FC2ブログ

茶の間14:北面、仏壇上部の壁下地(2018/06/05-06)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

神棚のあった場所の下地が完成したので、次はその隣の仏壇の上部に取り掛かりましょう。

 

 

ここも天井を支えるため、古材の野縁で天井を吊っていましたが、柱形の見切り材に付け替えました。

真壁納まりにすると、ここも半分くらいは表しになるので、カンナの掛かっている材料にした分けです。

P1150413

 

 

お勝手側の天井に潜り込んでの作業なので、作業着が真っ黒けです。

丁度5時も過ぎたので、今日の作業はここまでとし、下地作りは明日にしましょう。

P1150414

 

 

明けて6日です。土壁と天井廻り縁との隙間が65~70mmなので、野縁材の30mm厚を2枚重ねにして入れることにしました。

P1150415

 

 

この隙間を埋め、土壁を厚塗りする準備となります。それにしても、この狭さに土壁&漆喰を塗るのは至難の業ですネ~。(^-^;

P1150416

 

 

入りました。取付けは天井廻り縁からコーススレッドですが、十字の頭が見えるのは嫌なので、ダボ穴を掘って取り付けています。

P1150417

 

 

これが、そのダボ穴です。

P1150418

 

 

10φの丸棒をトンカチで叩き入れます。

P1150419

 

 

切断は、このアサリ無しの小型ノコです。普通のノコで切断しようとすると、天井廻り縁にノコ跡が傷ついてしまいます。

先日、同じブロガーのくろがねまにあさんも同じノコを買ったみたいですよ。素人大工は物置を新築したときに買ったので、もう4年前になります。

P1150420

 

 

丸棒が緩いときは木工ボンドを塗って取り付けますが、この丸棒は10mmのキリで空けるとキツキツなので、最後はトンカチで2~3回叩けば平面になります。

P1150421

 

 

次は梁と仏壇上部の框との空間に下地を入れて完了です。ムクリ梁で僅かに湾曲しており、上の野縁には数カ所ノコで切れ目を入れ、コーススレッドで強引に固定しました。(^-^;

P1150422

それにしても、この仏壇の扉は趣味が悪いですよね~。いずれ、もう少し古風な扉に作り替えたいところです。

50年前の大改修時にこの扉に変わったのですが、それより前は格子模様の黒くて重厚な引き戸だったのですが…。



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR