FC2ブログ

ドラム缶焼却炉(2018/08/02)

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

フローリング工事の準備が整った後は、ドラム缶焼却炉を作り直すことにしました。実は昨日、屑鉄屋さんが来たのでボロボロのドラム缶を引き取ってもらいました。この屑鉄屋さんは3~4か月毎くらいに回って来るので、古民家再生で出た金属類の処分に重宝しています。

そして、ドラム缶焼却炉も古民家再生には必需品なんです。薪にもならない釘だらけの古材とか、庭木の剪定で出た枝葉とかの処分に助かります。

 

 

とにかく余りの暑さでボ~としています。そんな訳で写真の撮り忘ればかりです。この写真は1か月程前のものですが、何とか右端に古いドラム缶が映っています。(^-^;

これを屑鉄屋さんに昨日引き取ってもらいました。そのほか、薪ストーブの壊れてしまったロストルとか、竹垣に使っていた番線とか、諸々を処分できました。

P1150707

 

 

で、こちらは新品のドラム缶焼却炉です。いやはや、蓋を開けたりする加工写真の撮影をスッカリ忘れてしまいました。そんな訳で、加工方法は文章で説明するしかありません。m(__)m

P1150817

 

 

先ずは、このようなベビーサンダー(ディスクグラインダー)でドラム缶の縁に切れ込みを入れます。アッ!このとき防塵眼鏡は必需品ですヨ。

y-lohaco_9552749

 

 

次は、こんな形の ”平タガネ” を切り口に当て、ハンマーで叩きながら、そうそう!缶切りのようにドラム缶の蓋を切り取っていきます。

平タガネで切り取るのが大変なときは、前もってベビーサンダーで少し削っておくと楽になります。まぁ、全てベビーサンダーで切り取ってもいいのですが、バッククラッシュとか、ディスク割れとか危険が一杯なので、平タガネでチマチマ切った方が安全です。(なお、空気孔&灰取り出し口も同様です。)

51061WbMFTL._SY355_

 

 

写真を撮り忘れたため残念ですが、このドラム缶はGSで頂いてきたもので、元々はブルー塗装で美しかったのですが、今は見る影もありません。(^-^;

それにしても、最初はその塗料が燃えるので、チョイト嫌な臭いが漂います。住宅密集地では絶対不可でしょうね~。

P1150816



"訪問の記念に下のバナー 『古民家再生』または『セルフビルド』のどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッ!でランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素人大工

Author:素人大工
これが実家です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR