FC2ブログ

竹藪の伐採(2018/05/15)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌15日は広間の改修が完了したので、古民家再生とは違う作業をすることにしました。

実は広間の次は茶の間の改修の予定なんですが、次週の22~23日に学生時代から続いてる飲み仲間が実家に来る予定です。

そんな訳で、茶の間の改修を始めると居る所が無くなっちゃいます。(^-^;

 

そこで、やるのが竹藪です。

暫く前のブログですが、桜が咲く寸前に変な形の枝があるので切り取ったと書きました。そのとき同じブロガーの ”里山古民家” さんから頂いたコメントでテングス病だと指摘を頂き、竹にも発生するそうです。

そう言えば竹に花が咲くと枯れると昔から言われていましたが、あれは竹のテングス病だったわけです。

P1150220

 

 

竹を見上げると、いわゆる竹に花が咲いた状態の枝がアチコチにあります。でも写真では分かりにくいですね~。

P1150221

 

 

全ての竹を伐らなきゃいけないほどの状態ですが、さすがにそれはそれで不安なので症状の酷そうな竹だけ選んで伐採しました。

枝葉の部分を2ヵ所に纏めたところ、下の写真2枚の通り、大量です。

P1150223

P1150229

 

 

竹の幹の部分は使う予定があるので、ここに集めました。実家の真竹は孟宗竹のように直径10cmを超える太さのものもあります。

P1150227

 

今の時期、竹は水分を蓄えているので、重いのなんの、暑さも加え汗だくになり昼前なのにクタクタですw。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

テングス病

竹の伐採、お疲れさまでした。
今やテングス病にかかっていない竹やぶのほうが珍しいほど蔓延していますね。
我が家の竹やぶも酷い状態でしたが、古い竹(病気にかかりやすい)を伐採(間伐)して風通しを良くしたところ、今ではテングス病にかかっている竹をほとんど見なくなりました。
なので、皆伐まではする必要ないのかもしれません。

真竹は60年、120年周期で開花するらしく、昭和30年代に全国で開花したそうですよ。
そして開花後、一斉に枯死したわけですが、それがプラ製品の普及を後押したのだとか。
全国で薮化している現在、開花するようなことがあれば、斜面崩壊などが多発して大変なことになりそうです・・・。

Re:テングス病

里山古民家さん、コメントありがとうございます。

なるほど、古い竹を間伐すれば良化する可能性があるようですね。
実家の竹も、もう少し間伐しないといけないようです。

ところで、テングス病と竹の花は違うのでしょうか?実家の竹も
50年以上前に花が咲き、全滅寸前まで行きましたが、その後
回復して今のような状態です。
確かに花が咲いたときは、白い実も成ったような覚えがあります
けど~。
プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR