中間の桁は三日月形の欠き込みを入れることにしました。

P1170395

 

 

この状態でジグソーを使うのは危なそうなので、手挽きの細ノコ(挽廻しノコ)で三日月形に切り取ります。

P1170396

 

 

うまいこと納まりました。

P1170398

 

 

中間は丸太が細くなってるので、やや浅めに切り取りました。

P1170399

 

 

薪置きの丸太は4本入るので、同様に加工しました。

P1170400

 

 

丸太4本取付け完了です。もう殆どグラツキはありません。

P1170401

P1170402

 

 

試しに薪を置いてみました。丸太の間隔もちょうど良さそうです。

P1170403

 

 

これで、薪棚の上段が完成です。でも写真の通り、5時を過ぎ薄暗くなってきました。本日の作業はここまでとしましょう。

花粉症のため、鼻水と目の痒みが…、早くお風呂に入りサッパリしましょう。

P1170404



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪棚26:3号薪棚⑤:本筋交いと垂木入れ(2019/03/12)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

仮の火打ちと筋交いが入り、薪棚の直角と垂直が定まりました。次はそれを確定(固定)させるために幾つかの部材を入れていきます。

 

 

先ずは本筋交いですが、側面に取付けると薪を積むときに邪魔になるので、3尺間の中間に取付けます。

建築で言えば大引きに該当する?部材に斜めに欠き込みを入れました。

P1170387

 

 

こんな感じで納まります。

P1170388

 

 

中央部は南北から筋交いが交差するので、山形に欠き込みを入れました。

P1170390

 

 

南側の筋交いを固定しました。

P1170391

 

 

同様に北側も固定し、筋交いの完成です。

P1170392

P1170393

 

 

グラツキがだいぶ少なくなったので、残っていた中間の垂木3本を固定しました。これで更にシッカリしてきました。

P1170394



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪棚25:3号薪棚④:建て方(2019/03/12)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週も火曜日、12日から実家に行きました。今回は女房が一緒なので、家事をしなくて済むのは助かりますねぇ。(^O^)

 

 

先週、基礎工事でブロックの周りにコンクリートを打ちましたが、すっかり固まっています。今日からいよいよ建て方(上棟)開始です。

ところが、写真には写ってませんが、後方の竹藪の隣には隣地の杉の大木が立ち並んでいます。杉花粉の最盛期で、マスクをしながらの作業ですが、水っ洟がマスクを濡らしてしまいます。更に、今年は目の痒みが酷い!痒いからと言って擦ると更に酷くなるので、目をパチパチしながら痒みを我慢します。花粉症用の目薬も効果無しです。(>_<)

P1170372

 

 

写真の奥の方に先週作った柱セットが写ってますが、全部で3セットあるので、寸法通りに仮り組みするため、長さ3800mm程度の胴縁の古材を準備しました。

P1170373

 

 

この古材の胴縁には1820mmピッチで墨が打ってあり、これで柱セットを仮固定する算段です。(写真では墨が判りにくいので、楕円で囲っておきました)

P1170374

 

 

途中は作業のため撮影出来ませんが、女房に手前側の柱セットを支えていてもらい、素人大工が奥を支えながら胴縁で固定した分けです。

両端を仮固定した後、中間を組みました。胴縁に前もって1820mmピッチの墨を打っておいたので、柱セットが6尺間で立ちました。

P1170376

P1170377

 

 

次は直角を出すため、垂木を仮固定しました。そして母屋と垂木の直角を出します。

丸太の柱なので、微妙に曲がりがあります。なかなか直角が出ません。一般の建物で言えば火打ちに相当する仮固定材を引いたり、押したりして、ほぼ直角になりました。

P1170378

 

 

先ほどは北西の隅の直角が出たので、今度は南西の隅の直角ですが、微妙に狂っており、どうやっても直りません。

まあ、この程度なら我慢しましょう。実はこの直角が出てないと、屋根の波板を貼るとき少しづつズレが出てくるんですよ。

P1170381

 

 

次は柱の垂直ですが、丸太なので、こんな感じに曲がっています。途中は無視して、上部と下部が垂直ならOKな分けです。

P1170382

 

 

仮の筋交いを入れ、垂直が確定です。これで仮の火打ちもはいっているので、建て方が完了です。

後は、垂木や梁と言うか、貫と言うか薪置き用の丸太などを固定して行けば、次第に堅固になって来る筈です。

P1170384



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

最近の庭の様子(2019/03/07)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

7日は帰りがけに庭の様子を撮影しました。特に今回はガラの片付けのとき、花桃やイチジク、椿などを植え替え、また築山を拡大しました。

その辺りがどうなっているかを中心にお伝えしましょう。

 

 

先ずは築山です。植え替えた翌週はカラカラになっていて萎れていた草花が元気になってきました。

大量に水やりし、その後雨もよく降ったのが幸いしたようです。

P1170350

 

 

頂上のクリスマスローズが咲き始めました。やはり実家は寒いんですね~。上尾ではとうに満開です。

P1170351

 

 

オモトも元気になりました。

P1170352

 

 

ツワブキはイマイチですが、若葉はピンッとしてきました。

P1170353

 

 

一番心配だった斑入りツワブキも立ち上がってきたので大丈夫でしょう。

P1170354

 

 

花桃は今のところ蕾なので何とも言えませんが、これは細根がいっぱい残っていたので、多分大丈夫でしょう。

P1170355

 

 

椿は切った枝でも暫くは青々してるので、何とも言えませんね~。

P1170356

 

 

イチジクはこれから新芽が吹くので、どうでしょう?細根はいっぱい付いていたので、大丈夫と思いますけど。

P1170357

 

 

タラの木林になってる傾斜地には蕗の薹がびっしり出ていました。先週は殆ど見かけなかったのに、たった1週間で様変わりです。

P1170358

P1170359

 

 

そして毎年真っ先に咲くクロッカスですが、今日は天気が悪いので花が開いていません。晴れていると大きく開きます。

今のところ黄色ばかりですが、間もなく白や紫も咲き始めるはずです。

P1170361

 

 

ラッパスイセンはいっぱい芽をだしていますが、蕾はチラホラです。もう少し経つと一面に花開きます。

P1170363

 

 

最後に紅梅です。剪定時期が遅すぎたので、今年の花数は残念ながら少ないです。

今後は早めの剪定を心掛けることにしましょう。

P1170364



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪棚24:3号薪棚③:支柱作り(2019/03/07)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌7日は夕べから降り始めた小雨が相変わらず続いています。元々、今日はコンクリートが固まっていないので、作業場で支柱を作る予定でした。

でも、雨でコンクリートが大丈夫でしょうか?心配なので触れてみると、既にだいぶ硬化しています。これなら放っておいても大丈夫でしょう。

 

 

壊れてしまった丸ノコで丸太を1800mmと1950mmで3本づつ切断し、支柱の組み合わせを作ります。

P1170340

 

 

左右で丸太の太さが違うので、こちらは少し削りました。

P1170341

 

 

丸太2本に、昨日買ってきた間柱材をコーススレッドで取付けました。これが支柱の下部になります。

P1170343

 

 

そして下部から1m上がった中間にも間柱材を取り付けます。建築で言うなら貫に相当する部分ですね~。(^O^)

P1170344

 

 

最後に最上段にも間柱材を取り付けました。建築で言うと母屋に相当する部材です。

P1170345

 

 

反対側から撮影すると母屋が貫より長いのがよく分かりますね。ここに垂木を取り付け、屋根を貼ることになります。

P1170346

 

 

一丁上がりです。立てるとどんな形か分かり易いですよね。これは左サイドになります。

P1170347

 

 

同様に作り、右サイドも完成です。左右勝手違いになるので、外側から見ると母屋の傾斜が異なります。

P1170348

 

 

最後に中間の支柱セットも完成し、後は現場に設置ですが、雨がシトシト降ってるし。既に1時を過ぎ、これからランチです。

どうしようかと迷いましたが、ちょいと風邪気味だし上棟式(笑)は来週にすることにしました。

P1170349

 

 

ところで話は全く変わりますが、暫く前ブログに 「村上春樹よ、1Q84のBook4を書け!」 と掲載したのを覚えているでしょうか?

7日に上尾に帰り新聞を見ると、 ”平静を映し、時代と歩む” と題し、識者が選んだ平成の30冊と言う記事が朝日新聞にあり、その第一位に『1Q84』が選ばれていました。

ちなみに第二位はカズオ・イシグロの『私を離さないで』でした。なお、10位の『ねじまき鳥クロニクル』も村上春樹作です。

P1170370

 

インタビュー記事で朝日の記者が 「1Q84はBook3で完結なんですか?」 と質問しています。やっぱり誰しも同じことを思うんですよね~。

村上は「結論は出さない。…中略…話は出来てるんだけど。ジャズで和音の基音を省いちゃうのと同じで、空白を残したい。」と答えていました。

彼の小説では短編で先に書いたものが長編の一部になったりしてるので、ストーリーはある程度出来上がってるようなので、もしかすると別の作品で天吾と青豆が生まれ変わって出てくるかもですね。(^O^)



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪棚23:3号薪棚②:基礎工事(2019/03/06)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて6日ですが、夕べ風呂上りに湿布を腰に貼ったお陰かどうか、まだ痛みはありますが大分良くなりました。

何とか作業は出来そうです。(^O^)

 

 

在庫してあった120mm厚のブロックにダイヤモンドカッターで切れ目を入れます。

P1170329

 

 

両面に切れ目を入れ、足で蹴飛ばせば二つに割れます。これを基礎石にしようと思います。

実は昨日、実家に来る途中でHC2ヵ所回ったと書きましたが、束石を見て回った分けです。ところが1個980円もします。6個必要なので約6,000円は幾ら何でも薪棚には高過ぎますよね~。

P1170330

 

 

在庫のインスタントモルタルが1袋あったので、これを使いましょう。持ち上げるときは細心の注意を払い、ジックリ腰を落としてからです。(笑)

P1170331

 

 

実はブロックの高さ調整に随分時間を取られちゃったのですが、写真の撮り忘れです。

この時点では全てのブロックの上端が水糸から370mmに調整済みです。本来なら捨てコンを打ち、それで高さを調整し、固まったらブロックを置き更にコンクリで固める手順です。

でも、それでは時間が掛かり過ぎなので、捨てコン無しです。まぁ薪棚だから大丈夫でしょう。2号薪棚はコンクリ無しのピンコロだけでも持ってますからね。

P1170332

 

 

やっぱり10㎏のモルタルでは全然量が足らないので、昼食の後、カインズ佐野店さんまで行き、25㎏のインスタントコンクリートを買ってきました。

近くにコメリさんがありますが、この大袋は売ってないんですよね。

P1170334

 

 

それに、薪棚に使うこの間柱材もコメリさんには無くて、カットもやらないのでWISHに積めません。そんな訳で、少し遠いけどカインズさんまで行ってきました。

P1170336

 

 

ブロックの穴の部分にコンクリを詰めます。

P1170337

 

 

ブロックの周りにもコンクリを打ち増ししました。でも、動かなければいい程度のコンクリです。(^-^;

P1170338

 

 


ブロックの基礎完成です。まだ5時前ですが、キリが良いので本日の作業はここまでとしましょう。
s-P1170360.jpg


で、今夜のディナーは、ハツとキャベツ(ざく切り済みの袋入り)にタップリ塩胡椒した炒め物ですよ~。(^O^)

独りで来たときは時々作る素人大工の料理です。料理と呼べないほどの簡単なものですけどね。これが酒の肴に最高なんですw。

P1170339

 

で、写真なしですがメインディッシュは冷凍の ”サイコロステーキ入り焼き飯” です。電子レンジでチーンすれば出来上がり、これも一人の時の定番ですよ。(笑)



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

工具72:丸ノコ落札(2019/03/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今日は腰を痛めたり、丸ノコを壊したり散々な厄日でした。でも、古民家改修が9割り方進んだとはいえ、丸ノコは必需品です。

 

 

ベースのここが壊れても切断作業は可能です。でも、精度が要求されるときはダメでしょうね。それと、有っても無くても安全性には無関係と思えますが、使っていて何となく不安になります。

P1170333

 

 

晩飯の後、ヤフオクを覗いてみると写真で見る限り新品に近そうな出物がありました。

終了3分前まで我慢してから4,100円で入札、競合相手を3人蹴散らし5,500で落札しました。

2019y03m08d_062854585

 

 

新品の定価は17,200円ですが、既に生産終了品です。

2019y03m08d_063151304

 

 

工具の安売り店、ウエダ金物店さんではまだ扱っていて10,700円です。まあ新品に近そうな状態なので、5,500円なら安い買い物でしょう。

ウエダ金物

 

 

で、7日に上尾に帰ると既に届いてましたよ!素早い対応ですね~。

P1170366

 

 

プチプチで包まれています。

P1170367

 

 

写真で見た通り、ほぼ新品に近い状態です。チップソーもまだまだ切れそうな感じです。

P1170368

 

 

この手の切断工具で一番心配なのがコードです。でも、コードにも全く傷なしでした。

古民家改修を始めたばかりの頃に買った電気カンナはコードが途中で繋いでありましたからね~。

P1170369



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪棚22:3号薪棚の着工(2019/03/05)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。ネタ不足でブログを少し休んじゃいましたが、今日から再開です。

 

今週の火曜日は、女房が一人で2樽目の味噌を作るため、実家には素人大工だけで行きました。

実家に向かう途中にHC2ヵ所、スーパー1ヶ所に立ち寄ったので、着いたのは2時になっちゃいました。

 

 

実家に着いてみると、大物薪狩りで作った薪が崩れていました。杭で支えてましたが、大量に積んだため耐えきれなかったようです。(^-^;

3号薪棚を急がなければいけませんね~。

P1170322

 

 

ガラを片付けた、ここに3番目の薪棚を造ります。

P1170321

 

 

長さ1820mmの針葉樹合板を2枚並べ、2号薪棚から1m離れた場所に敷きました。

直角を出すには、この方法が一番簡単ですね。

P1170323

 

 

合板の縦横に合わせ杭を打ち、ペットボトル水準器で水平を出し水糸が張れるようました。

ところが、やや屈んだ格好で掛け矢を振ると、突然尾てい骨の少し上辺りがピシ~!

小振りの掛け矢なので、全く重くはありません。それでも痛めるときは痛めちゃうんですね~。

P1170324

 

 

屈むときはソ~ット屈み、水糸を張りました。でも、ちょっとした弾みでズキ~ンと来ます。(>_<)

ちょうど奥の方に杉の木が10本ばかりあり、花粉の最盛期でクシャミをしてもズキ~ン、屁をこいてもズキ~ン(笑)

P1170325

 

 

水糸張りの調整が終わったので、合板を取り除き、今度はスコップで穴掘りです。

スコップは立ち上がったまま足を掛けて掘るので、腰は大丈夫です。でも土を掬うときは中腰になるのでヤバイ!

P1170327

 

 

捨てコン無しで作る予定なので、深さはこの程度です。取り敢えず、6ヵ所穴掘りして遣り方の完了です。

既に5時を回ったので、基礎造りは明日にしましょう。

P1170328

 

 

ところで、今回の遣り方で杭打ちで腰を痛めただけじゃなく、杭作りの時丸ノコを作業台から落としてしまい、アルミベースが割れてしまいました。

な~んか散々な杭でしたね。(>_<)

P1170333



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

木工22:長火鉢の修理②(2019/02/28)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今日28日は朝から雨降りで、前回の唐鍬の修理もブルーシート作業場でやりました。天気予報では朝のうち雨で、いったん止んだ後夕方から再び降るでしたが、一向に止む気配がありません。外仕事は無理なので、先々週から始めた長火鉢の修理の続きをやることにしました。

 

 

ところで、バラバラにヤフオクで落札した長火鉢用品ですが、五徳に鉄瓶を載せてみると、こんな感じです。五徳の直径が150mmで良いと思っていたのですが、やや小さかった。(^-^; 165mm位が最適だったようですが、これでも何とか大丈夫でした。

P1170260

 

 

修理するのはやや白く写っている部分です。欅の張り物が剥がれてしまい、しかもその部材が残ってません。自作で作るしかありませんね。

具合よく、数年前に伐り倒した欅から取った板材があるので、それを加工して作ります。

P1170298

 

 

これは残っていた部材ですが、こんな感じに楕円上に表面を加工しなければなりません。

P1170297

 

 

この縦方向は厚さ1.5mm程度の平板です。欅の厚板を丸ノコで薄く切り、板材を作りました。

P1170299

 

 

こちらは楕円状の板材なので、欅材を厚めに切り、カンナで仕上げていきます。

P1170300

 

 

だいたい楕円上に加工できました。

P1170301

 

 

玄関土間にあるテーブルに長火鉢を載せ、サイズの確認をしましょう。隣に薪ストーブがあるので、ここは暖かくて助かります。

何しろ女房が一日中ガンガン薪ストーブを焚いてますからね。(^O^)

P1170302

 

 

欅材の長さが足りないので、引き出しの境目で2本に分かれています。元々長めに加工したので、約2mm程長過ぎです。

P1170303

 

 

長さを合わせ、更に縦方向の薄板も乗せてみました。寸法はOKです。粗目と細目のサンドペーパーで磨き、塗装しましょう。

でも、問題は塗料ですね~。元材は赤味があり少し艶があるので、漆塗りでしょうか?近い色のニスを塗るしかなさそうですね~。

P1170304



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

工具71:唐鍬の修理(2019/02/28)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌日の28日ですが、昨日の夕方、鍬の柄をコメリさんで買ってきたので、唐鍬を修理しました。

 

 

唐鍬の柄を折っちゃいました。実家の庭は石コロが多いので、普通の薄い刃の鍬では歯が立たないことが多いんですよね。

P1170285

 

 

何故、折ったかと言うと実は先週の築山造りで、重機で石を運んでいたとき、石が転げて唐鍬に乗っちゃった訳でした。(^-^;

P1170244

 

 

これがコメリさんで買ってきた唐鍬用の柄と楔なんかです。本当は差し口が幅40mm、高さ45mmが欲しいのですが、幅が30mmしかありません。

その辺りは何とかしましょう。

P1170286

 

 

仮に差し口を当ててみると、やっぱり隙間がかなり出ますね~。

P1170287

P1170289

 

 

カンナで高さを削り、角も丸め差し込みました。

P1170290

 

 

昔の斧を修理したときは付けなかった金具を今回は付けることにしました。L字になっており、万が一のとき鍬が抜け飛ぶのを防止します。

P1170291

 

 

横幅の隙間は手作り木製楔を両側に打ち込みました。

P1170292

 

 

鍬の抜け飛びを防止する金具を柄にビス止めすれば完成です。

P1170293

 

 

ところが皿を揉んでないので、ピタッと納まりません。一旦ビスを抜き皿揉みです。

P1170294

 

 

今度はピタッと納まりました。

P1170296

 

ところで、斧のときもそうでしたが、柄だけを交換と製品全体を買うかどうか迷っちゃいますね。今回の唐鍬も製品としては3,980円です。ところが、柄と楔なんかを合計すると3,000円でした。その差、たったの980円!

でも、昔から実家にあったこの唐鍬は刃が分厚いので、やっぱりこれがいいでしょうね。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

堆肥&石敷き歩道の拡幅(2019/02/27)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

昨日のブログで、薪を愛車WISHに積んできた写真を掲載しましたが、実は薪以外の物も積んできました。

 

 

フレコンバッグをセキチューさんで買いました。軽いけど嵩張る物を入れるためなんですよね~。

P1170274

 

 

そう、入っているのは木の葉ですw。大物薪狩りのすぐ傍が落ち葉の宝庫です。

P1170275

 

 

遅ればせながら大物薪狩りの配置を図で示すとこんな感じになります。コナラ林から少し離れた杉林の中に台風で倒れた巨木のコナラがありました。

なお、実際のコナラ林はもっと広いですけどネ~。来年伐倒予定の栗の木の右手が全てコナラの林になっていて、枯葉がタップリなんです。

2019y02m28d_194950734

 

 

フレコンバックを逆さにして堆肥置き場に落ち葉を入れます。

P1170276

 

 

一山になりました!

P1170277

 

 

でも、足で踏み潰すとこんなもんです。

P1170278

 

 

ジョイフル本田千代田店さんの精米所で頂いてきた米糠を入れました。米糠で落ち葉が醗酵し堆肥になる訳です。

P1170279

 

 

米糠を全体に撒き散らし、水を掛けた後、更に踏んだらまたまた沈んでしまい、フレコンもう1袋あっても良さそうですねぇ~。(^-^;

P1170280

 

 

その次は、女房がやってる花壇と畑の境目の石敷きの歩道を拡幅しました。

ガラの処分のとき、できるだけ平べったい石だけは埋めないでおきました。

P1170281

 

 

これで歩きやすくなりました。今の時期はどうってことないのですが、夏が近づくにつれ、草花も野菜も大きくなり、歩くのが大変なんですが、これで今年は大丈夫でしょう。

P1170284



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ118:大物薪狩り:最終回(2019/02/27)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

明けて27日ですが、遂に大物薪狩り㉒回、最終回ですよ~。(笑) 今回の薪狩りは文字通り、本当に大物でした。

 

 

この株元ですが、色々試行錯誤しながら捌いてきましたが、今日で完了させます。

P1170153

 

 

チェーンソーと金矢を使い剥ぎ取ってきたので、この大きさまでになりました。

P1170270

 

 

上の写真の株元だけで、薪にするとこんな大量ですよ~。

P1170271

 

 

違う方方向から撮影です。

P1170272

 

 

この程度では軽トラを借りる訳にもいかないので、WISHに積み込んで実家に運びました。

P1170273

 

これで、遂に大物薪狩りの完了です。お金は幾らあっても邪魔にならない!と言いますが、薪もそうなんですよね~。少なくなると今年の冬が越せるかどうか心配になりますが、多い分には幾ら多くても邪魔じゃありませ~ん。(^O^)




"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

今年も味噌作り(2019/03/01)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

今週も火曜日から木曜日まで実家に行きましたが、今日金曜日は上尾の自宅で毎年恒例の味噌作りです。

そんな訳で、今回の記事はほぼリアルタイムです。

 

 

夕べから水に浸けておいた大豆を、今朝になり2時間程度煮ました。

P1170306

 

 

こちらは米麹と塩です。これをよく掻き混ぜておきます。

P1170307

 

 

こちらは玩具のようなミンサーとガラスのボール。

P1170309

 

 

茹でた大豆をミンサーで挽きます。これが結構面倒で、チャチなミンサーなので時間が掛かります。

P1170310

 

 

麹と塩を混ぜたボールに挽いた大豆を入れ、これまた良く掻き混ぜます。大豆を一気に入れず、少しづつ入れながら混ぜるのがコツです。

P1170311

 

 

混ぜ終わったら握々して味噌団子を作り、樽に叩き込みます。叩き込むのは出来るだけ空気を抜くためなんです。

空気層があると黴易くなるためなんです。

P1170312

 

 

樽に全て入れたら手の平で上から強く押し込み、隙間にある空気を更に抜きます。

そして表面に塩を敷き詰めます。これも表面が黴るのを防ぐためです。

P1170313

 

 

そしてカップ一杯の焼酎を掛けるのが、我が家独自の製法です。(^O^)これも黴防止です。

P1170316

 

 

最後にラップで落し蓋をして完了です。

P1170317

 

 

夏を越せば10月頃には美味しい味噌の出来上がりです。来週、月曜日にもう一樽作る予定で、我が家では毎年二樽作っています。

P1170318



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

薪ストーブ117:柿の原木入手(2019/02/26)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

いやはや去年は薪不足で大わらわでしたが、今年は薪の原木情報が幾つも入って来ます。大物薪狩りをしている山に栗の木があり、これも頂けることになりました。

それと、近所の同級生からの情報で、実家から500mくらいの田んぼに接した山にクヌギが10本くらいあり、その山の持ち主が自由に伐倒して良いと言ってるそうです。今年は腹一杯(笑)なので、来年の冬に薪狩りしようと思います。

 

 

ところが、その同級生が柿の木を倒したので薪にしないかとの話し。(^O^)柿の木は素直じゃないので、薪に加工するのが厄介ですが、伐倒済みなら頂きましょう。

柿は、薪としては栗の次くらいに良いと思っています。針葉樹の檜や杉より遥かに良材です。

P1170261

 

 

こんな風に枝分かれした部分はチェーンソーで縦切りです。

P1170262

 

 

はい、三枚におろしました。(笑)

P1170263

 

 

こんな形の素直な部分は簡単に斧で割れます。

P1170264

P1170265

 

 

長さ不足のコロ薪も大事な燃料なので、勿論保存します。

P1170269

 

 

2号薪棚に作ったコロ薪入れで保存します。

P1170268

 

 

2号薪棚の一枡が柿の薪で満杯になりました。

P1170267



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

木工22:長火鉢用品続々到着(2019/02/16-22)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

 

先日、この長火鉢用の清掃&修理の記事に、鉄瓶をヤフオクで落札したとお伝えしましたが、ポチ、ポチした長火鉢用品が続々と届いたのでお知らせします。(^O^)

P1170136

 

 

先ずは、2月14日にポチッとした鉄瓶です。

2019y02m14d_221854410

 

 

2月16日にプチプチでしっかりと包装した品物が届きました。な~んか既に鉄瓶の取手と注ぎ口が判っちゃいますね~。(^-^;

P1170207

 

 

オークションに掲載されていた写真と全く同じ!なかなか程度の良い南部鉄瓶です。

P1170208

 

 

但し、内部は真っ赤に錆びています。でも、これが重要なんですよね~。南部鉄瓶はタワシなんかで錆は取らず、数回煮立てるんですよね~。

次第に赤錆が白っぽくなってくれば使用可能になります。

P1170210

 

 

底面を測ってみると、135mmで、少し大きめにすると150mmの五徳が良そうです。

P1170213

 

 

早速、ヤフオクで五徳をゲットしました。形状からして、風袋だけは大きくなっちゃいますよね。(^-^;

P1170256

 

 

直径150mm(5寸)です。鉄瓶の底面より少し大きいので、ちょっと沈んだような納まりになるはずです。

(実は既に鉄瓶は実家に運んでしまい、上尾の自宅には無いんですよね~。載せてみれば一目瞭然なんですけどネ。)

P1170259

 

 

更にこれもポチッ!しちゃいました。(笑) ”御設(おんしつらえ) ひばし” な~んて書いてありますね。

P1170254

 

 

中身はこれです。真鍮製で竹の形をした火箸なんです。やっぱり長火鉢には火箸がないと様になりません!

使っているうちに鈍い輝きの火箸になるでしょうね。

P1170255

 

長火鉢を早く完成させないと冬が終わってしまいますが、薪狩りや薪棚作り、薪棚を作るためにガラの処分とか、色々やらなきゃいけないことがあり、困りましたぁ~。

まぁ何とか火鉢が似合う季節内に完成させたいと思っています。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

築山造り:後編(2019/02/21)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

前回のブログの通り新しい築山ができたので、今回は草花の植え付けです。

 

 

前回の写真の通り、こんな形の築山です。この後、頂上部には更にもう一杯、重機で土を運び追加しています。

P1170246

 

 

既に薄暗くなってきましたが、ようやく今日中に完成することが出来ました。

P1170247

 

 

これは翌朝の撮影です。本来なら昨日のうちに上尾に帰る予定でしたが、遅くなってしまったので、もう一泊して帰ることにしたわけです。

頂上部にはクリマスローズを植えました。花が下向きに咲くので、花を見易いように出来るだけ高い位置にした分けです。

その下にはツワブキで、更にその下はオモトです。センリョウは割と草丈があるので、下段の左の方に植え付けました。

P1170252

 

 

掘った土の方は一旦均してしまったのですが、玄関土間の三和土を打ち直す計画があるのを思い出し、もう一度集め直しました。(^-^;

いやはや山のまま少し残しておけば良かったのですが、後の祭りで、朝飯前の一仕事で搔き集めておきました。

P1170249

P1170250

 

 

ところで、ガラを片付けた後ですが、竹藪の傍なので竹の根が蔓延っており、一山になりましたよ。これで3号薪棚を作っても暫くは大丈夫でしょう。

このほか庭にも竹の根があったのは昨日のブログの通りです。

P1170251



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR