FC2ブログ

茶の間08:遂に茶の間、先ずは神様の遷宮(2018/05/29)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

翌、29日はいよいよ最後に残った茶の間の改修に着手です。この部屋は今風に言えばリビングダイニングルーム(笑)になっています。

ここで食事、お茶、TV、時にはブログ掲載が間に合わなくてスマホのデザリング機能を使いPCでブログを書いたりします。そんな訳で、暮らしながら改修するには最も厄介な部屋になります。

 

 

配置図ではこのようになります。南面はつい最近改修を終えた広間とつながり、東面は納戸、西面はお勝手や風呂など水回りに接しており、北面はトイレに進む廊下があり、壁面の上部には神棚があります。

20171123縁側改修後

 

 

南面です。広間の改修の時、欄間部のベニヤ板を同時に剥がしたので、煤けた土壁が露出しています。

P1150363

 

 

東面です。TVが置いてあり、電気のスイッチやコンセントもあります。襖の向こうが納戸になり、買っておいたフローリング材などが保管してあります。

薄いグレーの板が欄間部に貼ってありますが、これは化粧ベニヤ板で50年前の大改修時に貼ったものです。これを剥がすと、土壁の残骸がドッサリ落ちてくるのは、納戸の改修のとき承知済みです。

P1150361

 

 

西面です。お勝手と接しており、ここを塞ぐと何かと厄介になります。

P1150362

 

 

そして北面です。欄間部に神棚があり、幾つもお社があります。また、下部のガラス戸はトイレに行く廊下を仕切っているので、ここが塞がるとトイレに行けません。

工程をうまく組み立てながら、トイレにも行けるようにしながら改修を進めなければなりません。

P1150358

 

 

で、タイトルに遷宮(せんぐう)などとお伊勢様の式年遷宮みたいに謳ってしまいましたが、ウイキペディアで調べると、 『遷宮とは神社の本殿の造営または修理の際に、神体を従前とは異なる本殿に移すことである。』 とあります。あながち間違ってはいないようです。

この神様には暫くのあいだ、別の場所に遷って頂くことにします。

P1150360

 

 

最初は床の間に置いておくかと思ったのですが、女房が人より低い位置は拙いのではないの?と言います。

そこで、納戸の押し入れの上部が棚のようになっており、ここにもラジコンの大型飛行機が置いてありますが、何とか神様のお社を置けそうです。

P1150359

 

 

お社を一つづつ掃除機で埃を取り、ラジコン飛行機の前に鎮座してもらいました。経年劣化もあり痛んだ所があるので、元に戻すときは空拭きだけでなく、アチコチ修理も必要でしょう。

女房がお神酒をコップに入れてきたので、二礼・二拍手・一礼で遷宮のお礼と改修工事の安全祈願をしておきました。まぁ、こう言うのは気持ちの問題ですよね~。

P1150364

 

 

神棚も片付き、棚板も解体可能になりました。ところで、この神様の遷宮だけで2時間も掛かっちゃいましたよ。(^-^;

P1150365



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR