納戸の改修53:再度パテ塗り&オマケ(2014/10/19)

0 0

皆さん、こんにちは。埼玉県の素人大工です。つたないブログに来て頂きありがとうございます。

 

19日はお昼少し前に実家に着き、早めの昼食の後、昨日のブログの通り薪ストーブの煙突掃除をやりました。

 

【パテ塗り】

そんな訳で、もう余り時間がないので明日のためにパテ埋めだけをやりました。ここは一番最初に大きくパテ埋めした壁です。前回のパテが固まったので、その上から細かな部分のパテ埋めをしました。

P1040779

 

ここは柱が3本とも既存の古い柱なので狂いが大きく、パテの面積もこんなに大きくなってしまいました。

P1040780

 

そして、こちらは座敷との境目の壁、石膏ボードが1枚では足りず、合わせ貼りしてあります。

P1040782

 

合せ目のアップ写真です。石膏ボードの端部は面落ししてあるので、2枚合わせるとV溝ができます。ネットテープを貼り、パテを埋め込みます。

P1040781

これで、明日また漆喰下地のスーパータッチが塗れます。

 

【オマケ】

薪作りです。この角材は納戸の雨戸に使われていた敷居と鴨居ですが、170年の乾燥材!よく燃えるはずです。(笑)

腰から下の脚を覆っているブルーのカバーはハスクバーナ製のチェーンソーチャップスです。

P1040783

 

アマゾンで激安価格であったので購入しました。\6,000でした。(^o^) 内部に特殊繊維が入っていて、万が一ソーが脚に当ったときチェーンに絡みついてエンジンがストップします。チョイト重たいですが、一度脚を切ってますから安全確保のため手に入れました。

413jUgfRDML._SX425_[1]

 

これで2~3日分の薪ができましたヨ!\(^o^)/

P1040784



"訪問の記念に下のバナーのどれか一つ、気に入ったものをクリックして下さい。あなたのポチッでランキングが上がります。"
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
ページトップ